« 龍が飛ぶ | トップページ | これからの20年 »

2012年1月30日 (月)

1日2食健康法

現代栄養学の常識として、朝食を抜くと脳にぶどう糖が行き渡らなくなり思考や活動に影響が出ると言われていますが、
医師の甲田光雄氏は朝食を抜くことを進めています
http://www.2shock.net/article/0012.html

纏めると、食事をして胃の中の物が空に成るのが18時間掛かるので、空に成る前に食事をすると腸の中に宿便がいっぱい溜り病気を引き起こす可能性が高くなる と、それを医師としての長年の臨床で感じたと書かれています。
さらに、空腹時に身が軽く気分が爽快であるのが健康なしるしで、空腹時に脱力感がでたり頭がフラフラしたら異常だと書かれているそうです。

朝は食べないと元気が出ないからと無理やり食べている人も多いと思います。
また、なんとなく昼が来たからルーティーンでお腹がさほど空いてないのに昼食を食べてる人って多いのではないでしょうかネ

まぁ、個人差が有るのですべての人に当て嵌まるとは思いませんので、徐々に取り入れる事をお勧めしますが、
私は週に5日は 一日2食を5年続けています。
(朝はヨーグルトだけ)
昼を抜くと昼休みの1時間~1時間半の時間に余裕が出来、仕事の能率が上がりますしネ
何より体が軽く健康になりました。

以前当ブログで飢餓状態を作ってサーチュイン遺伝子を発動させれば健康長寿が出来るらしいと紹介しましたが、
やっぱりお腹一杯食べて良い事なんか無いんですナ

http://45net.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-3aa5.html

おまけの話
食事を一日1回抜くなんて 3日で慣れますので、さほど辛い事でもありません。
3食を毎日20%削る方が辛いと思います。
戦のなくなった江戸時代の元禄以降に一日3食が浸透したそうで、食文化は生活に余裕が出てきてから発展したようですネ

|

« 龍が飛ぶ | トップページ | これからの20年 »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、このところ毎朝の営業で「今年は寒いですね~」が合言葉になった横浜です。
お昼になると日差しが出て少しは暖かくなるのですが、、、
東北や北海道に住まわれている方々に比べれば文句なんていってられないのですが、雪が積もるようなコトが無いことを祈るばかりです。

私も、もう10年くらい昼飯ヌキです、朝は紅茶と林檎(好きなんです)くらいで済ませています、たまに食卓に美味しそうなモノがあると食べてしまいますが、今のところ昼飯ヌキの弊害はなさそうです、子供達が学校に通っていた頃は私にも「弁当」を作ってくれたのですが、下の娘が高校に通うようになって学食で昼食を取るようになってからは私の為にだけの弁当作りは廃止されました、お腹がイッパイになると仕事にも差し障りが出るし眠くもなりますからね、晩飯も仕事が終わってからなので9時とか10時頃になります、晩飯のオカズで一っパイ飲んで缶ビール(350ml)と日本酒を1合(2合が多いかな?)で気持ちよくなりそまま寝てしまうというパターンです。
お米のご飯は週に2回くらいしか食べませんが~ッ、痩せません。
まあそんなに太ってはいないのですが腹回りの肉はシッカリついています(慎重170センチ体重63キロウエスト85センチ)
体重はもう減らなくてヨイからウエストをナントカしたいと思っています。

オマケの話>>横浜市の中学校は「給食」がありません、皆弁当持参か学校内でパンをかったりします、コレって案外珍しいようです。
当然生徒の母親には評判ヨクないです。

投稿: JOHN | 2012年1月31日 (火) 11時30分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも寒いですが良く晴れていますので辛い感じではないです
木曜の未明ぐらいから今S最強の寒波がまた来るそうですが

昼食抜きですが、私はまだ6年ぐらいなので 効果はこれからだと思いますが、
あと5キロは落としたいと思っています。(177㎝77㎏)
やはり食べてすぐ寝るとダイエットもそうですが、良い睡眠がとれないと聞きましたが、不規則になるのは職業病の様なものですね
私は6時か7時に一旦終わって、8時か9時に再開します。
その後未明頃風呂に入って就寝ってパターンが定着しましたネ

私の時代は(昭和40年代)は中学校は給食じゃありませんでしたから娘が給食なので逆に驚きましたけど、嫁さんには好評でした
無いと当然評判は悪くなるのでしょうね^^;

投稿: 45net | 2012年1月31日 (火) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1日2食健康法:

« 龍が飛ぶ | トップページ | これからの20年 »