« 安芸にて秋の夜長に天皇賞秋を飽きもせず考える | トップページ | 危機管理 »

2009年11月 2日 (月)

NPBドラフト2009

今年のドラフトの目玉の菊池くんの競合が史上初の8球団か と噂されていましたが、結局6球団におさまりました。粒揃いと言う前評判通りで一本釣りの所も(菊池くんの競合に)外れた所も大満足だったようです。全体的には左投手が多く打者では右打者が目立った印象でした。現在NPBの好打者は各球団左が多いので 当然需要が多い訳で、そうなると自然に右打者も必要になるのでしょうか?
そんな中 ホークスは無難にいった印象ですナ。菊池選手か今村選手にいって欲しかったです。しかも 今年は社会人等の即戦力(特に投手)が無かったので、どうなんでしょう。FAでの獲得も無さそうなので、もしかしたらオフにトレードが有るのかもしれません。尚、将来性重視のドラフト戦略との球団の発言でしたが、育成での指名はありませんでした。

2009年ドラフト会議指名選手

1位/今宮 健太(内野手)明豊高校
2位/川原 弘之(投 手)福岡大大濠高校
3位/下沖 勇樹(投 手)光星学院高校
4位/中原 恵司(外野手)亜細亜大学
5位/豊福 晃司(内野手)鳥栖高校

来る人が有ると 当然去る人が要るわけで・・・。

篠原貴行投手(33)本間満内野手(37)的場直樹捕手(32)が既に発表されていましたが
31日、西山道隆投手(29)藤井翼内野手(19)の戦力外が発表されました。

まだ2年目の藤井選手は昨年の大西選手みたいに育成で再契約が有るかもしれませんが、厳しいですネ2年での見切りは。まぁ早く人生の再スタートを切らせてあげたいという親心かも知れませんが、スカウトの責任ってのは無いのでしょうか??大きな怪我が有った訳じゃないのにネ。もっとも同期の中村選手にかなり差を開けられた印象でしたが。

おまけの話
阪神のドラフト下位指名選手が順位の低いことに不満を爆発してるようですナ。
最初聞いた時は順位なんか入れば横一線だよ.。うちのムネリンもあのイチローだって下位指名だったし って思っていたら、どうも 様子が違うようです。なんでも内定をもらった企業間で “3位以上での指名ならプロ入り、4位以下なら社会人” と話をつけさせてそれを12球団に伝えて5位で指名したとの噂で こじれているそうです。
う~ん 阪神って何でもするんですナ。

|

« 安芸にて秋の夜長に天皇賞秋を飽きもせず考える | トップページ | 危機管理 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPBドラフト2009:

« 安芸にて秋の夜長に天皇賞秋を飽きもせず考える | トップページ | 危機管理 »