« もしかしたらすでに新型インフルのキャリアかも | トップページ | シルバーウィークその2 »

2009年9月22日 (火)

シルバーウィーク

連休前半は仕事とだらだらとして体を休めておりました。
4日目の22日は県立美術館で開催中のロシア国立トレチャコフ美術館展に行ってきました。19世紀後半から20世紀初頭の「移動展派」と呼ばれた38人の画家の75点の展示されていました。写実の肖像画でならした画家の作品なのか、生きているような表情の作品から徐々に印象派的な作品にロシアの大自然と絡ませながら変化している様子が良く分かる展示でした。全て素晴らしかったですけど、イワン・クラムスコイの「忘れえぬ女」は素人の私でも感じたぐらい桁違いの迫力でしたネ。ロシアのモナリザと云われるのが良くわかりました。ロシアと言えばエルミタージュなので最初はまぁ 二流カナァなんて思っていましたが、迫力ある作品ばかりでした。2009922_2

県立美術館に隣接している縮景園に1周を45分ぐらいかけて散策してきました。浅野長晟の別邸で作庭者は家老で茶人の上田宗箇です。2009922_3

なんでもこの連休はシルバーウィークと銘打っているだけあって人生の先達つまり老人を敬い長寿をお祝いする週間らしいので3日目の21日は母の退院祝いをしました

2009921

京都のお店の会席料理のお取り寄せです。
でも母の奢りなんですけどね

おまけの話
抑えの呪縛から逃れた馬原投手素晴らしいピッチングでした。ストッパーの重圧とは凄まじいものだと改めて感じました。ファルケンが抹消されたので 新ストッパーの摂津の守の負担は増えたのが心配ですナ

|

« もしかしたらすでに新型インフルのキャリアかも | トップページ | シルバーウィークその2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルバーウィーク:

« もしかしたらすでに新型インフルのキャリアかも | トップページ | シルバーウィークその2 »