« 東京マラソンの気に成る話 | トップページ | 円高の悲劇 »

2012年3月 7日 (水)

春一番は吹きましたが

春一番が吹いた昨日の夜の日米合同演習煩かったです。まぁ私は残業中だったので影響はないのですがネ
イラン情勢が緊迫してきたのかと驚きましたが、予定の演習だったようです。それはそれで問題なんですが。

さて、リーマン・ショック以来落ち込んでいた企業採用が増加に転じたそうです

大卒採用企業、4年ぶりに増加
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2012030601001796/1.htm
まぁ、文系で5P、理系で3P、高卒2Pと大きな増加ではありませんが、緩やかでも改善されているのかと明るい気持ちに成れます。

だた昨日岡田総理いや副総理が13年度の国家公務員の新規採用数を4割削減の方針を実行すると発表しました
因みに人数は3500人少ない約5000人になる見通し
その岡田克也副総理は3月6日閣議後の囲み取材で

「公務員の場合は一定の身分保障がありますから、途中で辞めていただくということがより難しいので、やっぱり採用で抑えるしかない」
「大胆に、少し乱暴にやらせていただく」

記者から「新規採用を減らすというのは 若い人の雇用を減らすこと 中高年をカットして若年層を守る考え方もあるのでは?」という声があがると

「公務員の削減は難しい。民間でも業績が悪ければ、まず採用を抑制するのは普通」

う~ん、どうなんでしょう、役場に行けば若い人は机に向かって黙々と仕事をしているのをよく見ますが、どこの部署でもオジサン達はブラブラしている人や酷いのは数人でたむろしているのをしょっちゅう見ますがネ
そんな人ほど給料高いんだろうから、企業は削ると思いますよ
大阪の橋下さんは公務員は身分になっていると主張し 改革しようと考えているのに、現政府は安易な道を選んでいるように感じますネ

おまけの話
今回の削減はつまるところ 定年60歳から65歳にした歪みなんでしょうナ
やっぱり年金問題をおろそかにしたつけだと。
消費税増税論は益々膨張するんでしょうネ

|

« 東京マラソンの気に成る話 | トップページ | 円高の悲劇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、曇り空で昨日とは打って変わった寒さの戻ってきた横浜です、これも「三寒四温」春に向かってる証拠と思い過ごしています

公務員の給料削減もありますが、国会議員の定数削減及び歳費削減はどうなっているのでしょうか、大阪の橋下知事のような思い切った削減を望みたいトコロです

投稿: JOHN | 2012年3月 8日 (木) 09時27分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも天気が悪いせいか、気温の上昇程の暖かさは感じませんが、鼻が詰まらなくなったので楽に成りました。
ただ週末は寒の戻りだそうで、まさに「三寒四温」ですね。
気象協会は寒の戻りと表現していましたが、春がまだ来ていないのにその表現はどうかと思いますが^^;

ご指摘のように国会議員の定数削減及び歳費削減 これを大胆にやってほしいですね!
ただ、(赤字国債に比べると)たいした金額に成らないんですが^^;
橋下さんが言った様な参議院の廃止(彼の主張は歳費の削減だけの意味じゃないですが)ぐらいでないと駄目でしょうね

投稿: 45net | 2012年3月 8日 (木) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春一番は吹きましたが:

« 東京マラソンの気に成る話 | トップページ | 円高の悲劇 »