« 諂うのは平和外交では無い | トップページ | レンコン畑に防衛が触手? »

2013年1月25日 (金)

世紀のトレード

今年のプロ野球のストーブリーグに激震が走りましたネ
馬原投手がプロテクトされずに人的補償で持って行かれた事が吹っ飛ぶくらいの超大型トレードが日ハムとオリックスで結ばれました。

ダルビッシュが自身のブログで発進したように「ありえへん」こんな印象を持たれたプロ野球ファンは少なくないはずです。
ハムが大損やろ とネ
全日本でも主力を張れる糸井選手を 驚きの決断です。

ただ、よくよく考えてみたらハムにすると今シーズンオフ糸井選手とはポスティングする約束をしている事、今シーズンの年俸交渉で揉めた事、これは結局2千万UPで決着したそうですが、私的には糸井選手にしては年俸が安い印象です。
どうせ今年オフ出ていくなら、出してしまえ的なトレードなんでしょうネ。
過去も小笠原、森本、ダルビッシュ等の主力級がFAとかで抜けても穴埋めが出来ましたから育成の自身も有るんでしょうか。
あとそれこそあり得ないほどのドラフトの強運も有りますしネ^^;
そんな中 田中選手がFAで海外に出て、金子選手も怪我の影響でフルイニングが難しいので内野の補強が急務だったのと、左の先発はしっかりしていますが右の先発が弱いので補強ポイントには合致します。
一方オリックスにしてみたら今年から選手会長に就任した大引選手を良く出したなとは思いますがネ。

オリックスは糸井のポスティングは認めないと言っているそうですが どうなるでしょうか
馬原投手も怪我の後遺症もなく順調に投げれたとしてもオフにはFA流出の可能性があります。
今シーズンオフもオリックスがストーブの主役に成りそうです。

それにしても馬原の時はあれでしたけど、今回は世紀の大トレードとは言え他所さんの事なのでドライに考察出来ました^^;

おまけの話
米国の大リーグではFAまで1年の大物選手のトレードは日常茶飯事なので、日本もこれからはこれくらいでは驚かないようになるんでしょうナ。
それにしてもオリックス、今年は良いとしても、長期スタンスで見た補強にはなっていない気がします。
一連の行動はギャンブラーな印象ですね、今年優勝しなければならない理由でもあるんでしょうか。
あと、ネーミングライツと言う悪しき米国の習慣を最初に日本に持ち込んだのはオリックスだし、ポスティングなる選手売買を最初にやったのもオリックスです。挙句に永久欠番の廃止を最初にしたのもオリックスです(ただこれはどこも追随してませんが)
なにより合併も有りましたし…。
う~ん、ファンは堪らんでしょうナ

|

« 諂うのは平和外交では無い | トップページ | レンコン畑に防衛が触手? »

野球」カテゴリの記事

コメント

お早うございます、今朝の横浜はとっても寒い!
毎朝の寒さに少しは慣れたつもりでしたが、今朝の寒さは特別でした、、昨夜の予報では氷点下になるとの予報でしたが納得の寒さです

プロ野球のストーブリーグの話、私は門外漢なので詳しい話はチンプンカンプンなのですが色々と動きがあるようですね
今年の優勝を目指すチームと来年以降の強力チーム編成を目指すチーム、はたまたこれからの野球人生を如何に有利(高額な報酬)にもっていくか、様々な「思い」の渦巻きが垣間見えるようです

投稿: JOHN | 2013年1月26日 (土) 10時31分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも朝から雪が降りかなり寒いですが、昼前に成ってきて晴れてきました。
ただ晴れると放射冷却で夜はかなり気温が下がりそうです。

今回の日ハムのトレードは王や長嶋を契約切れまで1年だからトレードに出したみたいな話です。
(来年出て行かれるくらいならトレードで交換しておこうみたいな)
昔オリックスがイチローがFAで出て行かれるまで1年だからその前に(ポスティングなる悪しき制度で)イチローをお金で売ったオリックスと同しだと思いました。
海外FAだと人的補償も年俸分補償も有りませんから海外に行こうとする選手にはポスティングして(ダルビッシュ)お金で売ってポスティングで値があまりつきそうにもない(糸井は)トレードで出したと映りました。

大谷くんを説得した時チーム愛みたいな訴えしてましたけど、こんな打算的なトレードする球団に愛なんか無いと思うのですがね^^;
あの程度の資料で言い含まれた18歳には無理もない事ですけど…。

何と言いますか、日米間のFAの保障問題とか(人的及び金銭)の交渉が相手にされないものだらいろいろ考えるんでしょうね。
まぁ駐留米軍の地位協定が未だに不利なのと同じですよ。

投稿: 45net | 2013年1月26日 (土) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀のトレード:

« 諂うのは平和外交では無い | トップページ | レンコン畑に防衛が触手? »