« 待望の借金返済! | トップページ | ダービーは1強?? »

2009年5月27日 (水)

まだまだインフルエンザにご用心

新型インフルエンザの集団発生も 漸く一段落らしいですネ。巷ではB型インフルエンザが流行っている地域があるとの事なのでご用心を。
しかしながら今回のブタ型N1H1インフルエンザ・ウイルスは弱毒性にも拘らず 日本の対策が大袈裟と世界から批判されているのは ご存知でしょう。発祥地のメキシコや米国ではN1H1インフルエンザよりも従来型インフルエンザの方が被害が際立って多いらしいので仕方ないでしょうか 批判するのは。
それにしても 何故日本政府(厚生労働省)は「マスコミ感冒」などと比喩され 庶民が楽しみにしている各種イベントも中止や延期に追い込み、橋下大阪府知事も「都市機能のマヒが心配」とかなり批判しても 対策を緩めなかったのか?? 「人から人に感染すると猛毒性に変化すかもしれないから」と力説する学者先生もおられるようですが。
もしかしたら、来るべき 猛毒性のN5H1インフルエンザ・ウイルス いわゆる鳥インフルエンザ来襲にそなえて シミュレーションをしたのではないか と ネット界では真しやかに囁かれています。今のところ 都市伝説程度ですが。

おまけの話
Windows7の発売が年内間に合うかギリギリの状況らしいですネ。
因みに今回Microsoftはウイルスバスターを標準で付ける予定だったのが、取りやめになったとか。理由はウイルスバスターの会社が猛反対したと真しやかに囁かれているそうです。勿論 都市伝説程度ですが。そうなるとウイルスもバスター作っている会社が蒔いているのでは と言い出すかもしれないですナ。都市伝説程度に

|

« 待望の借金返済! | トップページ | ダービーは1強?? »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだインフルエンザにご用心:

« 待望の借金返済! | トップページ | ダービーは1強?? »