« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

タイムトラベル

私が修業時代なら大掃除の最後は一年間お世話になったエンジンの掃除が恒例でした。
当時はベルト式のエンジンだった為(昔のミシンみたいな)滑車をすべてばらして掃除して最後にオイルを塗ってまた組み立てと、だいたい一台1時間ぐらい掛かったでしょうかネ。今はモーター式なのでチャックの掃除くらいで3分も有れば終わってしまいます。ちょっとやり遂げ感がないので 物足りなさがあります。
当時は面倒だったんですけど^^;

さて今年の総括する事において 避けれないのが、まだ爪痕が残る3.11東北北関東大震災と福島第一原発事故問題ですが、
この問題は今年散々愚痴ってきましたし、良識ある論客の貴兄の皆さんにお任せするとして、
私はそれ以外に印象に残った事を総括したいと思います。

やはり名古屋大などの国際研究グループが9月に発表したあの素粒子でしょうネ
アインシュタインの相対性理論を根底から覆す大発見があったかもしれない(まだ証明されていない為)事で、
ニュートリノが光より早いと言う実験結果が出た事ですナ
ご存知のようにアインシュタインが光速より速く移動できるものは無いと定義していますので、もしこの実験が本当なら
質量のある物体の速度が光の速度に近づくと、その物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まってしまう 
らしいので、タイムトラベルも可能になると いう事ですネ
超高速でタイムトラベル宇宙旅行して帰還すると降り立った地球は猿が支配してた なんて事がおこるかも^^;

それでは 1年間ありがとうございました
また来年もよろしくお願いいたします

おまけの話
では実際光より早い物質が存在したとしても私たちの生活には影響はないのでは と思われますが、
字際は色々影響は出るそうで 例えば自動車に搭載されてるナビとかも一からやり直さなければ成らないそうです。
それにしても重力が有るニュートリノが重力の無い光より早いのが納得いかない気もしますけど、光は反射等の物質の影響を受けますが、ニュートリノはどんな物質にも通り抜けるらしいので、そう考えると可能なのかもしれません。

近々オリオン座にあるベテルギウス(右肩部分)が 超新星爆発を起こすらしいとの予測があるそうなので
世界中の専門家がその爆発で光とニュートリノの観測をして どちらが早いかを検証するとの事です
ただ、その爆発が1年後か明日かは分からないそうですが
そのペテルギウスが爆発した時の地球の影響は…もう止めておきます^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月28日 (水)

マネジメント力

今年も残すところ僅かになりました。今日は野球に絞って総括したいと思います。
贔屓にしているホークスがリーグ優勝(V2)を果たし、今年はプレーオフの呪いも解け おまけに日本シリーズも制して最高のシーズンでしたが、オフに成って杉内くん問題が影を落としてしまいましたネ
まぁマスコミの報道もホークス応援掲示板でも概ね(杉内くんに)賛同する意見も無い事と新選手会長の本多選手も「(今回の事で)特に球団に要望する事は無い」と言った事が全てでしょうネ
おまけにつば九郎も昨年同様杉内くんをパロッていますしネ^^;
http://www.daily.co.jp/baseball/2011/12/22/0004698761.shtml
報道陣に背中を向けて涙ぐむ、杉内ばりの一幕も…。

プロ野球全体では2点ほど愚痴ってみたいと思います。
まず、無礼にも日本シリーズ中に起こった“清武の乱”でしょうか、最近でも横浜の高田GMと工藤公康氏が監督問題で揉めたように
プロ野球球のGMの存在がクローズアップされました。
米国では普通でしょうが、残念ながらスポーツマネジメント学なる講座が日本の大学には皆無なので人材不足が否めません。
どうしてもプロ選手OBがやる訳で、元名選手でもマネジメント力は経験だけではちょっと苦しいという事でしょうかネ
比較的王会長のソフトバンクは上手くいっている方ですけど例外かもしれません。
因みに今年岩崎夏海氏の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が映画化され話題に成っていたのが皮肉ですナ^^;

あと やはり今年は統一球でしょうか。
最初に怖いと思ったのは一社に限定した事。世界でも共産主義が崩壊したように競争が無くなったら良いものなんて生まれないと思いますから。
ただ今回の統一球は世界基準のホールに近づけて、飛ばない事と結び目の糸が高く変化球が曲がりやすい事等がクローズアップされていますが、注目したいのが粗悪な部分の皮も使うと言う改悪なんですよネ
悪い部分の皮も使うエコも大事かもしれませんが、作り手の心情を考えると良い技術を捨てて今日から悪い物作ってくれって言われるほどつらい事は有りませんからネ。歯科技工でも「クオリティ下げても良いから安くして納期を縮めてくれ」なんて要求する歯科医が年々増えつつありますから。そんな事には成って欲しくないと思っています。
逆に日本製の良質のボールを世界にアピールして欲しかったですネ。これもマネジメント力ですよ

おまけの話
飛ばないボールになって昨年まで東京ドームランで勝ってきた読売が低迷しました。その一方HRの減らなかったおかわりくんについて、先日あるスポーツ評論家が統一球は芯に当たれば問題ないなんて事を言われるけど、おかわりくん(中村選手)は去年までは余分に飛ばし過ぎていただけで ボールの飛距離が落ちてもスタンドイン出来ていただけ と
う~ん、一理ある様な気がします^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

平安末期は温暖化だったらしい

娘と私の予定が合わなかったために 年賀状の写真撮影が出来たのはイブの土曜日でした。それから年賀状制作に取り掛かり
さぁ印刷と思ったら 我が家の5年間頑張ってくれたプリンターが故障しました。 メーカーに問い合わせたら 修理は年内無理で   しかも費用が1万円くらいかかるとの事…。それなら新品が買える値段なので、泣く泣く購入しました。
う~ん、年の瀬に痛い出費だった。
まぁ もっと早く準備しろって 事ですが^^;

さて、来年のNHKの大河は平清盛ですが、死の原因は一般には“マラリア”ですけど
亡くなったのが2月だったので否定説も根強いです。
肯定派の学者はマラリアが慢性化する為との主張だそうですが  清盛が生きた時代は卑弥呼以来最も年間平均気温が高かった時代らしく 特に西日本は亜熱帯気候に近かったとの事なので 案外マラリアが2月に流行っていたのかも。
それにしても 当時は化石燃料を燃やして二酸化炭素を出す産業が無かったのに一番高温気候だった事を
現在の原発推進派に多いCO2温暖化学者はどう説明してくれるのでしょうかネ^^;

おまけの話
実は会社のレーザーもそろそろインク切れなんですよね。
う~ん レーザーのインク代って新品の高級インクジェット機が買えますから 憂鬱です
最近立て続けに電化製品の代替わりが続いているのですが、
そんな時期なのかなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

野だめ宣言

小沢裁判は検察官役の弁護士の苦戦が続いて立件すらできていない状況だそうですネ
それでも裁判は継続されています。大新聞とTV局あげての微罪の追求は税金の無駄使いですナ。
ただ、江川紹子さんも指摘していましたが、この裁判を通じて東京地検特捜部の取調べの問題点が浮き彫りになっているので、その点は大変意義のある裁判になったのかなぁ と最近は思うようになりました。

さて、世界から非難されている野田総理の福島第1原発の「収束宣言」ですが
しかも なんとなく風化された感がある原発報道ですが、微罪の小沢を追求するパワーを原発にも向けて欲しいと思いますネ

その冷温停止ですが、なんと最も損傷の激しかった1号機では、原子炉格納容器の底部の厚さ1.02メートルあるコンクリートを、最大65センチ溶かしているとの分析結果を発表しているのご存知ですか。
65cm溶かし、後35cm手前で止まっているとの事ですが、レントゲンなどで調べた訳ではないそうなので、
実際はもっと侵食している可能性もあるとか。

「終息」…事がおわって、おさまること 「収束」…おさまりをつけること。おさまりがつくこと(広辞苑)

終息でない事を肝に銘じなければなりません。

おまけの話
しかし 運が良かったんですね^^;

首都避難の恐れ、偶然重なり回避
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20111222k0000m070118000c.html
最多の1535本(460トン)を保管する4号機の使用済み核燃料プールは沸騰。溶融すれば最悪の場合、首都圏の3000万人が避難を強いられる事態が目前だった。だが空だき直前、4号機内で起きた水素爆発の衝撃で核燃料プール横の別なプールの水が偶然、核燃料プールに流れ込み危機を免れた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

金総書記はもっと前に死んでいたそうですね

アントニオ猪木氏でも発表の30分前に知った北朝鮮の金正日総書記の死去の事で醜態をさらした野田佳彦政権ですが、今週中国共産党の幹部数人がひそかに日本を訪れていたところ政治ジャーナリストの宇田川敬介氏が接触したそうです。

「野田政権はここまでひどいとは思わなかった」中国共産党の幹部
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20111221/frn1112211142002-n1.htm
 「中国共産党は現在、『日本の民主党政権とどのように付き合うか』を議論している。9月に就任した野田首相にも興味を持ってきた。米国と同盟関係を持ちながら、民主党幹部がわが国にも『戦略的互恵関係を』という真意も探ってきた。私は今回、『まともに相手をすれば中国が世界中から笑われる』『この政権と同盟を結んでいるオバマ米政権がかわいそうだ』と感じた。帰国後に党に報告する」

まぁ、「前から知ってたよ」って日本の皆さんの呟きが聞こえそうですけど。

おまけの話
ただね小沢を冤罪で貶めたのが迷走の始まりだと思っています。

その小沢裁判で記者クラブメディアは大きく取り扱わないけど

ますますアホらしい小沢裁判 会計、法律のカリスマ教授が決定的証言
http://gendai.net/articles/view/syakai/134322
20日の第11回公判に証人出廷したのは、筑波大の弥永真生教授(50)。カリスマ教授が、「会計学上は陸山会の土地購入に関する会計処理は許容範囲」と、お墨付きを与えたのだ。

あと因みにこんな土地取引は自民党の大幹部の町村信孝氏もやってるけどネ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201002/article_60.html

小沢叩きの急先鋒の読売でさえついに…
私が裁判官なら小沢さん無罪…前田元検事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111217-OYT1T00031.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

さらば杉内

城島の時もそうでしたが、大新聞の情報は凄いものです。
まぁ たまにスポ○チのように飛ばしも有りますが^^;
おそらく家族ぐるみの様な付き合いを番記者がするのでしょうナ
それで 発表前に漏れると。
城島の時もすでに虎に決まっているのに、王会長の直接出馬なんて赤恥をかかされましたしネ。

さて、杉内くんも読売に決まったようです (正式)発表は今日の昼かららしいですがネ
どうやら決め手は“18番”だそうですが、やはり本音は巨人病だったんじゃないでしょうかネ
当初(昨年から)の銭闘材料だった成果報酬型の年俸制度はホークス側の全面譲歩(FA取得者が年俸方式を選べる)
で、杉内くん側の目的は達成されたはずですからネ。しかも総年俸も読売より10%多いし。
代理人の弁護士も焦ったんじゃないでしょうか、まさかソフトバンクがそこまで譲歩するなんて って
それで今度16日以降は“18番”が妙にクローズアップされましたからネ。

結局シンプルな話だったんですよ、読売ファンだった杉内が球団に不信感持っているから、なりふり構わず優勝したい読売が接触していた と あれほどの投手に阪神を始めどの球団も接触しないのがなんか違和感感じていましたから

また、某巨大掲示板のジャイアンツ板では読売内紛問題を皮肉って「銭内より代理人の弁護士をFAで獲得しろ」なんて書き込みを見ましたが、あの弁護士やり手のようですね、ただ(記者向けの)発言が軽いのでかなり杉内の印象を下げましたが。
(子供の頃は原と巨人ファンだったとか、18番提示にうどんが消化出来ないんじゃないかと思ったほど感激してた みたいな)
そのへんはメジャーの代理人はそんな発言しませんからネ。
それに配慮もたりなかったかな FA宣言した日がアジアシリーズの決勝の日とか。

来年は、大場、大隣、新垣の3馬○トリオの奮起をお願いしますよ。あと球団首脳は分かっていたから吉川投手を(先発として)WRに派遣したんですネ
因みに80年生世代の和田、杉内、新垣の3人が揃って来期は18番付けるんですネ
それにしても入団当時一番メジャー志向の強かった渚が残ってくれてるとは皮肉なものです。

おまけの話
昔 トラキチ上岡龍太郎さんが「阪神と巨人の選手が総入れ替えに成ったら、ファン変わりますか」
なんて質問された時 即答で「原打てって言いながら阪神を応援します」と答えましたが、
今なら上岡竜太郎さんの気持ちが分かります

こんなフォーミュラーカーみたいな車でも公道走れるんですネ^^;111218

http://vn.tokyodisneyresort.co.jp/vn2012/magical_message/browse.php?contents_id=sDwbhapV

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

野菜を食べよう

最近は昔ほどではなくなったのですが、年末はバタバタするので昨日やっと坂の上の雲の「二〇三高地」見れました。
う~ん、悲惨でしたネ。あえて言うとキツイこの戦場描写をNHKはよくぞ やったと称えたいですネ
旅順要塞攻撃に、乃木大将の第三軍は第三軍突撃まで敢行するも 死体の山を築くだけで落ちません。
あの白襷隊が結成され まさに肉弾となりますが、落ちません。因みに“肉弾”という言葉はこの攻撃から出来た言葉だそうですが なるほどと思いました。

そして有名な(前も指摘しましたが坂雲だけなんですが)
乃木と児玉の指揮交替して 児玉桃太郎は作戦を変更します、その変更に異議を出した伊地知幸介を児玉がかなり強烈に罵倒しますが、特に「それなら敵陣にいって、あんた方が強すぎるから勝てないんですって言いわけしてこいや」と言われた時の演ずる村田雄浩さんの表情が上手かったので、1人ぼっちでビールかけをした中日の坂井社長を思い出し 切なくなりましたネ^^;
その作戦は28サンチ巨砲で援護射撃しながら二百三高地を落とすという、味方の犠牲覚悟の作戦です。
とまぁ 児玉の作戦は確かに功を奏したのですが、最近の研究では乃木の肉弾戦法でロシア軍も相当消耗していた事と、
(第二十八連隊が奇跡的に山頂にたどり着きましたからネ、直に奪還されましたが)
なにより 当時のロシア兵は*壊血病に苦しんでいたそうです。
その壊血病や夜盲症に悩まされていて士気の低下が原因ではないかと言われています。

日本軍は、要塞陥落後 ロシア側の食糧倉庫にたっぷり残されている大豆を発見したそうです。
ロシア人にとって、大豆とは煮て食べるという食事方法しか知らなかったらしいので、もし大豆からもやしにして食べた習慣があればビタミンCを充分に摂れたので 壊血病になることはなかっただろうと現在の研究者は言っているそうです。

もしロシア兵がもやしを作って食べていたら、もっと強固だったかもしれないんですネ

*壊血病は、生野菜や果実の不足(ビタミンC不足)でおこる

前(坂雲の事)にした話
http://45net.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-aacb.html

おまけの話
ロシア兵が壊血病に悩まされていた様ですが、日本兵も万全では無かったようです。
日本兵は脚気に苦しんでしたそうです。
肉弾特攻で突撃→大量死、突撃→大量死を繰り返していましたが、その日本兵は新国家になって初めて徴兵された田舎から出て来た農民が殆どで、軍に支給される“白米”に感動して喜んで食べていたそうですからネ
ロシア兵がビタミンC不足で日本兵がビタミンB1不足ですか

因みに現在では鍋物には欠かせない白菜ですが、 私はてっきり日本の野菜と思っていましたが、実は中国東北部が原産であり、日清、日露戦争で中国大陸に行った日本兵がそのおいしさを気にいって持ち帰り、国内で栽培したのが 始まりだそうです。
日露戦争の前には日本の鍋物には白菜は入れて無かったんですネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

睡眠は大事

毎年恒例の流行語大賞が発表されましたネ、大賞は「なでしこジャパン」でしたが、確かに感動しましたけど、現象であって言葉ではありませんよ と突っ込んだ人も多かったのではないでしょうかネ^^;
また流行語大賞の前に発表に成ったネット流行語大賞「ポポポポ~ン」 は確かに言葉だけど…。

 さて、そのネット流行語大賞の7位にランクされた「枝野寝ろ」ですが、一般に理解されているのは、昼夜を問わず壇上に立ち記者会見を開いたので枝野官房長官をたたえ、日本語の分からない外国人が「がんばれ日本」的な意味合いで#edano_nero(枝野、寝ろ)と書き込んだのが広まったそうですが。
ジャーナリストの上杉隆さんはあまりにも無責任な発言を連発するので「寝てますか」と嫌味で言ったのに、逆に好意的に受け取られたのでアホらしく二の句が継げなかったとツイッター等で呟いていました^^;
その枝野が良く言っていた
「すぐに健康に影響は無い放射線量です安心してください」は
パニック防止の意味合いが大きかったからの発言でしょうが、そろそろ(放射線の影響が)表面に出て来そうですネ
例えば、先日報道されたセシウムが明治の粉ミルクから検出された問題ですが、
埼玉工場(埼玉県春日部市)で3月14~20日に製造した粉ミルクのみが数値が大きかった様でしかも前後に製造されたものは検出限界値(1キロあたり5ベクレル)未満だったそうで それに原料の粉乳は大部分が豪州など外国産で(一部は北海道産)東日本大震災以前に製造されたものだった事から、現在一番有力な説として空気感染が疑われているそうです。
(粉乳を水などと混ぜ合わせて霧状に噴霧したものを熱風で乾燥させて粉ミルクを作っており、「乾燥の過程で取り込んだ外気に含まれるセシウムが影響した」とみている)
http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20111207ddm041040045000c.html

う~ん どうも頑張っている姿だけがクローズアップされましたが、政治家は結果責任ですからネ
そこは押さえておきたいところです。

おまけの話
今年の漢字は「絆」でこちらは予想通りだったんじゃないでしょうかネ
ただ…。止めておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

巨人愛に敗北か

今年日本の貿易収支が赤字に成るそうですネ。(国際収支は黒字だそうですが)
赤字国債の発行率が220%でも債務者が自国民だから安心だと経済学者は言う。どうやら年金の支給開始年齢も引き上げられそうです。東北にはまだまだいくら掛かるか分からないし、おそらく所得税を5年10%か10年5%の引き上げだけでは足らないでしょうナ。また、福島を始め日本の原発を廃炉にするにはそれこそ凄まじいお金が必要です。
そんな閉塞感を感じる時代でも プロ野球は景気が良いですネ。
7年前に近鉄がオリックスに経営譲渡するほど追い込まれたのがウソのようにネ

 現在FA移籍問題の杉内投手はホークスの成果報酬型の年俸制度について
「やって上がる、やらないで下がるのは当たり前。ただ、いきなり交渉の場で40%、50%ダウンは愛がない」と
これでは若い2~3,000万の選手が可哀想だとも。
また昨日のVパレード参加した時には
「このままではどんどんFAで出て行ってしまう。僕だけの問題じゃない。内川だって来年もあの成績を残さないと上がらない。税金も払えない」
揚げ足取りに成りますが、個人事業主の高額所得者は予定納税があるので納税に困る事は殆どないと思われる事と、ホークスの査定制度は逆に若手にはチャンスだと思いますけどネ。(もっとも2~3千万も十分に高額所得者だけど)
まぁ、斉藤和巳も以前訴えていましたが、毎年実績を上げていた選手が一年活躍しなかったからって急激な年俸ダウンは止めろって事が一番の主張なんだと思いますが。その斉藤投手は故障で一軍登板の無かった三年間で7億近く貰ってましたから、どうなんでしょうかホークスは愛が有る方と思いますけどネ。カープなら前田選手が3割打っても年俸下がりましたからネ^^;

なんとか妥協点を見つけて残留して欲しいですが、巨人愛には勝てそうにはないようです。
それにしても 杉内くんが巨人ファンだったとは…。

おまけの話
ノムさんは監督就任すると最初にミーティングで選手に言ったことは、現役を引退してからの生活の方が遙かに長い事を話し、引退後生活に困らないような人間形成を解いたと言うのが 分かる気がします。

お金の話を具体的に列記すると ヤラシイですけど^^;

杉内俊哉 年俸 推移 生涯年俸 /ネットで拾ってきました
2001年(21) ドラフト3位 契約金1億円+出来高5000万円
2002年(22) 02勝 5.93 0億1500万円
2003年(23) 10勝 3.38 0億1500万円
2004年(24) 02勝 6.90 0億5300万円 250%△
2005年(25) 18勝 2.11 0億4000万円 025%▼
2006年(26) 07勝 3.53 1億5000万円 275%△
2007年(27) 15勝 2.46 1億2000万円 020%▼
2008年(28) 10勝 2.66 1億9000万円 058%△
2009年(29) 15勝 2.36 2億3000万円 021%△
2010年(30) 16勝 3.55 3億0000万円 030%△
2011年(31) 08勝 1.94 3億5000万円 016%△

斉藤和巳(一軍登板無の三年間)
2008年(31) 2億5000万円+出来高
2009年(32) 2億円+出来高
2010年(33) 1億2000万円+出来高

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

杉内よお前もか

FA宣言したホークスの杉内投手が気持ちを聞かれて
「今はドラフト前みたいなワクワクした気持ち」と答えた
ドラフト前に同じようなコメントを聞いただけに驚きましたが、今日のスポーチ報知を読むと納得しました

杉内投手は実は巨人ファンだった。
http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20111208-OHT1T00331.htm
実は杉内、小さい頃から筋金入りの原ファンだった。09年のWBCユニホームにサインをしてもらい、今も福岡市内の自宅に飾っている。以前から「プロを志すきっかけを与えてくれた一人」と話していた。そんな憧れの存在からの直接の“入団交渉”に、心は動いたはずだ。

その退団が有力な杉内くんと球団の対立は昨年からです
http://www.nikkansports.com/baseball/professional/koukai/2011/news/p-bb-tp1-20101226-717787.html
第1回交渉では、小林至取締役(42)が録音機を持ち出したことに杉内側が激怒した。さらに、下交渉の段階で同取締役から放たれた心ない言葉が、事態をこじらせた。酒井弁護士は「具体的には言えない」としながらも「夜も眠れないくらい、言葉は悪いが、見くびられたような内容のことを言われた」と明かした。

一説によれば担当の小林取締役はある選手との交渉の第一声が選手名鑑片手に「君誰だっけ」だったとか…。
流石に杉内投手には言ってないでしょうが 一事が万事こんな感じなんでしょう。
これは猛省して欲しいが、杉内投手の引き留めに社是の変更はいかがなものかと思います
それは新査定方式の事ですが、従来の年功序列型ではなく出来高重視の査定で「成績を残せば貰える」と好意的に捉えて実際成績が向上した選手もいる訳で FAで加入した内川、細川選手はそれが交渉の決め手になったし今年はその恩恵で大幅UP出来ましたしネ。今年も帆足投手が好意的に捉えているようです。ホークスは信念を持って貫いてほしいと思いますナ

ただ話は新査定方式の事以外の事かもと思ってきました

杉内、仰天交渉!巨人に終身雇用迫る
http://www.sanspo.com/baseball/news/111209/bsl1112090506002-n2.htm
「杉内には45歳までやって、250勝するという目標がある。この4年間で終わるよ、というのは忍びない。野球人生を巨人で全うできる環境、そういう覚悟がわかるように示してほしい」
「本人はここで権利を行使するからには、残りの野球人生全てを巨人に捧げるつもりでいる」

流石にここまでは読売も呑まないだろうから 残留の目も出て来たかな

おまけの話
昨年親会社を皮肉って「新規に優しい」なんて怒りにまかせて発言しましたが、本来ならコンプライアンスに抵触しかねない発言ですので、杉内くんの実績が黙らせたのでは感じました。
あと、まことしやかに囁かれているのは
日ハムが菅野くんを特攻指名したのは、菅野取れず先発の計算狂った読売がFAで杉内そしてホールトン強奪敢行し、競争相手の今年ブッチギリで強かったホークス弱体化に成功 まさかネ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

干された騎手

日本で一番有名なJRA(中央競馬)の騎手と言えば武豊ジョッキーだと思いますが。
その武豊Jが現在 不遇な状況です(しかも露骨)
現在の中央競馬の繁栄の功労者の一人だと思うのですが。
有り体に言うと、あの社台グループ(キャロット含む)が怪我から復帰した夏以降騎乗依頼を出していません。
う~んどうしてなんだろう。
某巨大掲示板では春の天皇賞でローズキングダムが掛かって大敗した事でオーナーが激怒した事が有力だそうですが、
そんなこと良く有る事だし それに調教師にも責任ある事だしネ
そんな事でグループあげて干したりするでしょうかネ
私なりに推測するとあの事件しか無いでしょう

http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/06/27/0004215523.shtml
JRAは27日、平成23年第1回関西定例記者会見を行い、ダグラス・ホワイト騎手=香港、クリストフ・スミヨン騎手=フランス=に、今年の短期免許を交付しないことを発表した。 昨年12月に行われた免許試験委員会で「外国人の短期免許騎手で、(1)暦年の免許期間中に騎乗停止2回以上、(2)制裁点数30点超過した者には、次年度免許を交付しない」と合意され、10年の騎乗実績により今年から適用されている。昨年、騎乗停止2回のホワイトは(1)に、スミヨンはJCでの騎乗停止1回だったが、制裁点数が39点と(2)に該当するもの。

外国産種牡馬以外にも多数の外国人騎手来日させていますからネ
騎手会長だった武豊Jが中心になった事は容易に想像できますし、恨んでも不思議じゃないでしょうか。
でもまぁ素人目にも去年のジャパンカップは酷かったと思いますよ。ワザとやってると言われれば納得できるほどTVの映像でも分かりましたしネ

そんな中 武豊Jの連続G1勝利も23年で止まるかと思われましたが、阪神JF出走予定のサウンドオブハートの主戦松岡Jの怪我で武豊Jに松山調教師が白羽の矢を立てたようです

頑張れ武豊!

おまけの話
武豊TV(CSの番組)で「ディープインパクト以外ではどの馬に乗りたいか?」という質問に ミスターシービーと言ったそうです。そのミスターシービーを管理していたのが松山調教師です。
漢やなぁ

因みに 他にもこの武豊Jの窮地に手を差し伸べている調教師や馬主も多いです
(金子さんをはじめメイショーとかナリタ他)

以下制裁の詳細をネットで拾ってきました

ホワイト(身元引き受け人・吉田勝己、池江泰寿)
スミヨン(身元引き受け人・吉田勝己、池江泰寿)

11月20日 土曜日 東京3R
ロジッツェル号の騎手C.スミヨンは,向正面で外側に斜行したことについて戒告。 1点
(13番・16番・14番・10番への進路影響)

11月21日 日曜日 京都2R
インペリアルピサ号の騎手C.スミヨンは,最後の直線コースで十分な間隔がないのに先行馬を 内側から追い抜いたことについて過怠金30,000円。 3点
(12番・6番への進路影響)

京都10R
キタサンアミーゴ号の騎手C.スミヨンは,1コーナーで外側に斜行したことについて過怠金10,000円。 2点
(2番への進路影響)

11/27(土)制裁・出来事
10R=オオトリオウジャ号の騎手C.スミヨンは,発走後まもなく十分な間隔がないのに 先行馬を内側から追い抜いたことについて過怠金30000円。(11番への進路影響)

11/28(日)制裁・出来事
3R=キーフォース号の騎手C.スミヨンは,4コーナーで内側に斜行したことについて 過怠金70,000円。(13番への進路影響)
10R=ブエナビスタ号の騎手C.スミヨンは,最後の直線コースで急に内側に斜行した ことについて12月4日から12月12日まで騎乗停止。

12/18(土)制裁 中山11R
サダムパテック号の騎手C.スミヨンは,向正面で外側に斜行したことについて過怠金10000円。 (16番への進路影響)

12/26(日)制裁 中山3R
インナージョイ号の騎手C.スミヨンは,4コーナーで外側に斜行したことについて過怠金70,000円

11位  スミヨン     39点 (制裁回数8回・騎乗停止4日間・再教育?1回)
スミヨンは実働10日(5週間)で制裁8回、制裁点39

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

乃木と児玉

「世界で通用する松山」と言う記事を見つけたので、「坂の上の雲」も世界デビューかと思ったら、ゴルフの松山英樹選手の事だったです。因みに記事は体格(180cm、85kg)が良い事と大学在学中のプロ転向は考えない事が体格差とプロ転向が早かった石川遼くんより将来性が有るという事でした。まぁお父上が銭ゲバステージパパのイメージですからネ^^;

さて、NHKの坂に上の雲の第三部が昨日から始りました。
いよいよ超陰惨な旅順攻略そして来週が二百三高地ですネ。
まぁ基本的に司馬遼太郎が伊地知幸介を無能に描きすぎているとは思いますが昨日は「山はしにますか♪」の世界でしたネ
因みにネタバレに成りますが、児玉桃太郎(失礼源太郎)が乃木希典大将の指揮権に介入し、作戦を成功に導いたと一般に理解されていますが、この資料や記録が“坂の上の雲”以外には見られないので、逆に司馬遼太郎の創作説が根強いですネ
一方、秋山好古兄さん(阿部寛)率いる騎兵隊の健闘で遼陽会戦は日本軍が敵将のクロパトキンを撤退させますので、結果勝利なんですが、クロパトキンが曲者で撤退の前に各国主要紙の特派員を集つめて記者会見を開き、敗退ではなく、戦略的撤退だからと根回ししたので、結局ロイターが勝敗を決めるのか とTVを前に突っ込んだ人もいるのではないでしょうかネ^^;
う~ん、逆に日本も勝利宣言会見なんか開けば良かったのではと感じますが。まぁ(日本が記者会見を予告しても)集まらないのかも知れませんが。
ぶら下がりでも良いのに^^;

おまけの話
イギリスで足を棒にして日本の戦時公債を売り歩く高橋是清先生(西田敏行)が上手かったですネ
当時おそらく動物同等の東洋の黄色人種の話なんか真面に聞く人はいなかったんですが、
そんな時、後に旭日大綬章を受ける(帝政ロシア打倒を掲げる)ジェイコブシフが公債引き受けをしてくれます。
まぁ名前からしてユダヤ系ですネ。
あとロスチャイルドが(融資を)断ったとありますが、実はシフを紹介したのはロスチャイルドらしいんですよネ。
因みにWikによると日本は戦争に勝ったがロシアから賠償金を獲得できず、ジェイコブシフに金利を払い続けた為に、「日露戦争で最も利益を得たのはジェイコブシフ」と言われているそうです。
日本から最高勲章貰うほど感謝され 大儲けまでするユダヤは凄いですナ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

去る者は追わず 来る者は拒まず

全チーム勝ち越し、交流戦も優勝、鬼門だったプレーオフも全勝優勝。しかもチーム成績では打率、得点、防御率、失点最少とすべての成績で一位での完全優勝で、さぁこれからホークスの黄金時代が来たな と思っていたら、黄金年で終わりそうですナ
チームの柱だった両左腕エースと最多勝の助っ人に全試合フルイニング出場でムードメーカーで通算打率294の一番打者がFA流出してしまいます。今年88勝のうち43勝が消える事に成ります。(トホオ…)

でもまぁこの制度(FA)のおかげで今年は内川選手や細川選手が来てくれたわけですからネ。
逆も起きてしまう訳ですけど。
昔孫さんが城島がメジャー挑戦した時、FAで取られたらこちらもメジャーから取れば良い なんて心強い事言ってくれましたが、メジャーも選手不足なので なかなかネ^^;
ホールトンは今年ちょっと勝ち運が神がかっていたイメージなのでネ。しかも今年は他球団が羨むぐらい先発投手が余っていましたからネ、例えば山田、岩崎、大場、大隣が交代で投げていましたから、頭数は揃うんですけど。
ただ 数字以上にネ、格になれるか と言えばちょっと摂津投手だけではしんどいなぁと。
和田くんとホールトンだけなら西武から帆足投手をFAで獲得できれば何とかなるかなぁと思っていましたが、杉内くんまで出ると正直ちょっとキツイです。杉内くんについては長くなりそうなので割愛しますが。

それにしても 今年はベテラン、中堅、若手とバランスのとれた戦力だなぁと思っていたのですが、
円熟期を迎え、さぁこれからって時にFAで出ていくのですから 黄金期を作って連覇をなんて時代では今はもう無いのですネ
しかし そんなに巨人やメジャーが良いかなぁ 
あっ、彼はイチローか

おまけの話
何処かの人達とは違って 口は出さないが金は出す孫オーナーが、球団会長でGMの王さんに「補強の為の資金はいくらでも用意しますので いくらでも言って下さい」と申し出たそうですが、王さんは「そんなことをしたら、球界のバランスが崩れます」と丁重にお断りしたそうです。
う~ん正論だけど…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »