« 体育の日は晴れる | トップページ | 簡略検査で命を救う »

2011年10月12日 (水)

144試合の予選リーグ

プレッシャーから解放されたホークスは現在連勝中です。強いですネ もしかしたら90勝も達成しそうな勢いですナ
史上初となる全球団勝ち越しも決め 2位との差も現在(12日)16ゲームも開いています。
こんなんでもプレーオフする必要はあるのでしょうか なんて愚痴りたくなりますネ^^;
現行プレーオフの創成期は優勝ではなく1位通過といわれ 5ゲーム差を開けると1勝のアドバンテージでした。
これからは5ゲームごとに+1勝のアドバンテージで良いのではないでしょうかネ

私の持論としてプロ野球はシーズン優勝して何ぼと思っています
日本シリーズですら シーズン優勝したご褒美大会という認識でした。
ただ、ホークスはプレーオフ突破が悲願に成ってしまっています。
こんな持論を展開しても 負け惜しみとしか感じないでしょうか
それでも野球の本当の実力はリーグ戦で発揮できると思っています。
そもそも野球は投手力に重きをなすスポーツだと誰もが認める所だと思いますしネ。短期決戦ならスーパーエースを抱えるチームが強いのは今も昔も変わりません。
昔は稲尾や杉浦の4連投なんて普通だったようですしネ。

まだまだ ありますけど このへんで

おまけの話
実際現行プレーオフ制度が始まってスポーツ新聞の売り上げが上がったそうで、TV視聴率(ラジオ聴取率)UPも同様でしょうか。
NPBの貴重な資金源ですしネ プロ野球の発展のためには仕方がないのかもしれませんが。
まぁ、昨年ホークスは負けたとはいえ6試合も主催開催した事で相当潤沢な補強資金が出来た利点もありましたが。

|

« 体育の日は晴れる | トップページ | 簡略検査で命を救う »

野球」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、今朝も爽やかな横浜です、一年中こんな陽気だとヨイのにとついつい思ってしまいます。

セリーグのヤクルトは中日ではなくプレッシャーに負けたのでしょうか?3連敗で中日有利になりましたね、優勝を花道に引退ってのも落合監督の美学って感じですが、時期高木監督のプレッシャーはいかばかりのモノでしょう。

投稿: JOHN | 2011年10月13日 (木) 09時54分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは今日は曇り空で肌寒い感じです。暖房は秒読みです。

落合監督は世間の評判(記者とOBですけど)が良くないですが、選手には慕われているようですね。
逆に辞任発表で失速した日ハムの梨田はあまり慕われてなかったということでしょうか
う~ん、ノムさんは梨田の人間性を酷評してましたけど、あながち外れてなかったのかも^^;
まぁ、梨田はリリーフを酷使し過ぎる傾向がありましたけどね。
あと、政治もそうですが、マスコミの評価ってあてに成らないという事ですね
それでも 日ハムにはスーパーエースがいるので CSは強いですけど…。

高木さんはやりにくいでしょうが、立浪氏への繋ぎ含みなので割り切って出来るんじゃないでしょうかね
そのへん(優勝して立浪にバトンタッチは最悪だと)考えての 高木擁立なら(中日フロントは)流石と言うところでしょうか

投稿: 45net | 2011年10月13日 (木) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 144試合の予選リーグ:

« 体育の日は晴れる | トップページ | 簡略検査で命を救う »