« 監督の考え | トップページ | トヨタの人材 »

2010年4月23日 (金)

業績が上がっている所も多い

日に日に寒くなっていくようで、今から冬に向かっていくのかと勘違いするくらいの寒さでした。まぁ関東では一昨日と昨日で最大17度も違う処があったようですが、ここまで違うと体感だけではない温度差ですので 皆さん御身ご自愛ください。
 気温も寒いですが我が国の政治も寒い。例のオバマさんとの10分会談は終始 叱られていただけだった事が漏れ聞こえ 米メディアから“最大の敗北者は哀れで、ますます愚かな鳩山首相だった”と酷評されると
“私は愚かな首相かもしれません” と認める首相を持つ国民こそが哀れですナ。

 さて 確定申告も終わり今年も減収の為税金の還付金が有りました。お金が戻ると嬉しいですが、理由が理由だけにあまり喜んでばかりもいられないのですがネ。
 歯科医院の対前年比の収入は全国平均4.2%の減少だったそうです。6割近くの歯科医院が減少したそうですが、増加した歯科医院も4割は有ったそうです。地域的には地方が比較的安定傾向だそうですが、50,60歳代の歯科医院では地方でも収入減少が目立っているそうです。院長の高齢化に伴い患者の高齢化の為とシンクタンクは分析していましたが、患者の高齢化が収入減に繋がるとはあまり思えないのですがネ。6か月ごとに新調出来る入れ歯やロングスパンBrは高齢者の方が多いと思いますしネ。
また、歯周や予防に力の入れて 積極的なメンテナンスをすると患者さんの知識が普及され、年間3,4回来院するとの事です。また、内装の張り替えとスタッフの若返りで従業員の世代交代を進めている歯科医院が業績が上がっていると件のシンクタンクは分析していました。
う~ん どうなんでしょう?? ベテラン衛生士さんの方が仕事すると思いますがネ^^;
患者さんの歯に対する意識を高めて保険外に繋げる ってのが戦略なんでしょうが、そんなことは昔から有りますし、極端な成功は都会だけのような気がします。
私は思いだすんですよね、30年前FCが保険に導入された時、(自費診療中心で)保険を下に見ていた歯科医院が経営難に落ちたのをネ
ただ、高齢化社会が益々進めば医療財政難に成っていくでしょうから あの時(30年前)とは事情は違うんでしょうが

おまけの話
最後に“歯科衛生士に丸投げしないで院長自らスケーラーを握れ”って締めくくっていました。
それは私も同感です。

|

« 監督の考え | トップページ | トヨタの人材 »

医療」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、今年の春はいったいいつやってくるのでしょうか?桜もすっかり散ってしまったのに寒い日々が続いています。

自民党から民主党へと政権が変わったのに歯科医療業界は少しもヨクなりません選挙前のマニュフェストにはヨイことが書いてあり少しは期待していたのですが、、
私のラボも右肩下がりの業績が止まりませんこれからの老後生活を如何に過ごすか不安にかられますまあ昔のようにイッパイ仕事が出てもこなせませんが
私の考える技工の未来ですが、近い将来メタルフリーになりプラスチックやレジンのような高分子化合物がクラウンやブリッジの材料になると思います、世界経済の中で金属価格がヒステリックに乱高下していては安定した保険医療費の捻出に破綻を来たすのでは?メタルアレルギー問題もありますし、それと同時に今までのようなメタル鋳造なども無くなりCAD,CAMとミリング、射出成型で作られるようになると思います、そうなると多額の投資と設備が必要になり小さなラボは消滅して寡占化されていくのではないでしょうか。国民健康保険のあり方や(外資保険会社の参入とか)行政のさじ加減で紆余曲折はありますが、営業ならびに設備の償却等(一つの機械を多人数で使うとか)を考えても効率化を目指すのには現在の我々のやり方では非効率すぎると考えています、そして技工物の海外委託は止めれないと考えています、技工料金の金額だけではなく技術もやがて日本の技術と並ぶでしょうし(もう並んでいるかも?)安全基準も日本と同等というかISOのようなグローバルな技工物の安全基準が出来上がり日本の技工士もクリアーするのに慌てたりして、、アジア経済圏等がもっと進みヨーロッパ連合のようになればなおさら加速するのではないでしょうか、中国だシンガポール、タイ等と言ってられなくなると思います(債務超過の日本は仲間に入れてもらえない心配はありますが)
後10~20年後にはこういった時代が訪れると考えています、暗い話ですが明治維新のような技工の国際化という世界がやってくるでしょう。

話が暗く難しくなりましたが昨夜の杉内投手、8回に浴びたホームランはチト冷や汗モノでしたね、金曜日にしか勝てないホークスと言われないように今日の試合も連勝してくれるとヨイですね

投稿: JOHN | 2010年4月24日 (土) 11時21分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
昨日8回頃少しウトウトしていまして 
“井口のスリーラン”という実況で目が覚めて 
あっこれで8対0か、今日は楽勝やな と一瞬勘違いしました^^; (井口と城島はもう うちの選手じゃない事は分かっているのに…)
今年のSBMは安定感ありますので、点差ほどヒヤヒヤ感は有りませんでしたが、あのヒヤヒヤの後の勝利は格別ですネ。
 CAD,CAMは値段が高すぎますね^^;外国からの並行輸入製品は安いそうですが、
メンテの問題、正規店の反発、なにより高い値段で購入した現ユーザーのブーイングを考えて 日本では外国からの安い製品は定着しないという見通しが一般的だそうですネ。
私は楽観論者ですが、世界基準ISO取得義務化に成れば どえらい事に成ると肌で感じています…。

投稿: 45net | 2010年4月24日 (土) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 業績が上がっている所も多い:

« 監督の考え | トップページ | トヨタの人材 »