« デマだと言うデマ | トップページ | 無罪判決と玉虫色判決文 »

2012年4月25日 (水)

石の上にも三年

昔から下手な者が道具や材料のせいにするのを戒めた言葉に「弘法は筆を選ばず」があります。
能書家の弘法大師はどんな筆であっても立派に書くことから、その道の名人や達人と呼ばれるような人は、道具や材料のことをとやかく言わず、見事に使いこなすということから生まれた言葉ですが。

「1―0、2―1の試合が多い。ファンはどう思うのか」
日本プロ野球選手会(新井貴浩会長/阪神)が低反発の統一球について、見直しを要望したそうです

減った本塁打、統一球見直しを…プロ野球選手会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00001060-yom-base
昨季はセ、パ両リーグの本塁打数が前年比で約4割減となり、今季も無得点が目立つ。新井会長は「『このままでいいのか』という意見が多数。投手からもそういう声を聞いている」と話した。

まず、ファンの為と言っているのがねぇ^^;
落合氏は「統一球飛ばないというその言葉にやられた。 それは逃げ」 と言い「統一球が飛ばないんじゃなく、対応出来ないバッターの技術不足」とバッサリでした。
また、王貞治球団会長は「統一球を何とかしようとするチャレンジ精神がほしいね。人間は工夫してやることができるんだから」
う~ん、この二人の天才ならなんとか対応できるよ という声が聞こえて来そうですけど、
ただ1,2年で変更はねぇ、せめて3年は見てみたい気がしますが
今年ホークスに入団したペーニャの飛距離と打球の速さを見れば道具ではないとも感じる所は確かに有ります。

まぁ ダル、松坂、和田、岩隈等エース級がいなくなったのに防御率1点台や0点台の投手が続出してるのは 確かに違和感がありますネ。そこまでの投手ではないだろう と

統一球の検証要求=プロ野球選手会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000109-jij-spo
選手会は昨年から導入された統一球について検証するよう要求した。

なんと、これほど大きな変化をしたのに関わらず、NPB(日本野球機構)が検証していなかったとは こっちはこっちで驚きですナ
3月にメジャー球団と交流戦を行った巨人、阪神の選手からは「メジャー球のほうが飛ぶ」という意見まで出ていたと新井会長も指摘したように、マリナーズのメジャーリーガーも同様の意見を言っていたらしいので、NPB(日本野球機構)は検証する必要は有ると思います。

おまけの話
M.B.P.(ポーセレン焼付冠の差し歯)の製作時の陶材の筆盛りに使う筆は高級品(テンの毛等)を使う方が作業しやすいのは確かな事で^^;
冒頭の弘法大師の言葉に「弘法筆を選ぶ」の解釈もある訳ですが…。

統一球/WBCなどの国際大会使用球との違和感と、10年まで使用された公式球の「飛びすぎる」批判を解消するため、加藤コミッショナーが提案し、11年からミズノ社製の統一球を使用している。中心のコルクを覆うゴム材を低反発素材に変更し、反発係数をより低く抑えた。表面の牛革は国産から中国産に変更。縫い目の幅は1ミリ広く、高さは0・2ミリ低くなり、米大リーグやWBCの使用球である米ローリングス社製に近づけた。

|

« デマだと言うデマ | トップページ | 無罪判決と玉虫色判決文 »

野球」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、シトシトと春雨の降る横浜です、もう寒くはなく少し動くと蒸して汗をかくような感じです、イヤ~もう春本番になりましたね

野球のボールもそのうち「世界統一球」なんてコトになるのでしょうか
しかしやはり飛距離はバッターの力量の差のような気がしますが、、、
まあ確かに道具の差ってのはありますがね

ちなみに私はポーセレン築盛時には安いナイロン毛の筆を使用しています、1本5~600円の品で穂先がすり減ると惜しげなく捨てられるからなのですが、私はパウダーを陶器製の表面がザラついたパレット(陶材が乾かない)を使用しているのですり減り方が早いもんでコレになりました

さてさて税務調査の顛末ですが45netサンはコレってご存知ですか?http://gungi.365blog.jp/e109196.html
私のラボも平成元年に(バブリーな頃でした)税理士の勧めで有限会社(懐かしい)にしたのですが以來ズ~ット領収書の印紙はいらないものと思っていました、この度税務署に指摘され初めて知りました、結果過去3年分の印紙税として約3万円ほどの追加納税を勧告されました、悪質とみなされると3倍の加算がされるとか、、、
まあ20年以上も印紙税を免れていたのだから3年分で済めば安いものなのかもしれませんが。

投稿: JOHN | 2012年4月26日 (木) 10時37分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも昨日からの雨で 少し肌寒い感じです。

ボール問題ですが、以前もブログで愚痴った と思いますが、反発係数の問題は良いとしても、世界基準に合わせるために 品質を落とすというのは どうも納得できませんね。世界の低レベルのボールを日本の良いボールに近づけるように誘導して欲しいと思います。
また、飛距離については ご指摘のように技量の問題だと私も思います。昔はもっと飛ばないボールだった訳ですからね。

印紙の件、逆に私は知らずに個人時代も貼っていました。勉強に成りました^^;
私は17年前に税理士の先生に唆された口ですが^^;現在は振り込みで、手数料の中に印紙税代は含まれますから 考えてもいませんでした^^;
それにしても税務署って細かい所を突いてくるんですね

ポーセレン築盛時の筆ですが、同じ理由で学生時代から修業時代までナイロンで通していましたが、独立した時 歯科商店の人に唆されて(テンの毛を)使い始めたら、使いやすさに離れられなくなりました^^;(やられました)
まぁ、田舎は需要が少ないので1本で10年は持ちますが…。

投稿: 45net | 2012年4月26日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石の上にも三年:

« デマだと言うデマ | トップページ | 無罪判決と玉虫色判決文 »