« 真実は深い | トップページ | おごれる者は久しからず »

2011年8月30日 (火)

金魚には成れなかったが首相にはなれた

ドジョウに成れとアドバイスしたのは細川元首相だったそうですネ
前日の演説があまりにも堅かったので 電話で助言したらしく、
「自分は金魚にはなれない“どじょう”だが一生懸命やる」と言った演説が年配のご婦人を中心に好感を持たれたそうなので
引退しても その辺は心得ているという事でしょうナ
(相田みつをさんのパクリだけど)

ただ気になったのは、挙党体制を強調していますが、やっぱりねじれ国会の方が大変だと思いますがネ
そもそも挙党体制を築けなかったのではなく築かなかった(小沢を排除した)のだから
鹿野陣営と前原陣営は決選投票では“海江田候補以外”に投票を呼び掛けた ってあからさまですネ^^;(しかも勝った勝ったと大騒ぎして幹事長を要求しているとか)
しかし もっと酷いのが、馬渕陣営は決選投票では海江田支持を呼び掛けていたのに、
NHKが決選投票直前に、「馬淵陣営は野田氏に投票」と報じたNHK誤報問題ですナ
こんな重要な事を政治記者が間違えますかネ 意図的なにおいがするのは私だけでしょうか
(ミヤネ屋も誤報したそうです)

唯一 野田さんで良かったと思えるのは、(復興予算に)消費税を上げる事ぐらいでしょうか。
菅さんが自民党と合意したと言われる復興費用の捻出に、所得税を年間5%の増税を10年間上げ続けるか10%の増税を5年上げるかで論議していたので
そりゃ やっぱり消費税の方が公平でしょうナ
韓流嫌ならフジTVを見なければ良いと言った有名人著名人が何人もいたそうですが、その書生論のような論理からいくと
消費税増税も嫌なら物を買わなければ良い と言うつもりかな

おまけの話
野田さんの演説に好感を持ったとの意見がNHKの街頭アンケートでは多かった報道で、
私がそのラジオを聞いていて印象に残ったのは、首相を決めるであろう代表選挙が2~3日ではあまりにも短すぎると指摘した賢明なるご婦人が
何の罪か知らないけれど小沢さんの影響力が残る候補じゃなくて良かったと発言していた事です。
何の罪か知られてないのに罰せられる世の中って怖いですナ! と言うか世論誘導の力恐るべしですゾ

|

« 真実は深い | トップページ | おごれる者は久しからず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金魚には成れなかったが首相にはなれた:

« 真実は深い | トップページ | おごれる者は久しからず »