« 暫定的な補綴物 | トップページ | 単純な脳 »

2012年11月14日 (水)

行き渡った結果

来月娘が修学旅行に持っていくデジカメの調子悪いので それなら私のものを持って行けと言えば オッサンくさいので嫌だと のたまうので(一眼なのに) 結局新調する事に成りました。
 私は電化製品を購入する時は家電量販店で見て価格ドットコムで買うパターンなので早速出かけました。
今回のターゲットはPENTAXのQ10です。大型量販店でも(発売したての為)ある所と無い所が有り 梯子する羽目に成りました。
ちょっと話はそれますが、
何件もまわって驚いたのは、人が少なかったです 休日なのに店員さんの数の方が多い印象でした^^;
それでもタブレット(PDAやスマホ)本体および関連商品はまだ そこそこ見かけましたが、
おびただしい数のテレビが展示してあるのにテレビの周りは商談どころか、人が皆無でした。
シャープやパナの不振の報道が本当だと深刻さを実感しました。
いくら政府(自民党時代)、電機メーカー、TV局が結託して地デジに強引に移行しても、結局 各家庭に行き渡れば こうなるんでしょうネ。
電波帯の問題だけなら、(一杯に成って来た事)BSやCSで充分出来そうなのに(BSやCSならアンテナを新調するだけで済む)
わざわざ テレビ本体や録画機器やアンテナに至るまですべて新調させられても 結果的にこんな状況だとは。
因みにそれぞれの思惑として、政府は電波帯の確保とテレビ等が売れれば景気も良くなるだろう でメーカーはストレートに売りたい、そしてテレビ局は今までならTBS、朝日、フジ、読売、テレ東と5社でスポンサーを分けれたのに、もしBSやCSに移行してしまったらスポンサー収入を何百チャンネル(もしかしたら何千)のなかで分け合わなければならなくなりますもんね。
エコカー減税もそうですが、特定の企業だけが潤う不公平な政策は止めて欲しいですよね。国民に不要な出費をさせても、結局広い意味で救えなかったんだし。どん底のアップルがジョブズの手腕も有ったでしょうが、ipadやiphoneでV字回復したように 競争力を高めれる様な環境を作る政策を取って欲しいですネ。

で、結局 店員さんが熱心だったし お店が閑古鳥が鳴いていたので(価格ドットコムの登録会社と価格差が2~3千円だったし)
某Y家電量販店で注文しました。

おまけの話
以前も触れたと思いますが、昔ダイエーの中内さんが自社の業績不振の原因を携帯電話代金が毎月に1~1万5千円程掛かるので、財布のひもが固くなって必用なモノしか買わなくなった事が大きいと話されてましたが、今やスマホ全盛時代、一家で携帯電話会社の支払いが月に2~3万ぐらいが主流でしょうかネ。しかもPCのプロバイダー契約している家庭が殆どでしょうから、プラス5~6千円となると、中内さんが嘆いた頃より もっと家計は圧迫されているでしょうかネ。
結局 元親方日の丸以外の携帯電話会社だけがウハウハなんでしょうかネ。そうあの禿の ゴホッ、、、
儲けたお金で良い外人取ってくださいネ

|

« 暫定的な補綴物 | トップページ | 単純な脳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、初冬を迎えたような朝の横浜です、少し寒いもののキリッとした空気が徒歩通勤の私には気持ちヨイですね

お嬢さんは修学旅行に行かれるンですか、45netサンの地域ではどちらに行かれるのでしょうか?
私の高校時代には九州でした、大阪迄新幹線で行き博多までは寝台列車で行きました。オバカな高校生だった私は夜中に暴れて昼の観光地巡りは寝ていましたっけ

我が家にも古いデジカメがありますが、写真はほとんどケータイカメラで写すコトが多いです、カミサンも私もこの歳になると写真に写された自分の老醜さに愕然!カメラを向けられると思わず逃げるようになりました(笑)

仰るとおり特定の企業だけが潤う不公平な政策は止めて欲しいですね、格差社会に益々歯止めがかからなくなりそうです

それにしてもケータイやプロバイダーの料金、もっと安くして欲しいです

投稿: JOHN | 2012年11月15日 (木) 09時27分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも1か月季節が早まった感じで、引き籠りの私でも厳しいです^^;

娘の学校は2対1の割合で東京と沖縄が選べるそうです。沖縄は毎年抽選だそうですが、今年は上手く希望通り振り分けれたそうです。爆発的な沖縄人気でもなさそうですね。
最近の修学旅行はちょっと長めの3泊4日で結構自由行動が多いそうです。社会見学は国会や都庁をはじめNHK等好きな所選択できるそうです。そしてお約束の千葉にある東京ネズミ~ランドと最終日はお台場だそうです。
私の高校生時代は(大阪)北海道で社会見学は網走刑務所で自由行動なんかなく硫黄の匂いで気分が悪く成った摩周湖ぐらいです(正確には硫黄山ですけど)当時は強行軍で今は無き青函連絡船とブルートレインとの乗り継ぎで寝てばっかりで、あと 札幌の時計台を見て愕然とした思い出が有ります。その修学旅行で学んだ事は“何事も期待し過ぎてはいけない”でしたが^^;
それでも私立だったので北海道なんだと公立(当時は信州とかの)の奴らに羨ましがられましたが。

因みに公約を綺麗に破り官僚の言いなりだった野田総理の“私はウソつきではありません解散”で総選挙の直前で見学なんて出来るんでしょうかね^^;まぁ参議院だから大丈夫でしょうけど。

投稿: 45net | 2012年11月15日 (木) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行き渡った結果:

« 暫定的な補綴物 | トップページ | 単純な脳 »