« 広島刑務所 工事中 | トップページ | 日本の農業のマジック »

2012年1月16日 (月)

ラボの営業力

私が大変お世話に成っている歯科医院が築50年前後の古く手狭な社屋だったので、この度新しく建て替え移転されたのですが、
およそ田舎の歯科医院には考えられないほど広くモダンな病院に成りました。
田舎では珍しくリニューアルオープン前に内覧会を(2日間も)開催されたので、本来なら駆け付けお手伝いをしなければ成らないのですが 一日は急ぎの仕事(因みにその医院)一日はどうしても用事があった為、その事(不義理)を院長に詫び花を贈っただけの事が未だに悔やまれています。

さて、その現実離れした医院に入っているラボは私を含めて5件で それぞれ内覧会の対応は様々で
そつなく社長がお祝い持参で駆け付けた所。
専務理事に喰らいついてどんな無理も聞く所。
(まるで、将を射んと欲すればまず馬を射よ か)
二十数年前から社長の思考の止まっている所。
(噂では、内覧会なんかして誰が来るの?なんであんな広い所で作るの?何故あんなにスタッフ雇うの?と呟いているそうで歯科医院は今でも楽に儲けれると勘違いしているそうです。まぁ仕事は出来る男なんですが)
ただ何よりビックリするのは16日になるのに挨拶すら来ていない所があるそうです。
う~ん、この自信はどこから来るのか。スタッフに聞けば腕は普通で値段も高いそうで、院長の(設計)要求もあまり聞けないそうです。おそらく院長はラボで昔から苦労されたので、関係を切りたく無いから週1~2ケースのペースで発注しているだけと思うのですが。因みにそこは自分の行きやすい営業ルートや時間を変更しないそうで、来る時間帯は絶対会えない時間帯と解っていても(いつも営業で来る時間は)変わらないそうです(営業ルートを若干変更する事ぐらい出来ないとは思いませんが)まぁ それは内覧会の対応以前の問題ですけどネ^^;
二十数年前に思考の止まったところもそうですが、人間安定すると怖いですナ
娘の塾の先生との面接で言われた事の受け売りですが、

“人間気付いた者勝ち”だとつくづく思います。

まぁ、私も人のことを心配している場合では無いのですが^^;

|

« 広島刑務所 工事中 | トップページ | 日本の農業のマジック »

医療」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、相変わらず寒い日が続いてる横浜です、仕事も暇コイテルし自宅にいてもカミサンの視線がコワイので仕事場でマンガ読んだりネットみたりしてブラブラしてる毎日です。

ラボの営業は難しいですね、なにせ相手が一国一城の方々ばかりで社会通念に疎い?方も多い(まあ我儘なんですが)
私なども何度泣かされたコトか(涙)
私の場合技術もないし料金もソコソコの営業なので必然的に「相性」で受注しているような感じです、当然新規のお得意は取れず古くからの歯科医だけが残ってナントカ食いつないでいます、そしてコノ古い歯科医の高齢化が差し迫った問題になっています。
何軒かは息子を歯科医にしている歯科医もいるのですが、代替わりするとジジイの私には仕事が廻ってこなくなったりして、、、
目下真剣に自分の老後をかんがえています、少ない国民年金と少しばかりの貯えを併せても後10万円くらいナントカしたい。
現在のペースなら営業経費を差し引いて10万円くらい残すのは容易いなのですが、お得意サンの廃業やら自分の高齢化等を併せ考えるとナントモ不安がイッパイです、
さりとて60歳を過ぎると転職なんて絶対ありえないし、スーパーマーケットの掃除とか、道路工事の交通整理ぐらいかな?なんて思っています。

くだらない愚痴になってしまいましたが「アリとキリギリス」の例えのように若い頃もっとシッカリやっておけばと後悔しています。

まあどのようになろうとも「健康が1番」
明るく元気に暮らしていけるよう努力するのみです。

投稿: JOHN | 2012年1月17日 (火) 10時48分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも昨日までの寒さからちょっと一息つける暖かさです。

ご指摘の通りで歯科医はそういう人が多いですね、
ただ、技工士も同じ様に常識のベクトルが違う輩が多いように感じます。
嫁さんに言わせると私もそうらしいのですが^^;

最近思うのが、歯科医院でこんなもの使わないだろう(使い切れない物、そこまでのものは不要)と思われる高額歯科機器(数百万クラス)の物を結構(しかも複数)見かけます。
メーカーの頑張りも有るでしょうが、ひとえに歯科商店さんの営業力だと感心いたします。
そんな光景を目の当たりにすると、技工所も歯科医院と直取引ではなく 間に入る商店さんのような営業専門さんが入った方が良かったのかなぁと感じます。
もっとも、現在も生息する大手ラボの営業上がりの営業ラボ(思考の30年以上止まった)では駄目ですけどね^^;

老後ですが、サラリーマンの友人からは「お前は良いよ死ぬまで働けるから」とよく言われます
年金支給開始年齢が私たちの時代は70ぐらいに引き上げられそうですからサラリーマンは退職後10年近く未収入に成る可能性を憂いての嘆きなんですが。
ただ、それもこれも第一に健康と難しい歯科医師と上手く付き合っての事なんですけどね…。

投稿: 45net | 2012年1月17日 (火) 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラボの営業力:

« 広島刑務所 工事中 | トップページ | 日本の農業のマジック »