« 大画面化の流れ | トップページ | 薬が効かない高血圧 手術で治るらしい »

2012年5月21日 (月)

金環日食の日の源平合戦

今朝の金環日食は欠け始めと欠け終わりは日食グラスが無いと見れませんでしたが、最大食の頃(広島7:27は)だけ雲がNDフィルターになりましたネ。空気読む雲でした^^;
https://twitter.com/#!/45net/status/204352063805718529/photo/1
(Canon EF105mm F4L IS)

さて、1183年11月17日の水島で源平合戦がありました。その少し前に京を追われた平家は西へ落ちて、途中水島で源氏である源(木曾)義仲軍と対峙したといわれている合戦ですが。
この(水島の)合戦の結果はご存知のように義仲軍が敗走し、平家が源氏に勝利しました。
平家が勝利した要因はこの日は金環日食で当時平家が朝廷との結びつきが強かった為、暦(金環日食が起こる事)を事前に知っていたものの、源氏軍が知らなかった為と伝えられています。
ただ、「源平盛衰記」によると「闇夜の如くになりたれば…」とあるそうなので金環日食のリングを見て驚いたのではなく 昼間なのに暗くなった事で驚いたと思われますけどネ

視聴率の苦戦が報じられている今年のNHKの大河ですが、昨日の放送に水島の合戦を持ってきたら盛り上がったのに って没後だから無理ですけど。

おまけの話
日食メガネは来月の6月6日まで取って置いといてください。
日食より珍しい金星の太陽面通過が見れるそうですので

|

« 大画面化の流れ | トップページ | 薬が効かない高血圧 手術で治るらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、昨日とは打って変わって涼しい朝を迎えた横浜です、押入れに仕舞い込んだジャンパーを引っ張り出しての通勤でした

金冠日食、私も少しだけ見ることが出来ました、私の家のベランダから頭を出すとみれるのですが、生憎の厚い雲の流れによって見えたり隠れたり、、、、
金冠の月が太陽の真ん中に来たときは丁度運が悪く見れませんでした、その前後の三日月状態のときは見れたのですが

しかし話しに聞くような周りが夕方のような薄暗さにはなりませんでした、曇り空で光が分散された性でしょうか

源平合戦のそんな昔から日食が予知できたのかと疑ってしまいましたが、チト調べてみたら西洋では紀元前600年くらいからサロス周期なるものが知られていたようですね(ビックリ!)ならば何故コペルニクスやガリレオは迫害をうけたのでししょうか?

オマケの話参考になりました(慌ててゴミ箱から拾ってきました)

それはそうと、このところの競馬の重賞レースを私は皆外しています(悲)
今週のダービー、45netサンの予想はどんなものでしょうか?

投稿: JOHN | 2012年5月22日 (火) 13時17分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは昼間はまもなくエアコンのお世話に成りそうな良い天気です。

こちらも若干薄暗くなりましたが、事前情報ほどではありませんでした。
ただ、こちらはタイムリーな雲でしたけど、いかんせん広島(中国地方)は今回の金環帯から外れていましたので残念でしたが^^;

以前天地明察を読んだ感想で愚ブログでふれましたけど、日本は中国から伝えられた太陰太陽暦がベースの宣明暦だったそうです。(862年から1685年まで使用されていたそうです)
コペルニクスとガリレオは地動説で迫害されたと思います。

最近のJRAは社台(グループを含んだ)の運動会に加えて社台の次男の武豊苛めが露骨なので、ちょっとやる気が失せているのが正直なんですけど。
本音は当たらないので予想もよそうなんて^^;

投稿: 45net | 2012年5月22日 (火) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食の日の源平合戦:

« 大画面化の流れ | トップページ | 薬が効かない高血圧 手術で治るらしい »