« オフもプロ野球 | トップページ | 上位馬拮抗の2歳の頂点への道は! »

2009年12月16日 (水)

陛下会見問題

習近平国家副主席との会見の話で最初聞いた時は「何故断らない」と興奮しましたが、少し日が経って冷静になって考えてみると、天皇陛下は日本では「象徴天皇」だけど外国の扱いは元首ですよね、こんな悠長なルール(陛下との会見を1カ月前までに申請するという宮内庁のルール)って国際社会では通用すんだろうか と疑問に思ってきました。
そもそも羽毛田信吾宮内庁長官が記者会見まで開いて“天皇の政治利用”を批判した事から始まったと思うのですが、内閣の一員の上級役人が内閣に逆らうのはどうよ とも思いますネ。「言うなら辞表を出せ」と言った小沢一郎の方が正しいと感じました。

健康問題を抱える陛下のデリケートな問題が有りますので、天皇外交の在り方をあまり議論されないのは仕方がない事ですかネ

おまけの話
胡錦濤国家主席(共産党総書記)とその最有力後継候補である習近平国家副主席は どうやら仲がが悪いそうです、有態に言うと胡錦濤さんは別の人に後継者にしたがっているらしいと聞きました。う~ん策士小沢一郎ならこれを利用する事を考えても不思議では無い気がしますが

|

« オフもプロ野球 | トップページ | 上位馬拮抗の2歳の頂点への道は! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陛下会見問題:

« オフもプロ野球 | トップページ | 上位馬拮抗の2歳の頂点への道は! »