« 第60回朝日杯フューチュリティステークス | トップページ | 歯科界も気の重いXmas »

2008年12月22日 (月)

WBC日本代表チーム1次候補決定

15日に原日本代表監督が発表しました。
http://www.npb.or.jp/wbc/2009roster_1.html

WBCは他の大会と違って玉数制限が細かくあって継投がより難しくなっています。そこで原監督は先発投手2人で抑え投手へつなぐダブルスタータープランを打ち出したようです。先発投手が多い分リリーフ投手が手薄に成っている印象はあります。もう一つの特徴は日本シリーズに活躍した選手が多い感じですね。しかし亀井はないやろ って気はします??
まぁ全体的に五輪よりは遥かにベストな選考と思いますが 西岡は入れるべきだと思いますね。噂では五輪の時に宮本主将に逆らったらしいのでその影響かなと勘ぐってしまいます。爽やかな原監督にはそぐわなかった と言う事ですか??

ただ 原監督から出てくれと嘆願して、その気にさせながら説明なしで落選さした松井稼頭央が激昂するのは仕方が無い所と思います。しかも相談役である王顧問にも第一次登録メンバーの通知が無かったとか、爽やかな原監督に似合わないゴタゴタありますね。

おまけの話
個人的には怪我から復帰したばかりの馬原は連れて行って欲しくないですな。ギャンブルスタートが決まった片岡の評価が高いようですが あれは賛否両論だと思いますがね、博打が当たっただけかと。亀井(代走要因??) 片岡外して 西岡、代走兼外野手なら打撃の良くなった福地でしょう。あと福留より稼頭央かな。でも控えに稼頭央は無いとの判断でしょうかね。それこそプライド傷つけるとの配慮かも。

|

« 第60回朝日杯フューチュリティステークス | トップページ | 歯科界も気の重いXmas »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC日本代表チーム1次候補決定:

« 第60回朝日杯フューチュリティステークス | トップページ | 歯科界も気の重いXmas »