« 金総書記はもっと前に死んでいたそうですね | トップページ | 平安末期は温暖化だったらしい »

2011年12月23日 (金)

野だめ宣言

小沢裁判は検察官役の弁護士の苦戦が続いて立件すらできていない状況だそうですネ
それでも裁判は継続されています。大新聞とTV局あげての微罪の追求は税金の無駄使いですナ。
ただ、江川紹子さんも指摘していましたが、この裁判を通じて東京地検特捜部の取調べの問題点が浮き彫りになっているので、その点は大変意義のある裁判になったのかなぁ と最近は思うようになりました。

さて、世界から非難されている野田総理の福島第1原発の「収束宣言」ですが
しかも なんとなく風化された感がある原発報道ですが、微罪の小沢を追求するパワーを原発にも向けて欲しいと思いますネ

その冷温停止ですが、なんと最も損傷の激しかった1号機では、原子炉格納容器の底部の厚さ1.02メートルあるコンクリートを、最大65センチ溶かしているとの分析結果を発表しているのご存知ですか。
65cm溶かし、後35cm手前で止まっているとの事ですが、レントゲンなどで調べた訳ではないそうなので、
実際はもっと侵食している可能性もあるとか。

「終息」…事がおわって、おさまること 「収束」…おさまりをつけること。おさまりがつくこと(広辞苑)

終息でない事を肝に銘じなければなりません。

おまけの話
しかし 運が良かったんですね^^;

首都避難の恐れ、偶然重なり回避
http://mainichi.jp/select/opinion/eye/news/20111222k0000m070118000c.html
最多の1535本(460トン)を保管する4号機の使用済み核燃料プールは沸騰。溶融すれば最悪の場合、首都圏の3000万人が避難を強いられる事態が目前だった。だが空だき直前、4号機内で起きた水素爆発の衝撃で核燃料プール横の別なプールの水が偶然、核燃料プールに流れ込み危機を免れた。

|

« 金総書記はもっと前に死んでいたそうですね | トップページ | 平安末期は温暖化だったらしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、相変わらず寒い日が続く横浜です。

カミサンの父親の葬儀もなんとか終わり、溜まってしまった仕事に追われ久々に忙しいです。

原発事故は奇跡的に最悪の事態を免れたようですね(それでも大変なことになりましたが)首都避難となっていたら私も今頃は、、
なんて考えるとゾットします。

投稿: JOHN | 2011年12月24日 (土) 10時36分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
寒いですね、ついこの前まで暑いですねと言っていたのがウソのようです。

お疲れ様でした。
お力をお落としのことと存じますが、どうぞお気を強くお持ちになり、くれぐれもご自愛下さい

原発問題は正にご指摘の通りで、偶然がなければとゾッとします
小沢さんが指摘している様に東電に丸投げしないで 政府がもっと先頭に立って命がけで取り組んで欲しいものです。
それにしても東電社長の「電気料金の値上げは東電の権利」
発言は開いた口が開いたままですね^^;

投稿: 45net | 2011年12月24日 (土) 11時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野だめ宣言:

« 金総書記はもっと前に死んでいたそうですね | トップページ | 平安末期は温暖化だったらしい »