« 「若者の『交通事故離れ』が深刻化」って | トップページ | 先発転向 »

2011年2月 4日 (金)

とうとう証拠が出てしまった

明治時代の八百屋の店主で長兵衛さんという人がいたそうで、
その人は碁が好きで商売上の打算の上でわざと負けて大相撲の年寄・伊勢ノ海の機嫌をとっていました。
以来、真剣に争っているようにみせながら、わざと負ける事を八百長と呼ぶようになったそうな

現在 大相撲界が八百長疑惑に揺れています。
警視庁が野球賭博事件に関連して押収した力士らの携帯電話に 残っていたメールの内容で
かなり細かい八百長の設定等生々しいやりとりが公表されました
まぁ、貴兄の皆さんの中には「何をいまさら」と思われている方も多いでしょうナ
週刊誌で もう何年も前から指摘してきましたし、日本以外でも
“ヤバい経済学”の中でシカゴ大学の経済学者スティーヴン・D・レヴィットは
7勝7敗の力士の異様に高い勝率(80%近く)を出し、その8勝した力士が次に相手の力士と対戦した時は低い勝率(40%)を示す と指摘しました
ただ、この本が出版された時はあまり話題に上らなかったそうですが、臭いものにはふたをしたい人がいる一方
星の貸し借りなんて普通に有るだろうと それこそ私が子供のころから そんなもんだろうと言われてきましたからネ。

しかし、どのような落とし所にもっていくのでしょうか

おまけの話
大相撲にもう一つ有名な隠語があります。
それは八百長の反対語で真剣勝負を意味する“ガチンコ”です。
真剣勝負が当たりまえなら こんな言葉は生まれないでしょうか??

|

« 「若者の『交通事故離れ』が深刻化」って | トップページ | 先発転向 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、相変わらず晴天続きのカラッカラの横浜です昨日今日と少し暖かでこのまま雪が降らずに春になってほしいモノです。

相撲の八百長はズ~ット昔から続いていたのでしょうね(キット)1対1のスポーツなりゲームってのはたとえ八百長があったとしても周りの者には判りませんからね、相撲もこれからは八百長が出来ないシステムを早急に導入しないといけませんね(これからがあった場合)

余談ですがプロ野球で八百長をやるとなるとやはりピッチャーの買収でしょうか?サッカーならゴールキーパーかな?不遜ではありますがチト考えてしまいました

我々の仕事には八百長はないものの、長いこと同じ仕事をしているとついつい気の抜けた仕事をしてしまいます、改めて自分の戒めにせねばだけど毎日ガチンコ勝負って30年も続けられないです、患者さんゴメンナサイ

投稿: JOHN | 2011年2月 5日 (土) 10時38分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは日中はかなり暖かくなりましたが 朝晩はまだまだ寒いです。ただ来週から朝晩も暖かく成るそうですが。

昨日ラジオで相撲の八百長をなくすには 明日の取り組みの前日発表を辞める事って言っている評論家がいましたが
それしか 方法は無いのかもしれません。
それにしても親方だって脛に傷持つ身だけにこの問題の根絶は思っているより難しいでしょうね。

技工は私も同様です^^;その日によって波が有りますね。

投稿: 45net | 2011年2月 5日 (土) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう証拠が出てしまった:

« 「若者の『交通事故離れ』が深刻化」って | トップページ | 先発転向 »