« 真実は深い底にあるのかも | トップページ | 童謡が消えたらしい »

2011年11月14日 (月)

本能寺の変気取りらしい

巨人の内紛事件について、土曜日の産経新聞の産経抄で
(おそらく一番腕の良い人が担当している)
「今日から始まる日本シリーズより100倍面白いのは、野球会にとって悲しいことだが」と締めくくられていました。
おい、名を名乗れ!と言ってみる
始まる前から面白くないと決め付けるところが 産経新聞らしいのかもしれませんがネ。
ただ二試合見た感想は、産経抄のライターと同じだったのが情けないですが(読売内紛に負けていたなぁ^^;)
落合監督はうちの秋山監督と比べると戦術、駆け引き、人心掌握 と、どれもが一枚も二枚も上手だったと認めざるを得なかったもののこんな試合を144試合見せられるファンはしんどいでしょうナ^^;
確かに見ごたえのある良い試合でしたけどネ、気が滅入るというか、ピンチで相手打者(屈指のスラッガー内川選手)のバットのテープのいちゃもんつけたりとかの心理戦、う~んファン離れを危惧する経営陣の気持ちも分からないではありませんでした。
因みに2連敗スタートのホークスですが、2000年のON対決の時東京ドームで2連勝しながら結果負けましたからね(まさかの4連敗)今回は逆でいきましょう

さて、その読売の内紛ですが、“よくぞ清武言った” と賞賛の声が多いようですが 
どうなんでしょう
清武さんってもう7年目でしょう、GMとして今年の補強は明らかな失敗だったんだから、まず責任感じないとネ、日本のプロ野球は助っ人外人の出来次第でどうにでも変わりますから。
また優勝逃したチームで監督そのままならヘッドコーチの更迭なんて良くある話ですしね。
なにより、本気でプロ野球界の未来を憂いたクーデターなら、たしか専務も兼務してるんだから取締役会を開催して緊急動議で(取締役会長)ナベツネさんに辞任を勧告するのが、筋であり大人の行動だと思いますがネ
61のおっさんが泣いて会見開いて「渡辺さんに反省してほしい」では^^;
しかも企業機密であるにもかかわらず江川助監督を公表してしまった事は良いのかとも問いたい。

ただね、会見が文科省で野田さんが事実上のTPP参加表明したのと日にちを合わせたのがネ(TPP参加を逸らす目的か)
ナベツネさんもそんなに怒ってない感じなので怪しいですナ

なんか 気の乗らないまま 週がスタートしましたが、新聞休刊日が救いでした

おまけの話
初戦の敗因はバ川崎くんの二つのエラーが効いた事と7回の攻撃でしょうか。
あのエラーが無ければ和田投手は完封していただろうし、素人目にも全然タイミングの合っていない多村選手にはチームバッティングを求めたかった(バント代打でも)なにより若手起用も若さが出ただけで機能してなかったし、先発も読み違え…、もうやめておきます。ただ馬原は使えんなぁ

|

« 真実は深い底にあるのかも | トップページ | 童謡が消えたらしい »

野球」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、少し涼しさの戻ってきた横浜です、明日からは又寒くなるとか?今年の日本シリーズと同様な気がします。
チャンスで打てない、エラーはする、投手の足を引っ張るプレーが続いてしまいましたね、それにしても落合監督の老獪さは若いホークス選手を手玉に取ってる感じがしました。野村のジイサンでも連れてこなきゃ相手にならないのではと思わず思ってしまいました。
しかし次は名古屋、ぜひとも2連勝して星を五分に戻して日本シリーズを盛り上げて貰いたいです(しかしチャンスに打てませんな~)

巨人の内紛はナンカ笑っちゃうような、侘しいような、結局は清武さんの解任でおしまいになるのでは?ついでに江川サンのツキの無さにも同情したくなります、入団時のゴタゴタも本人の意思の届かない球団どうしの思惑だったと思いますし今回も名前が挙がってきたのも進んで江川サンから助監督に名乗り出たモンじゃないのでは?真実はどんなモンかよく分かりませんが、、、
作新学園の江川投手、スゴイ投手でしたっけ、とても並みの高校生じゃバットに当たらないようなボールわ投げていたのを懐かしく思い出します。

投稿: JOHN | 2011年11月14日 (月) 22時01分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも昼間は暖かく昼間は窓を開けたほどです。
ただあすから今年最強の寒気が来るそうなので体調管理が大変ですね

ご指摘の通りで、ノムさんぐらいしか対抗できないでしょうね^^;
谷繁のリードも秀逸で、何故あんなにボール球に手を出すのか苛立って観戦していました。
逆にホークスは無駄な四球を与えてからの失点が目立ちました
まぁ、一言でいえば経験不足が如実に出た感じでした。
前回の優勝からCSの壁で3回(一位通過、優勝)行きそこなっていますからね

清武さんはどうやら保身だったようですね解任の案も燻ぶり続けていたそうです
あとスポーツ各紙例外なく次の様な一文で締めくくられています
“プロ野球マスコミの鉄の掟として、日本シリーズ中はどんな大きなニュースも控える(突発事項以外)”
紳士たれと言った巨人軍がこんな不文律を破ったのは、清武がよっぽどの○呆か、TPP逸らしかと思っています。

明日からの名古屋ラウンドで秋山監督が短期決戦モードに出来るかが鉤に成りそうですね
ただうちの監督は王監督時代から頑固が伝統ですから^^;

投稿: 45net | 2011年11月14日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本能寺の変気取りらしい:

« 真実は深い底にあるのかも | トップページ | 童謡が消えたらしい »