« ライオンズが6年ぶりに1位確定しましたな | トップページ | 歯科技工士法<歯科医師の裁量権 »

2008年9月29日 (月)

噛めば咬むほど・・・・・

あまり 話題に上っていませんが、↓こんな裁判がありました。

中国製の安価な入れ歯や差し歯の輸入で、仕事が脅かされているとして、全国の歯科技工士81人が中国製の「義歯」禁止を求める訴訟を東京地裁に起こした

歯科技工士法は義歯製作者を国内の歯科医師と歯科技工士に限定しているが、岩井伸晃裁判長は、 「法は公衆衛生の保持を目的としており、個々の歯科技工士の利益を保護したものではない」と述べ、 原告の請求を退けた。

歯科医療の現場では近年、主に中国で製作された義歯が使われるケースが増えているといい、 訴訟では「海外製の義歯は無資格者が作った可能性が高く、安全性も疑問」と主張した。 しかし、判決は、義歯の輸入実態や安全性には踏み込まず、義歯製作の規制のあり方についても、「国の裁量に委ねられる」と判断した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080926-OYT1T00825.htm
(2008年9月26日23時44分  読売新聞)

技工士サイドの敗訴でした。
感想は、
う~ん。戦う前から って感じもしない訳ではありませんな。

・無資格者が作った可能性
・安全性も疑問

この2点きっちりと証拠集め出来なかったんだろうか。

被害があれば そのあった事例とCSIみたいな科学的分析等の根拠を示せばもっと違った結果だったかもしれないと思うのですが。

テクニシャンの権利を守る為なら お役所行くべきですしね。

↓はWebで見つけた 話です。

中国製の食品や玩具から毒性が検出されて内外で問題となる中、米国歯科技工所協会(NADL)から、中国で製作された義歯修復物から(210ppmの鉛が検出されたという。義歯から検出された210ppmの鉛は、玩具の回収目安90ppmを大きく上回り、)「危険なレベルの鉛が発見された」と報告された。さらに、ボストン大学歯学部が追加調査した結果、鉛に加えて「放射性アイソトープ・トレース」が含まれていることも明らかになった。米国歯科医師会(ADA)は「非常に深刻な事態」としている。

https://news.cabrain.net/regist.do;jsessionid=F0C70FAEC7153366F9A22F586DCFE2AC
(3月14日13時3分配信 医療介護情報CBニュース)

こういうところ アメリカ人は凄いです。

歯科医院が発注すると言う事はコストの問題でしょうが、最近中国製食品で死者が出ている中 患者さんは納得するもんでしょうか。それとも 三笠フーズみたいに 説明しないのかな。歯科とは言え医療って仁術でしょう 輸入するなら 欧米 特にマイスター制度の有るドイツなどから 輸入すれば如何でしょう??

噛めば咬むほど鉛出るじゃ困りますよね。

|

« ライオンズが6年ぶりに1位確定しましたな | トップページ | 歯科技工士法<歯科医師の裁量権 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噛めば咬むほど・・・・・:

« ライオンズが6年ぶりに1位確定しましたな | トップページ | 歯科技工士法<歯科医師の裁量権 »