« 明暗を分けた元五輪選手 | トップページ | 残りの3割を奪い合い »

2013年2月11日 (月)

ゴディバのロゴの深い意味

今週は三連休でしたが、週のルーチンが決まっている技工士に連休がある訳もなく、普通の週が粛々と始まりました^^;
そんなブルーな連休に昨日姪達がバレンタインデーのチョコを持って来てくれました。予期していなかっただけに感激も一入です

 さて、バレンタインには女の子が告白する為にチョコを贈りますが、義理チョコなる文化が生まれ、ちょっと前から女の子がお友達に送る友チョコが定番に成っています。ところが最近では男の子が送る逆チョコなんて有るそうですネ。嫁さんに10倍返しなんて脅されたので、今年はご丁寧にご辞退申し上げましたけど こんなケース(法外な見返りを要求される時)は逆チョコでかわす方法も有るかもしれません^^;
チョコと言えばベルギーチョコですが、その代表的なメーカーにゴディバが有りますけど、そのゴディバのロゴってご存知ですかGodiva_2
乗馬している裸婦が髪をなびかせている強烈なロゴですが、美しい話が秘められています。
11世紀のイングランドの町ににレオフリック領主がいたそうです。
レオフリック領主は重税を課し、市民を苦しめていました。
その領主夫人のゴディバ(ゴダイヴァ)夫人は領民の苦しむ姿を見るのが嫌でたまりませんでした。領民に対し重税を課す夫に減税するよう何度もお願いするも、夫は聞く耳を持たず、しつこい妻へ難題をだします。
「お前が全裸で馬に乗り、街を一周するなら聞き入れてやろう」
中世において、女性が人前で裸になるなんてあり得ない事なので、領主は不可能な条件で黙らせようとしたのですが、
聖母マリアを崇拝する伯爵夫人であった彼女は
「私が恥をかけば領民が救われるのなら」と彼女は裸になり、長い髪で体を覆い馬に乗って街中を回ったそうです。
ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、ゴディバ婦人の精神をチョコレートに込めるべく、彼女の名前を社名にし、ロゴを作ったそうです。
ゴディバのロゴにはそんな深い愛が込められていたんですね。
チョコを渡す時 この話で盛り上がってください。

でも値段は高いよネ^^;Photo

おまけの話
ゴディバ夫人が裸婦で街中を回った時
「領主婦人が私達の為に自らを犠牲にしてくださる」と領民たちはせめてその姿を見ない様にするために 家から一歩も外へ出ず  窓も閉めることにしたそうです。
ただ、一人だけ覗き見した輩がいるんですナ。
後にピーピング・トム(覗き屋トム)と呼ばれるようになり、こっそり覗き見をする人のことをpeeping Tomという語源だといわれているそうです。
日本でもありますね 出歯亀伝説。女湯の覗き行為を行っていた「出歯の亀吉」こと植木職人の池田亀太郎の話と同じですか

|

« 明暗を分けた元五輪選手 | トップページ | 残りの3割を奪い合い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはよございます、今朝の横浜は一段と寒さが厳しい朝です、予報では今夜から明日にかけて雪もしくは冷たい雨になるとか、ナントカ雪だけは降らないで欲しいです

私も昨日孫娘からバレンタインのチョコレートを頂きました、ママの指導の元既製のチョコを溶かして型に流し込んだモノでした(それでも手作り?)
今年もコレが唯一頂いたチョコレートになりそうです、そしてシッカリお返しの商品も要求されました、スマイルプリキュアの「キュアハートなりきりセット」なる私にとってはチンプンカンプンのものなのですが、なんでもTVアニメの主人公が着ている衣装のようです、金額にすると100倍くらいになるとか、可愛い孫娘のためならばこのくらいの出費は苦になりません
早速アマゾンで購入しました(笑)

ゴディバのロゴの意味はそういう話があったのですか、しかしジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、ゴディバ婦人の精神をチョコレートに込めたとは、チョコレートを通じて民衆にどのような事を伝えたかったのでしょう?
気高い精神を表したかったのでしょうか
凡人の私にはもっと安くて美味しいチョコレートをと望みます

投稿: JOHN | 2013年2月12日 (火) 08時58分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらもまだまだ寒いですが、私の感想では峠は越えた感じはします。そんな事を思ってたら、またぶり返したりして^^;

ご指摘のゴディバの創業者の命名の意図の話、
激しく同意です^^;
一応ゴディバとしては食べた人が愛情と笑顔で満たされるように、という願いを込めているそうですが、
そんなに庶民の暮らし向きに慮るなら、庶民の懐にやさしい値段でも販売して欲しいものですね
まぁ、若い人がデートでチョコレートを渡す時に話をしてみたら盛り上がりそうってだけで、我々なら おねぇちゃんのいる店で披露したら受けるかもしれませんよ^^;

お孫様に貰ったチョコは立派な手作りですよ!
言い出せばカカオからになりますが、カレーも市販のルーを使えば手作りでは無いと否定するものと同じだと思いますが^^;
遠い昔、娘が幼稚園の頃 手伝ったことありますが 溶かして型に入れる作業も大変で 一日がかりだった思い出があります。
う~ん、これならゴディバでも安いなぁ と思ったものでした^^;
因みにプレゼント探しも今はアマゾンが有るので 助かります。昔なら何件ものおもちゃ屋さんをはしごした事でしょうね
(お目当てのものは 探し当てるのも大変ですが、よそ様の子も欲しがるので 旬??のものは品切れが多いですから)

投稿: 45net | 2013年2月12日 (火) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴディバのロゴの深い意味:

« 明暗を分けた元五輪選手 | トップページ | 残りの3割を奪い合い »