« 人生収支決算ゼロ 荒む心は… | トップページ | 折衝術 »

2012年12月26日 (水)

医療現場はTPPで変わるか

イブの日に娘の運転手で広島市内に出た時、ついでに古本屋を漁ってたら今年はボッチ年末年始の為 DVDでも買おうかと探していたら(因みに60~70年代の日,米TVドラマ)いつもの値段より3~4割高くなっていました。う~ん年末年始で需要が増えるからでしょうネ。
商魂たくましいけど ヤラシイなぁ おい。

 さて、年の瀬も押し迫ってまいりましたので そろそろ年末の挨拶に来られることも多くなってきました。
本日は生保をお願いしている代理店の人が来たので、保険の内容の確認をした後で巷で噂のTPPの事について聞いてみました。
それは、どうも農業を隠れ蓑にして米国の真の狙いは日本の皆保険だろうとの噂についてですが、
結論は、驚くほど 無関心なのに こちらが驚きましたネ^^;
米国のホームドラマでよくある重病患者の医療行為をその患者の契約している保険会社が拒否するなんて場面よく出てきますから、TPPに参加すると それが日本でも現実に成るのでは との私の問いに TVの見すぎですよ とまでは言いませんでしたが、業界で誰も話題にしないと話されていました。
日本の医療費は30兆を超える規模ですから、放置はあり得ないと思うのですがネ
話が全く出ないのが もし本当なら 呑気な印象は有ります。
もっとも TPPに参加しなくても 国民皆保険が崩壊するシナリオもある訳ですから
歯科医療、特に補綴物が全て自費に成ればどうなるかのシュミレーションも必要かと思われます。
もしかしたら、保険外補綴物診療保険なんかが充実して 逆に自費診療が増える様になるとの意見もありますが、
ただ現在でも自己負担の1~3割でも保険補綴物の製作を躊躇される場合があるので 10割負担に成れば 相当なる打撃は免れないでしょう
近々に来られるであろう損保をお願いしている代理店の人にも聞いてみよう

おまけの話
弊社の歯科技工の機械類は20年選手以上が殆どなので、部品取りの為に某オークションとかに出ている歯科機械のジャンク品は安ければ落札しています(タダ同然のもの)
今日いくつかのスイッチが壊れたので(勿論部品は製造していない)、予てからのストックしていたジャンク品から部品を付け替えて 復活させました。
Photo
ただこの弊社の初代αライトも現在はⅢとなり3代目ともなると ハロゲンランプも1つに成り(蛍光灯とのミックス)ランニングコストが安く成ったそうなので、潮時と言えばそうなんですが。
でもまぁ25年以上もの付き合いなので 取り替えた古いパーツですら 捨てるのも忍びない^^;
Photo_2

|

« 人生収支決算ゼロ 荒む心は… | トップページ | 折衝術 »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、天気はヨイのですが冷たい風が吹く横浜です、しかし富士山がクッキリスッキリ見えて何故かしら心が和みます

TPPの話は私が回っている歯科医達もあまり関心がナイようです、と言うか一体どうなるのか?全く見当がつかないと言うのがホンネのようです
国民皆保険制度の考え方は残るとは思いますがどういった形に変化するのでしょうか、また日本政府、並びに諸外国(アメリカ)はどういう風に日本のあり方を考えているのでしょうか、最悪(私の考える)になるのか、まあ大して今の制度と変わらないのか
総理自身やってみないと分からないのがホンネなのでは
日本を取り巻く世界情勢が日本対アメリカに留まらず中国に対しても国防、貿易等でアメリカの力を借りねばならなくなる状況もあるだろうし、このTPPってのは難解ですな

さてさて今朝の納品で今年の預かっているお仕事は完了しました、毎年仕事を終える時期が早くなった気がします、まあ一応明日明後日と顔だけは出すのですが
そう言った訳で今日はこれから何をしようか考えています、孫からのラブコールもあるしカミサンから大掃除の手伝い要請もあるし、仕事場の掃除もせねば、そうそう運転免許証の書き換えにも行かねば、何から手をつけようかしら

私の仕事場にある機械も古いモノばかりですが、新しく新機種を購入しても後何年使えるか、、、そう考えると中々新機種を買うとはいかないので、修理して使っています
しかしもう製造中止で修理が出来ない機種もチラホラ、困ったモノです

投稿: JOHN | 2012年12月27日 (木) 12時17分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも気温は低いですが 良い天気です。おそらく高台に出れば宮島の鳥居も見えそうです。

こっちの歯科医院は29日まで営業するところが多く今日明日も29日セット予定の補綴物がまだあります。
ただ、年始が7日からの所が多いそうなので スタートはのんびり出来そうですが。

TPPはこれから と言うのは政府の言い分だと思いますが、おそらく厚労省と米国の折衝は始まっているんでしょうね
米国の狙いは小泉時代の郵便局の民営化(350兆円)の次は皆保険年間31兆円だと思いますので 知らないうちに 決まる様な気がします。米韓FTAを見れば 悲惨なようですが。まぁ私には何もできないので流れに身を任すしか無いのですが^^;

仕事場の大掃除は普段から暇な時にマメにやってるので 取り立てて毎年やらないですね 窓と水回りぐらいです。まぁ一人ですし 狭いので。

投稿: 45net | 2012年12月27日 (木) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療現場はTPPで変わるか:

« 人生収支決算ゼロ 荒む心は… | トップページ | 折衝術 »