« 災害は忘れた頃にやってくる | トップページ | 民主党さん高速道路タダだけはご勘弁 »

2009年8月14日 (金)

不可能などという言葉はフランス語にはない らしい

まだ 元気に走り回ってるusaくんの気配が抜けない今日この頃です。ゲージを片付けていないからでしょうが・・・・。
昨日のお盆休み初日は ナポレオン展を見に行ってきました。

Napoleon09813
天気が悪かった影響か、高速も思っていた程の渋滞もなくスムーズでしたネ。ただ ナポレオンの有名な絵が(サン=ベルナール峠を越えるボナパルト)が来ていた割にはガラガラでした。ジュエリーが素晴らしく、他にもナポレオン時代の新古典主義の秀逸な100点の作品を1時間強で見て回りました。因みにこの美術館のレストランは特別展の時は内容とリンクしていて、今回ならばナポレオンの生誕の地に湧き出た発砲水のジュースとか 珍しいものがありました。
それにしても、ナポレオンは英雄だった事が良く分かる展示でした ベート-ベン以外のネ。

おまけの話
野球は7対8が一番面白いと言うけれど、13日のイーグルス戦は15点取っても楽勝ムードが無かった試合でした。初回に6点取ってもSBMの内2枚も投入しなければ勝てないとはネ。その前の日(12日)の試合は審判が酷かった。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20090813-00000020-sph-base
楽天・野村監督は初回2死満塁で、多村の遊ゴロが二塁に送球され、アウトと判定されたことを振り返り、無失点でピンチを脱出できたことを素直に喜んだ。「今日のヒーローは(二塁塁審の)佐藤審判員。あれは誰が見てもセーフ」と勝負を分けた判定に苦笑いだった。
佐藤審判員は猛省して欲しい。

尚、ソフトバンクは13日、楽天戦(12日、Kスタ宮城)の二塁塁審の判定を不服とし、日本プロ野球組織の加藤良三コミッショナーへ意見書を郵送とファクスで提出した。

|

« 災害は忘れた頃にやってくる | トップページ | 民主党さん高速道路タダだけはご勘弁 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不可能などという言葉はフランス語にはない らしい:

« 災害は忘れた頃にやってくる | トップページ | 民主党さん高速道路タダだけはご勘弁 »