« さあファイナルステージへ | トップページ | 荒れるかも秋華賞 »

2010年10月13日 (水)

ドル箱は死語になる?

各国の通貨安作戦で円高が止まりませんナ 我が国の(野田)財務大臣じゃ役不足か。
 今朝のワイドショーの賢人に聞くという番組で大学教授が円高は悪い兆候ばかりではなく 将来$50円時代が来たら 今までの経済概念が崩れると 発言されていました。
まぁ 簡単にいえば極端な円高が進むと貿易が円建てに成るので 円高が関係なくなるとの主張なんでしょうが、それまでが大変でしょう。
現在でも1~2割は円建てだそうですが、ただ $→\ に成るはずがないでしょうナ。
なるとしたらユーロか元では と思いますが ($→元なら)何も変わらないような気がします。日本の通貨を人民元にするなら話は別ですがネ。
う~ん ワイドショーの番組ネタでした。

おまけの話
ワイドショーに出ていた3人の大学教授の中の一人に日本のTV局は日本語のバリアに守られているから安泰なので(国際競争に晒されている日本企業のように)外国に出たらどうか と突っ込まれていたのは 痛快でしたが

|

« さあファイナルステージへ | トップページ | 荒れるかも秋華賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、日中は少し汗をかきますが朝晩スッカリ涼しくなり過ごしやすくなりました、しかし老人性早寝早起き症の為朝は5時頃に目が覚めてしまいその後眠ることができません、マア昼寝で睡眠不足を補なっているのですが、歳はとりたくないモノです。

私も円は国際通貨にはなれないと思います、国際通貨になるには軍事力というバックボーンが必要でいくらお金があってもいつ他所の国に領土を侵略されるかわからない国の通貨なんてムリでしょう。中国元も相場の切り上げとか自由市場で妥当な相場でやりとりがされないと難しいと思います、とするとユーロが本命でしょうが、ドルの地位はまだまだ健在でしょう。中国も現在は景気がヨイですが少しやりすぎではないでしょうか?もっと穏やかな経済成長を目指さないと国内外におきている歪みの爆発がより大きくなると思います、ナント言っても日本の13倍の人口ですからその爆発エネルギーも13倍になるのでは?冷静に中国を見ると一昔前の日本のバブルと同じで必ず弾ける時がくると思います。
日本と同じように高齢化が進んでくるようだし人口の減少も一人っ子政策の性で進んでいます、やがて労働力の不足に陥るのは必至だとか、貧富の差が激しい中国ですが老人福祉や社会保障も未熟なようだし、現在の繁栄は後何年保てるやら?
我々の業界もですが何事にも「波」ってあるモンですね。

投稿: JOHN | 2010年10月13日 (水) 22時47分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも暖かくて 冬服に衣替えの済んでいる娘は腕まくりして「暑い」を連発して帰ってきました(オヤジか)

かつて日本がそうだったように、国際社会からジワジワ中国たたきが始まっていますね。中国からの独立を嘱望しているダライラマ氏に続き反中国共産党の劉暁波氏にノーベル賞を贈り。人民元の切り上げも現実味を帯びてきました。
計算上近い将来中国は日本以上の高齢化社会が迎える様ですが、ただ、あの国の人民統制の徹底さ 凄まじさは想像を超え、また何でも有りの国ですので 姨捨山政策なんてのが起こるかもしれません。

ご指摘の“波”は本当に感じられます。あれ程流行っていた歯科医院が なんて良く聞く話ですしね。
人間の人生の浮き沈みは仕方が無いでしょうが、良い時の過ごし方が大事だと最近思うようになりました。
(まだ来ないのですが…)

投稿: 45net | 2010年10月14日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル箱は死語になる?:

« さあファイナルステージへ | トップページ | 荒れるかも秋華賞 »