« 二つの気持ち | トップページ | 直木賞より本屋大賞 »

2011年8月12日 (金)

腹八分目

猛暑の中、熱い戦いを繰り広げている高校野球ですが、2回の表裏それぞれの攻撃の前に校歌の斉唱がありますが
中には校歌らしくない流行歌(古い言い方??)のような感じの学校もありますネ
今日の第一試合の大分の明豊高校は校歌に良く有る地名や学校名を強調せずに、フォーク調(古い言い方;)の優しい感じの校歌でした。
因みに南こうせつさん夫妻が作った曲でした。

さて、サーチュイン遺伝子ってご存知ですか。
なんでも人間の長寿を担っている遺伝子ですが、現代人のサーチュイン遺伝子は休眠状態で老化が進行しているそうです。
しかし、目覚めると細胞中のミトコンドリアを活性化させてエネルギー効率を高め、更に 活性酸素の害を防ぎ、免疫力低下、動脈硬化、高血糖、呆け、骨粗鬆症、脱毛白髪等の老化症状を防ぎ改善し、美肌と持久力と抗がん作用を高める と 良いことづくめなんですネ 
それにしても大量の細胞の中の長寿に有効な細胞だけ選んで活性化させるなんて、正に生命の神秘ですナ!
では どうしたら 目覚めさせることが出来るか。
方法は簡単で、飽食の現代で休眠中なんだから飢餓状態を作れば良い訳です。
食事を一日おきに絶食するか、毎日の食事を20~30%程度カロリーを減らすかすると1~2か月程で効果が出るそうです。
因みに実験では一番効果が表れたのは40%の減食ですが、これは挫折する可能性が高く現実的ではないそうです。
う~ん、それでも2~30%か…。 成人男性の標準摂取カロリーが2,300㌍程度だから一日1,700㌍に抑えるって 辛そうですネ^^;
しかも、成長期の子供、妊婦さん、元来食が細くて栄養不足ぎみの老人や女性には減食は適応できません。
でも ご安心ください、どでかいハンバーガーやジャンキーフード大好き国民の国 米国で食事制限(カロリー減)せずにサーチュイン遺伝子活性化させる事が出来る薬物を発見しました。
それはレスベラトロールで ブドウの皮に含まれているそうです
米国では このレスベラトロールの含有サプリメントが爆発的に売れているそうですが、日本ではまだ未承認だそうです。
現在では更なる効果拡大の実験も行われているそうなので、これからは100歳以上が当たり前になるかもしれませんネ

それにしても 昔の人は腹八分目ってよく言ったものですナ

おまけの話
サーチュイン遺伝子は放射線障害抑止などの効果も期待できるそうで、放射能に日本は汚染されましたから、これから注目されそうですネ
特にレスベラトロールは成長期の子供は減食できないので良さそうですネ
御一考あれ

|

« 二つの気持ち | トップページ | 直木賞より本屋大賞 »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、夜になってやっと涼しくなった横浜です、この時間ヴェランダで酒を飲みながら月見酒を楽しんでますサーチュイン遺伝子の話し初耳です、明日から葡萄の皮を買い漁らねば最近は高齢にも関わらず元気なジジババが多いです、チョイト前は宝くじの当選者の確率より低いと言われてましたが今では百歳以上のお年寄りが4万人とか私も数えで60になりましたが気持ちはまだまだ30代です、もっとも中学生くらいで脳の発育は停止してしまいましたがしかし長生きってのは健康とか経済的な問題が絡んできて幸せに生きられないと長生きしたくナイですねパソコンが使えないのでからアップしてしまいます。

投稿: JOHN | 2011年8月13日 (土) 21時24分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも夜に成って涼しくなりました。

私もTV(NHK)の特集を見るまでサーチュイン遺伝子なんて知らなかったです
科学の進歩によって今まで分からなかった事や謎だった事が少しずつ解明されていきますね
しかし、一番進歩して欲しいのは一度火を入れた原子力(ウラン)の止め方でしょうか
水で冷やすだけの原子力発電用核燃料、つまり一度火を付けたウランを止めるすべがない(しかも長期にわたって)ものを
原子力が安全なんてよくも言ってきたものだと思いますね

ご指摘のように 長生きする為には経済的な裏付けが必要ですしね。科学の進歩に政治家も進歩して欲しいと思います。

PCを普通に使われてた方が 使えなくなると不便だとお察し致します。
私はサブPC的な役割として、スマホ(touchですけど)とネットブックを使っています
逆に携帯は通話だけです。(その方が経済的なので^^;)

投稿: 45net | 2011年8月13日 (土) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腹八分目:

« 二つの気持ち | トップページ | 直木賞より本屋大賞 »