« 野田さん子供が20歳の頃70歳ですよ | トップページ | 53年の歴史に幕 »

2010年8月30日 (月)

大混戦

昨日の晴天に恵まれた(恵まれすぎ^^;)夏休み最後の日曜日は夏の最後の思い出に…では無く 我が家は高校受験を控える娘がおりますのでネ。
それどころか、彼女は(クラブ活動に)忙しいので昨日は一日中調べもののお手伝いやら(一部事務仕事)で大忙しでした。
でもまぁ夏休みの宿題のお手伝いも今年で最後かと思うと少し寂しい気がしますナ

さて先週のホークスは3勝2敗1分のかろうじての勝ち越しながら 獅子が大型連敗中の為首位に躍り出ました!
前半の猛牛3連戦はまたしても岡田監督の執念の采配と審判の不可解な判定で1勝1敗1分と先々週の同カートと全く同じ結果でしたナ
(勝ち負けの投手も同じ)うーん言ってもせんない話ですが(9回に追いつかれ引き分けの)26日の元近鉄の山村審判はうちには辛かったですナ
9回馬原投手が投げた7球目が入っていればすんなり終わったと思うだけにネ、審判を味方にするのも大切だと感じました。
あと先週は和田、杉内両エース投手で落として、大隣、小椋投手で負けなかったと喜んで良いのか微妙ではありますが^^;
そんな中、待望のリリーフ左腕の森福投手が好投したのが大きな収穫でしたネ。

ただ、心配な事も

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100829-671684.html
股(こ)関節を痛めた可能性があり、29日に首脳陣と話し合いを持つことになった。最悪の場合は出場選手登録の抹消もある緊急事態

大きな故障で無い事を祈るばかりですが。

おまけの話
先週残念な話が新聞を賑わしました。シーズン中にましてや優勝争いしている中(阪神じゃあるまいし)ストーブリーグネタは勘弁して欲しい所です。

斉藤に育成打診 拒否なら退団、引退も
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20100829-671693.html

元エースの斉藤和巳投手の故障の原因は2006年の奮闘でしょうナ。この年は打線が弱くてブルペンも馬原投手ぐらいしか頼りにならなかったので、8完投が示すようにエース斎藤投手にかなりの負担がかかりました しかも中4日でプレーオフに登板したことが決定的だったんでしょうかネ
ただ、球団は功労に報いるように登板の無かった3年間高額年俸を払い続けましたが(総額6億??)

まぁ、選手の枠もありますし いくら貢献のある選手でも何億もの高額年俸は3年が限度ってところでしょうかネ
あと 今シーズン前に本人が“以前の斎藤和巳ではいられないかもしれない”と語ったように もしかしたらこのまま引退の可能性もあるのかもしれません。
ただ、球団は育成枠になっても斎藤投手の貢献に考慮して育成契約では破格の年俸の1,500万(1軍最低保証)にするそうです

|

« 野田さん子供が20歳の頃70歳ですよ | トップページ | 53年の歴史に幕 »

野球」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、「真夏日」の連続日数の新記録とか、もういい加減にして欲しいこの暑さですがまだまだ続くらしいですね、耐えるしかありません(涙)

夏休みの宿題、私はいつも新学期が始まってからやっていたような記憶があります。
自由研究なんてやらないのも自由とかウソブイテいました、しかし今では模型がたまらないように納期日の1~2日早く挙げるように心がけています、生来気が小さいンですね。

杉内投手の怪我心配ですね、大したコトないとよいのですが、これからが1番大事な時期
1日も早い復帰を願っています。

投稿: JOHN | 2010年8月30日 (月) 12時48分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは今日は不安定な天気で何度かにわか雨が降ったおかげで 少しは過し易かったです。
しかし明日はまた暑く成るそうですが^^;

私は夏休みの宿題は7月中にやって8月は目一杯遊んでいました。もっとも私の頃は今のようなハードな宿題では有りませんでしたが。
逆に今は日にちを比較的頂いていますが、毎日ギリギリです^^;

ご心配いただきました杉内投手ですが、大丈夫だったようです
http://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks/item/194128
ただ、28日の投球を見る限り万全では無いでしょうが。

投稿: 45net | 2010年8月30日 (月) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大混戦:

« 野田さん子供が20歳の頃70歳ですよ | トップページ | 53年の歴史に幕 »