« 歯科界も気の重いXmas | トップページ | 平成20年総括 »

2008年12月26日 (金)

勝つのは男か女か有馬記念

先週の朝日FCは大接戦でしたね、牝馬マイルはブエナビスタが一歩リードって感じでしたが、牡馬のマイル戦線は混戦模様です。さて今週は第53回有馬記念(G1)中山10R 芝右 2500m が行われます。1955年まで、暮れの中山競馬では看板競走なく、そこで当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧氏が中山競馬場で大レースをと計画し、しかもそのアイデアとしてファンがより親近感を持てるようにと、ファン投票により出走馬を選出するオールスターレース方式を導入。提唱者の有馬氏が急逝したため、その数々の功績を称えて、第2回以降は「有馬記念(グランプリ)」と名称が変更となりました。

ご存知のように秋戦線はジャパンカップが行われるようになってから 厳しいローテになりました。天皇賞・秋(中3週)JC(中3週)有馬記念という間隔になっています。

天皇賞
2ダイワスカーレット 
8アサクサキングス

ジャパンカップ
1スクリーンヒーロー
4マツリダゴッホ
6メイショウサムソン
8アサクサキングス

上位人気馬ではアサクサキングスだけが厳しいローテで臨み、他はどちらかを回避しています。秋天,JCの主役だったウオッカやディープスカイは今週回避しているのが残念です。
今回はマツリとダスカの一騎打ちのムードですね。スクリーンヒーローは有馬で穴推薦しようと思っていましたが、JCで勝ちましたので新鮮味はありませんが中山は今グラスワンダーの勢いもありますし引き続き注目です、ただ 秋6戦目なので疲れがどうかですが。牝馬でダスカに負けず劣らずなカワカミプリンセス、秋の成績も悪くないので要注意ですね。春調子の良かったエイシンデピュティ 初コースに休み明けで苦しいか・・・。冬毛のメイショウサムソンも武豊Jこの秋ツキもないみたいだし 苦しいかな。アサクサキングスも現状では空気ですな。ただペリエ騎手が先行宣言した(昨年の菊花賞頭差2着馬の)アルナスラインが穴人気しそうです。前走アルゼンチン共和国杯(58㌔)3着でしたが、勝ったスクリーンヒーロー(53㌔)と5㌔差での1馬身3/4差、2着のジャガーメイル(56㌔)が香港G13着と健闘しています。【(㌔)斤量はアルゼンチン共和国杯での斤量】外人騎手がデムーロ→ルメールと勝って次はペリエの順番か??フローテーションは3歳にはローテーションがキツイかなぁ でも抑えたい。う~んなかなか絞りきれないですね。土曜のラジオNIKKEI杯リーチザクラウンで増やしてから・・・・・。

展開的にはペリエJも指摘しているように先行有利の内枠有利でポジショニングが重要です。先週に引き続き贔屓の馬が内枠に入る事を祈りましょう。

ジンクスはアンカツJはまだ有馬はおろか中山芝の重賞勝ってません。

おまけの話
有馬記念は一年間の世相を表すと言われています。厚生年金改ざん、悪法後期高齢者医療制度、中国発の食物の不安、それに伴なう食品偽装問題、米国発の世界不況、またしても政権投げ出した自民与党、麻生総理のトリプルKY、大麻問題。暗い話はまだまだ出てきそうだけど・・・・。明るい話は五輪で頑張った上野選手が印象的でした。(牝馬か??)

今年の漢字は「変」 変なレースになるのかなぁ。

ご健闘を祈ります

|

« 歯科界も気の重いXmas | トップページ | 平成20年総括 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝つのは男か女か有馬記念:

« 歯科界も気の重いXmas | トップページ | 平成20年総括 »