« FAのリスク | トップページ | アップルの噂 »

2013年1月16日 (水)

先生の資質

今年の大河の八重の桜は面白いですね。
昨年が申し訳ないけど 毎週が苦痛でしたが、(皆からそれなら見るなと毎週突っ込まれてました)
昨年は主役の演技不足が辛かったけど、今年は1~2人を除いて配役も良かったんじゃないでしょうかネ。
因みにもうすぐ出て来る一橋慶喜の役が小泉孝太郎君だそうですけど、お父さんの小泉純一郎前首相が就任した時のコピーの「米百俵」を唱えた小林虎三郎にしたら面白かったのに^^;

 さて、この人は何を考えて生きて来たのかと思う
元高校の教諭で自民党 衆議院の義家弘介政務官の事ですが、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130115-00000033-mai-pol
15日大阪市役所を訪れ、永井哲郎教育長らと今後の対応を協議。義家政務官は記者団に
「強くなるために(体罰は)一定ある。目的は何なのかだ」
「体罰と暴力、あり得る体罰とそうじゃない体罰の線引きが必要」

暴力を使えば、それは体罰に成るんですよ 先生!
あなたはそんな認識で教師をして議員に成ったんですか?
愛が有れば許されるなら もはや法事国家ではでは有りません。
あなたは立法府にいる資格はありませんから バッチを外して下さい。
昨日の発言を聞いて やむにやまれぬ心を抑えられませんでした
昔から教師は聖職者と言われるので、言葉やロジックで導いて欲しいですネ

ならぬことはならぬのですよ義家クン いやセンセイか

おまけの話
今週の八重の桜で八重ちゃんがお父さんの鉄砲狩りに連れて行ってもらう話で、
お父さんが鳥に止めをさしたら その場面を見た八重ちゃんが固まってしまい その時のお父さんのセリフが良かったですネ
「鉄砲の弾に当たると鳥も、獣も、人も死ぬ。鉄砲は戦で人を殺す道具だ。だから鉄砲を扱うものは学問をしなくてならない。人間を鍛えなくてはならない。それは女がすることではない」
人を教える時に言葉だけでは伝えられない時は暴力では無く実践(実体験)で導く方法も有るんですよね。今でも通用しそうな良い話でした

|

« FAのリスク | トップページ | アップルの噂 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、月曜日の降雪が嘘のように火曜、水曜日と晴天続きで日中の気温も高かったためすっかり雪が溶けてしまった横浜です
日陰にはまだ少し雪が残っているものの車の運転には支障がなくなりました
雪道の運転に慣れていない私にはホット一息です

高校教師の暴力事件、指導力の低下が招いた事件ではと思います
「目には目を」「身に降る火の粉は払わにゃならぬ」時と場合によっては暴力も必要なのかも知れませんが、教師と生徒の間には必要ありません
もっと違った指導方法があったハズだと思います

私も息子と娘二人を育ててきましたが、息子を殴った事は1度だけで娘とカミサンには手を上げたことがないです(口ではいつもイジメられています)
難しい話ですが人を教育していくには、まず己の身を正すコトが必要でそこから説得力が生まれるのだと思います

投稿: JOHN | 2013年1月17日 (木) 11時16分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは今朝もあまり気温が下がりませんでしたけど、明日はちょっと冷えるようです。
このまま春に向かいそうだったんですが そんなはずはありませんね^^;

ご指摘の己を正す事 成る程と思いましたが、耳の痛い話でもありました。
最近は特に自分に甘くなってきていますので^^;
運の良い事にまだ娘に手を挙げた事はありませけど、半分冗談で頭を小突く事はありますが そんな事でも嫁さんにものすごい剣幕で叱られます。体罰についてはそれくらい神経質に成って欲しいですね。

義家某という人は元ヤンキーで更生して教師にまでなったと 世間ではもてはやされ議員になりましたが、私的には若い頃どれだけの人々の迷惑をかけ 多くの人々の真っ当な人生の邪魔をしてもしかしたら何人かの人生を潰したかもしれないのに 自分だけ強運に恵まれ(良い人との出会いとか)更生して社会復帰するのは虫のよい話だと兼ね兼ね感じていました。こんな宝くじに当たったような強運な更生ぶりを世間に見せるのは罪な話だととも感じます。
過去の贖罪の事を踏まえ、今更生しようともがいている人の手伝いをひっそりとして欲しかった。議員なんかにならずに。

投稿: 45net | 2013年1月17日 (木) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生の資質:

« FAのリスク | トップページ | アップルの噂 »