« 若手の力 | トップページ | オリンピック論 »

2012年4月11日 (水)

イメージダウン戦略

ついこの前まで白黒の黒い方の霊能者洗脳騒ぎで持ち切りだった芸能界が今はそんな事は無かった様に今度は小林幸子さんの旦那洗脳??事務所幹部解任騒動で持ち切りですナ。
芸能界って次から次へと話題が出てくるものだと感じます。
十才も年下の医療関係会社社長の旦那さんは芸能界の事情に詳しいのかどうかは知りませんが、今回の騒動は帳簿をチェックして細かく文句を言ったのが発端らしいですナ。ただ、小林幸子のイメージダウンによる損失は 帳簿の精査(長年苦労して小林幸子を育て上げた功労者を踏みにじって捻出)した節約でそろばん勘定が合うとは思えませんがネ

 さて、週刊ポストによると総務省政治資金課が驚愕の発表をしたそうですネ

「一時的に用立てる借受金などは政治資金収支報告書に記載する必要はない」

はぁ?そうなると小沢事務所は、そもそも4億円を報告する義務はなかったことになりますよ 記者クラブマスコミの皆さん!

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei16_02000013.html

まぁ、最初から米国や検察、マスコミによるイメージダウン戦略で本質は微罪(形式犯)だとは思ってましたけど
そもそも現金があるのに、わざわざ同額の銀行融資を受け銀行借り入れに切り替えたのはおかしいとの指摘について
商売(事業)やってる人なら誰しも思っている事と思いますが、いくら手元に資金が有っても設備や社屋作るのに手元の資金で作りますかね、一部なら有るでしょうけど 普通は借入すると思うのですがネ
私の所の様な零細で売り上げ右下下がりでも取引のある銀行の渉外くんは貯金そのままで借入してと言ってきますけどね
政治資金での土地購入なんて、イギリス等の政治家は良くやっている事らしいし、自民党の大物政治家の町村事務所なんかも土地購入しているそうですけど。
言い出せはキリが有りません

検察はまた言うんでしょうね
“だから 我々は起訴しなかったんだ”と

https://twitter.com/#!/45net

おまけの話
小沢騒動が無ければ 鳩山首相も無かった訳で今回 元首相等の肩書でイランに行ってイラン外交もイランかった訳です って私が訳が分からなくなった^^;

|

« 若手の力 | トップページ | オリンピック論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、昨日の雨が嘘のように晴れ渡た春爛漫の横浜です、吹く風も暖かくなり散り始めた桜の花びらが舞っています、週末には又天気が崩れるとか「お花見」も今週いっぱいになりそうです

有名人のイメージダウンというのは、収入や仕事等に響きますからコワイですね、小さな商店とかならば引越しとか人員の変更くらいで済みそうですがTV等で全国的に顔が知られている方はそうもいかないし、有名税ってヤツですかね
小沢さんくらいになるともっと大きな障害になるのでしょうか?

45netサンの地域には銀行の渉外係りの方がいらっしゃるのですか、私の地域にも昔は来ていましたが大分前に廃止となり地域情報が入らなくなりました、もっとも大きな会社や商店には出入りしているのでしょうが、銀行も経費節約の為零細企業には冷たいようです

投稿: JOHN | 2012年4月12日 (木) 11時01分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも今日は良い天気で扇風機デビューの日に成りました。
昨日の雨が無ければと思いますが、桜はギリギリ大丈夫そうです(花見には)

http://twitter.com/45net/status/190309170887663617/photo/1

おそらく官僚の皆さんとホワイトハウスの人たちにとって都合の悪いものは排除するのは戦後から変わらないようですね。
それにマスコミも協力すると…。
ご指摘のように小沢さんの場合有名税とは言ってられないでしょうね。もし小沢総理だったら あんな原発処理は無かっただろうし復興ももっと早かったんじゃないでしょうかね、あとブログでもぼやきましたが、伝書鳩総理も無かった訳で最低でも県外なんて寺島マジックに騙される事も無く安全保障問題もこんなに引きずらなかったとか、まぁ妄想ですけど^^;

私の所は地元密着の風土がまだ残っているのでしょう。
ただお付き合いは大変ですが^^;
ネットバンキングが安く成り安全性が上がれば替えたいとは思っているのですが

投稿: 45net | 2012年4月12日 (木) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イメージダウン戦略:

« 若手の力 | トップページ | オリンピック論 »