« 東京が尖閣諸島を守ります | トップページ | デマだと言うデマ »

2012年4月20日 (金)

身の丈論

先日ラジオで武田鉄也さんが哲学者の内田樹氏と会っ時の事を話されていました。
最近の流行歌の歌詞の風潮の変化で、「私」が偉くなった事に危機意識を持っていると。例えば、ナンバーワンよりオンリーワン、心配ないからね、大丈夫、がんばらなくていい。
昔だったら、わたし馬鹿よね、お馬鹿さんよね のように自虐してわらっていたのに と。う~ん言われてみて気が付きました。

  さて ちょっと前の話ですが、娘の高校で4月1日に昨年まで担任のK先生が転勤するとの情報が回り 娘をはじめ皆が喜んだそうですが、エイプリルフールだった事が判明して 一斉に落胆したとか。
そのK先生は今年からは担任を外れ副担任に回ったそうです。自ら身を引いたのか、苦情が出て退いたのかは分からないのですが、そんなエイプリルフールのネタにされるくらい 嫌われていたのは確かなようです。
どんな先生だったかというと、厳しくズバズバ生徒に物申す先生と言う印象です。一年生の5月の懇談までに進路(希望大学の学部まで)を決めなければならなかったのでけど、流石にまだ早いだろう という印象は持ちました。まぁ、今の時期しか夢は持てないだろうから娘には好きな所を書けとアドバイスしましたが、その先生は娘に「絶対ムリムリ」「現実を見ろ」と一喝し親にも同様だったです。まぁ、その通りではあったのですが、1年の時ぐらい夢を見させてやれば と思っていましたが、
内田樹氏は著書の中で子供に一番言ってはいけに事は無責任なビジョンを与える事と書かれています
例えば「君たちには無限の可能性がある。」とつい言ってしまいます。
しかし現実にはあれかこれの中からしか選べない訳で、「君」には無限の可能性があるが、「可能性」のほうは無限にはない という事ですネ^^;
そう考えるとK先生が生徒の事を良く考えた良い先生ではないのか と思いましたが、
ただ“オンリーワン”で“がんばらなくていい” 世の中では 受け入れられないでしょうかネ

https://twitter.com/#!/45net

おまけの話
武田鉄矢さんが子どものころ、親たちは言ったそうです「身のほどを知れ、身の丈をわきまえろ。」とそんな話を嫁さんと話していたら
「あの先生(が嫌われているの)は言い方や先生の態度も有るんじゃないかしら」
そういう事か…。

*内田 樹(うちだ たつる、1950年9月30日 - )日本の思想家、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。

|

« 東京が尖閣諸島を守ります | トップページ | デマだと言うデマ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、天気はヨイものの少し風が冷たく「薄ら寒い」横浜です、桜の花も散り始めいよいよ春本番となるのでしょうか

最近の流行歌の話ですが、私は若い女性歌手が歌詞の中で男性を「君」と歌っているのが時代を感じます、昔は「アナタ」とか「実名?」ばかりのような気がします、君だと男女の判別がつかないというか元々君と言う言葉は男性が使う言葉のように思っていました。
男女同権の現れなのでしょうか

以前にも書いたかもしれませんが私の小中高生時代の教師は皆戦争経験者で(当然か)兵隊に行っておられた教師も少なくなく軍隊式の教育を実践していた教師も多かったです、しかし私の両親は厳しいのはヨイことだと思っていて(私が不甲斐ないからか?)学校で教師に怒られると「お前が悪い!」で済まされてしまいました、まあ当時は教師の性犯罪とか警官の犯罪等は全くナイ(公表されない)時代でしたが

翻って私の子供たちの教師はと言うと、、、
私はヨク覚えていません、仕事仕事仕事の明け暮れで寝る暇も無かった頃でした、子供のことは全てカミさん任せで、入学式と卒業式に参加したぐらいでした

どういった教育のあり方、教師がヨイのか?
時代と共に変化するのではないでしょうか、変わらないものがあるとすれば「情熱と真心」少し胡散臭いですが教師に限らず必要な理想だと思います

45netサンのお嬢さんは元気に高校生活をすごしてらっしゃるようですね
私の娘(26歳独身、彼氏いない歴26年、末っ子、我儘、趣味漫画、ヨク寝る)は今年の頭から会社内で部署が変わり、新しい業務に中々慣れず悪戦苦闘の毎日のようです、家では会社の話をあまりしないのですが、カミさん曰く「大分疲れているみたい」だとか、現在の就職難では転職もままならず悶々としているようです、父親としてできること等ナイので見守っているだけなのですが、子供も大きくなると難しいです。

投稿: JOHN | 2012年4月21日 (土) 12時33分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは予報通りに朝から雨ですが、気温は高く 暑い感じです。冷房入れるほどではありませんが。

ご指摘のように、最近は夫婦もパートナーって感じですね。
言われてみれば あなたとか主人とか聞いた事ありませんね、酷いのは同居人なんて呼ばれています。
また、武田鉄也氏も同じような話をされていました
教師のやさしい嘘と、親の現実の言葉に挟まれ、子は学び、矛盾があるから人は学ぶと話されていました。
あと、私もかつて聖職と言われた教師の犯罪の多さに驚いています。機会が有れば愚痴ってみたいと思っています。

私の娘も彼氏いない歴16年ですネ。嫁さん曰く 性格がきついので 多分(今後も)無理だろう との事です。
まぁ今の所その方が良いのですが^^;

投稿: 45net | 2012年4月21日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身の丈論:

« 東京が尖閣諸島を守ります | トップページ | デマだと言うデマ »