« 人間の動体視力の限界だよ | トップページ | 大混戦 »

2010年8月27日 (金)

野田さん子供が20歳の頃70歳ですよ

天気予報でこの暑さはあと1カ月続きますとの事でした、まだまだ暑い夏は続くのですね^^;
昨日13代将軍徳川家定と同じ年生まれの186歳の戸籍が見つかったとか この問題の迷走は続きそうですナ
それにしても所在不明の老人や幼子を放置する親等 望まれない家族問題がクローズアップされていますが、世の中には望んでも出来なくて苦しんでいる人は多いです

不妊治療体験をつづった著書もある自民党の野田聖子衆院議員(49)が、体外受精で妊娠に成功したことを週刊誌の手記で明らかにした
今回の妊娠で注目すべきなのが、事実婚の関係にある男性の精子と、第3者の卵子からできた受精卵を野田氏の子宮に移したという点。これまでには、米国で代理出産で生まれた子どもが日本の法律では実子と認められなかったケースがある一方、今回のケースでは、法律上は野田氏が、子どもの「母」になる。代理出産に関する法整備が現実の社会に追いついていないのが現状だ。

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kyodo-2010082501000884/1.htm

国会議員野田聖子さんって郵政問題でみそを付けましたが、ポスト小泉で一番首相に近い女性議員と言われたほどの人ですから、今回の問題は少し驚いています。
たしか入籍していませんので2人目の事実婚のかたですよね今の内縁の夫さんは。夫婦別姓とかは今は出来るのに何故籍を入れないのかとか疑問がまずあります。
第3者から卵子の(購入?)提供を受けるぐらいなら ハリウッドスターのような養子縁組の方がと思うのですがネ

私は男性なので不妊治療に苦しむ人たちの苦悩は理解できませんが、ただ 人間ってパーフェクトではないと思うのですよネ。
なにかしら出来ない事や満足できない事はありますし、子供どころか結婚も出来なくて苦労している人、それこそ五体満足でなく生まれながらにハンデキャップを抱えている人はそれすらを考えれない訳ですから。

私は五体満足で娘にも恵まれ幸せなんだなと噛みしめております

おまけの話
第3者の卵子や精子の提供を選ぶ時って500ぐらいの項目から選ぶそうですね
例えば眼の色、肌の色、提供者のIQ値とか(野田さんはランダムで・・・)お金で買うイメージは拭えないのではと感じます。
それにしても50歳で出産したら子供が二十歳の頃70歳ですよ、う~ん この話はやめておきます。

|

« 人間の動体視力の限界だよ | トップページ | 大混戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、暦の上ではもう秋なのに夏真っ盛りの横浜です、この熱エネルギーを貯めておいて電気エネルギーとか冬場の暖房につかえないものなのでしょうか?

高齢出産の話ですが、私も失礼とは思いますが「金持ちの我がまま」としか思えません。
いかに科学の発達のよる所業とは言えそこまでヤルか、という感想です。
確かに科学は多くの災いや不幸を補ってきていますが、あまりにも自然の摂理を歪めるのは如何なモノでしょうか?

我々のような個人事業主だと老後の年金の支給額も少ないので若いうちに子育てや住宅ローンを済ませて身体の動くうちに老後の資金を貯めないと、国の老人福祉もアテにならないし、ましてや子供達はもっとアテにならない(悲)年金から子供の学費を捻出なんてゾットします。

おまけの話>>ホークスは引き分けが多いで
すね、この引き分け数ってこれからどのようにひびくのでしょうか?競り合いに弱いンかな?半分でも勝っていればと思うのは未練なのでしょうか、、、、

投稿: JOHN | 2010年8月28日 (土) 10時54分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
太陽光発電もそうですが、蓄電の技術がまだまだのようですから、それが出来るようになればCO2問題も解決出来るかもしれませんね。

野田聖子議員はツッコミどころ満載ですね^^;例えば“他人の子でも 生んでみたい”発言はエゴとしかうつりませんし。
なにより 血の繋がらない子供の心境等どうなんでしょうか。

日本のNPB(プロ野球)は米国のMLBのように勝ち数では無く勝率ですので同じゲーム差なら引き分けの多い方が有利ですね。
ただ 引き分けは12回戦う事ですから投手陣の消耗はそれなりにありますが…。

投稿: 45net | 2010年8月28日 (土) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田さん子供が20歳の頃70歳ですよ:

« 人間の動体視力の限界だよ | トップページ | 大混戦 »