« 救世主出て来い! | トップページ | 涙涸れるまで »

2009年8月 7日 (金)

実は昔からそうだった

昨年実施した全国学力テストの公立小6年生の結果について追加調査した文部科学省の専門家会議は4日、保護者の年収が高い世帯ほど子供の学力が高いとする調査結果を報告した。年収1200万円以上では国語、算数とも正答率が平均より8~10ポイント高く、200万円未満は逆に10ポイント以上低かった。所得の高低により算数(B問題)で最大23ポイントの差が開いた。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090805/trd0908050619000-n1.htm

なんか、セツナイですネ。
これは 最近の偏差値教育だから ではないみたいです。
有名なところでは、与謝野鉄幹はあの西本願寺の跡取り息子だし(しかも、当時女性の憧れの文学青年)その鉄幹を略奪婚した与謝野晶子は老舗のお菓子問屋の大店の娘だったそうな。
また、「働けど 働けどなお我暮らし 楽にならざり」 の石川啄木も苦しい生活の原因は娼妓と遊んだ遊興費だったのもので、(それが為の貧困であったと、金田一京助の息子である金田一春彦氏は語っている)親友でありパトロンだった金田一京助が家財を売って用立てたそうな。後に春彦氏が、当時の様子をみて幼心に石川啄木は石川五右衛門の子孫ではないか?と疑ったことがある。と語っている事から 凄まじい遊びっぷりが想像できますナ。

まぁ 文化的に過すの為に先立つものが必要なのは 今も昔も変わらないと言う事ですネ。
しかし、セツナイ・・・。

おまけの話
しかし、SBM以外は使えまへんな。それにしても、試合がほぼ決まっているとは言え、ノーアウト満塁で小久保に代打カツキは無いやろ、秋山監督

|

« 救世主出て来い! | トップページ | 涙涸れるまで »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実は昔からそうだった:

« 救世主出て来い! | トップページ | 涙涸れるまで »