« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月29日 (金)

今更21世紀枠考

この前のアンマン(ヨルダン)でのワールドカップ アジア最終予選は惜しくも敗れましたが、負けた事より私が気に成ったのは、後半26分の遠藤選手のPKの時 遠藤選手がやたらレーザー照射されていましたネ ヨルダンにはこんなにスナイパーもどきの大馬鹿者が多いのか。サッカー通の人曰く「海外では当たり前」との事でした。理想論かも知れませんが諦めちゃダメでしょうこんなアンフェアな事は止めましょう。野球なら大問題に成っています。

 さて、佳境に入って来た高校野球も今日明日でベスト8が決まります。
「21世紀枠に負けたことは末代までの恥です」
3年前のに開星高監督の発言です。まぁ「腹を切りたい」とまで言ってのけ後にメディアに抹殺され辞任しましたが。
でもまぁ監督という指導者の立場の人の発言ではないのは間違いなく 抹殺されて当然ですが、それにしても21世紀枠はどうなのかとは思います。
元監督の古田氏も21世紀枠はレベルの低下を招くと言っているそうですが、今大会を見てみると21世紀枠での出場校は大差で初戦敗退しているので その通りなんだろうと思います。

21世紀枠の出場校は秋季大会の成績(参加校数が128校を上回る都道府県はベスト16、それ以外の県ではベスト8以上の学校の中から)困難の環境克服、他校の模範となる活動などを考慮して選ばれます。
まぁ簡単に言うと野球だけでなく、他の事で頑張っている高校を甲子園に出してやろう と言う制度です。
率直に言って 恣意的要素が大きいこの選考方法はどうなのかと思います。
選考委員ってどこかからの天下りなんですかね??マスゴミも問題にしないですし
突っ込み所満載なのに。
うがった見方をすれば、野球のレベルはそこそこ(ベスト16)の高校が、21世紀枠狙いで、ボランティア等でアピールしたりする学校が出てきているんじゃないでしょうかネ。逆に野球は強い(ベスト4)がアピール不足の高校が割を食っているのではと感じます。

う~ん、「我が校は辞退する」なんて高校が出てこないとこの制度は無くならないでしょうネ

おまけの話
そもそも春の甲子園(選抜)の選考方法の基準自体が明確では無く主観が入ります。選抜は文字通り高野連(の選考委員)が“選抜”する事に成ります。
例えば中国大会では3校選出されますけど、決勝の2校はオートマチックで選ばれますが、3位決定戦を行わないので3校目は 準決勝での戦いやそれまでのアピール度が考慮されます。
どうなんでしょう 中途半端ですナ 3位決定戦を行う方がすっきりすると思うのですがネ そんな事を言えば決勝で敗れた高校より準決勝まで勝ち残っても選ばれなかった(高野連が主観で決めた4位校)の方が強い可能性も出てくるわけですから。

あと神宮枠ってものも存在して、明治神宮野球大会(高校の部)での優勝校のブロックが1校追加されます。今年の枠は優勝が仙台育英だったので東北枠が1校増えました。東北絆枠なる高野連の上から目線枠もあるので東北は5校選ばれています。絆枠が有るから今年の枠は準優勝の関西(中国ブロック)で良かったのでは って個人的恣意(希望)か^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月27日 (水)

西武ライオンズに売却の可能性

高校野球も一通り出てきましたが、関西にはがっかりですよ。我が家の夢を二度も破りながら…。
まぁ勝負事なので仕方ないですけど^^;

 さて、昨日西武HDの後藤高志社長の会見は驚きましたネ。

西武球団売却も選択肢と西武HDに提案
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130326-1103215.html
西武ホールディングス(HD)の後藤高志社長は26日、東京都内で記者会見し、筆頭株主の米投資会社サーベラスが実施している株式公開買い付け(TOB)に反対を表明した。
サーベラス側が昨年10月、不採算路線の廃線やプロ野球球団の西武ライオンズの売却も選択肢とするよう提案したことも明らかにした。後藤氏はこれらの提案に対し「中長期的な視点を欠き、当社の企業価値を損なう恐れがある」と語った。

フロントが会見まで開いて否定したら、逆に 事実なんだろう とか かなりすすんでるのか と思ってしまうのは私だけでしょうか
鷹党は南海、ダイエー末期に経験していますからネ。まぁライオンズもそうですが。

今の株高の波に乗れないので 焦っているんでしょうかネ。
聞いた話ですが、仮にサーベラス体制になると売却が逃れたとしてもカープの様に独立採算性に成るのは間違いないとか。
そうなると、西武鉄道(乗車率UP効果狙い)ありきで不便な埼玉所沢から移転も有るかもしれませんね。
福岡、北海道、仙台とフランチャイズを移転したチームが成功している様に四国(松山)か新潟が候補地に成りますね。

さぁどちらが勝つんでしょうか と他人事ではないかも知れません
ソフトバンクもソーラー事業や巨額で買った米携帯事業が、なんか今の天気の様にドンヨリしているようですから心配です。

おまけの話
http://memorva.jp/ranking/forbes/forbes_world_billionaires_2013_japan.php
この中から ホワイトナイトが現れるでしょうか
それにしても柳井さん凄いねぇ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

経済

今日から週の半ばまで寒の戻りで気温が上がないそうですけど、週末から暖かくなるそうです。三寒四温なのかそのまま春が来るのかどちらでしょうか。

 さて、我が家の娘が英単語帳代わりに使っているターゲットを見てみたら、日常よく耳にする単語が並んでいると感心します。
(まぁ私には外来語扱いのカタカナの理解ですが^^;)
ただ、英語が日本に入って来た黒船来航当時の日本語に訳す作業の大変さは容易に推測されます。
福沢諭吉の西洋事情で邦訳することの困難さを述べている様に、当時そんな概念が無かった言葉を造語するんですからネ
liberty(自由)が有名ですが、現在ならためらう事なく使っているeconomy(経済)も福澤諭吉が「経世済民」を略した和製漢語だそうですけど、世の中を治め、人民を済(救う)ことを意味するんですネ。今なら「経財」と書いてしまいそうですが。

おまけの話
デフレ脱却のための「物価目標2%」と「無期限金融緩和」(発言だけ)が今の所成功しているアベノミクスですが、次の秘策はなんと5万円札だとか、どうなんでしょうかネ2千円札と同じ運命をたどる様な気がします。ただ肖像画は噂の坂本竜馬は止めてほしいですね。
やっぱり高橋是清先生でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

アウシュビッツな日本

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」古代ローマ時代の詩人ユウェナリスが残した詩ですが、本来の意味は幸福を得るため多くの人が神に祈るであろう事は(富・地位・才能・栄光・長寿・美貌)いずれも身の破滅に繋がるので願い事はするべきではないと戒めている詩だそうですが、さも身体を鍛えることによってのみ健全な精神が得られるかのような解釈をするようになりました。
おそらく軍国主義の方便に使われたと思いますが、現代でもその精神は根強く残っています。

 さて、私の学生時代は部活以外の体育の授業でも水分補給は厳禁で今では体を痛めつけるだけで何の効果も無い事が明らかに成った“うさぎ跳び”を へとへとに成るまでやらされたものです。そんな無茶なスポ根的な特訓を強いる指導者だらけでした。そんな経験が強くなるんだと間違った解釈が蔓延していたので、疑問には思っても誰も否定しませんでした。
今はどうなのか と。流石にちょっとは科学的に成ったとは思いますが。根っこはあまり変わってないんじゃないかと感じますネ。

例えば大阪・桜宮高校の体罰問題ですが、指導者がマスコミに攻撃され叩かれましたけど、なんと保護者が“桜宮応援団”な支持団体を作ったそうです。体罰ありきだから(スポーツ部活も)強くなり(生徒達の)精神も鍛えられた と主張しているそうです。
なるほど「あり得る体罰とそうじゃない体罰の線引きが必要」などと馬鹿な発言する自民党衆議院の義家某が当選するはずです
ヤンキー的な気合主義が受けるんでしょうかネ。橋下さんの維新もそんな感じが有りますし。

柔道女子のような問題はこれからますます出てくるんでしょうネ
安倍さんの支持が高い理由の一つに右思想がありますが、まぁ河野洋平や村山富市がやったような土下座外交も情けないですが、第二次大戦に突入した様な大和魂や精神主義に成るのも恐ろしく感じます。
“権利が欲しければ義務を果たせ”は正論の様ですが、“基本的人権”との両立は出来ませんから

おまけの話
私の偏見かもしれませんが、地元の祭りでも毎年お約束の様に開催されるのが、“ソーラン節”大会です。
大音量で暴走族の集会かと勘違いしそうな程の騒がしさです。
所謂 南中ソーラン(ロックソーラン節)ですネ。北海道の民謡であるソーラン節をロック調アップテンポにアレンジしたもので、ある北海道の中学校が不良の更生のために導入して成功して、それをドラマ金八先生でやったら全国に広がったと言う感じでしょうか
今では中学校でダンスが必修科目になり授業中にヒップホップを踊っているそうです。
う~ん、こうしてヤンキーは増殖する…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

上を向いて歩こうじゃないか

「指揮官が悪いと部隊は全滅する」故鶴岡一人元南海ホークスの監督が開幕から成績が伸びなかった責任をとって自ら休養した時に使った言葉ですが、山本浩二にもそんな言葉を言ってほしかった。

問題の盗塁シーンについて山本監督は「狙えるなら走れのサインを出した」と曖昧なサインを出した事認めましたが、後が無い試合の終盤の塁上に複数の走者がいる状況で、狙える と、無理 と別々の判断する可能性が考えられる作戦ってどうなんでしょうか
しかも、あろうことか井端選手のミスだと言ったみたいですが、指揮官なら「私のミス」だと何故言えないのでしょう。
今大会の功労者の二人にあんな顔をさせてはいけない

予選リーグから各国の監督は試合後相手を称えるコメントを言っていましたが、山本は一度も相手を称えるコメントはしなかったそうですけど、これからはスピーチコーディネーターを付ける必要が有るでしょうナ
http://baseball.yahoo.co.jp/wbc/news/detail/20130318-00000013-spnavi/

帰国後の記者会見でも梨田野手総合コーチや東尾投手総合コーチは具体的な反省点を挙げていましたが、山本は自身の判断ミスではないとの姿勢を崩さなかった事は残念でありません。

監督が庇ってくれないなら 今こそ我々ファンが ウッチーを励ましてあげたい。
下を向くな と。

おまけの話
なんかストライクゾーンがマチマチだなぁとは思いましたが、
こんなアマがプロのしかも世界大会(WBC)の決勝リーグの球審はあかんやろ
ビル・ミラー球審はいわくつき?/WBC
http://www.sanspo.com/baseball/news/20130319/oth13031905050001-n1.html
WBC準決勝(17日、日本1-3プエルトリコ、サンフランシスコ)この日のビル・ミラー球審はストライク、ボールの判定がまちまちで、日本の打者が首をひねるシーンが多く見られた。同審判は昨年5月15日のブルージェイズ-レイズで、“疑惑”のストライクコールに激高したブ軍選手を退場処分にし、試合後にスタンドからペットボトルを投げつけられた。また8月8日のアスレチックス-エンゼルスでは、ボールカウントを2度間違え、六回途中で交代した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

言い訳に走る野球発祥の国

今年は本気モードで優勝候補だった米国が二次予選敗退しましたが、3月15日MLB関連サイトの老舗HardballTimesのコメントで
WBCの開催意義は「世界での野球の成長ぶりをたしかめること」にある。優勝国を決めること、ではない
う~ん、今回のオランダやイタリアの躍進を考えれば、開催することに意義が有り成功したと言えるのかもしれませんが…。

 さて、きょうWBCの準決勝が行われますが、戦前の予想ではメジャー組ゼロで評判の良くなかった日本が勝ち上がり、史上最強と言われた韓国が米国よりはるか以前の一次予選敗退(これはまぁ日本の韓流べったりマスゴミの流言ですが)

まぁ 野球の場合リーグ戦じゃないと強さが発揮できないスポーツの典型でこんな短期決戦に不向きなので優勝候補が負ける事も有るとは思いますが、敗退後の言い訳のオンパレードに少々カチンときます。
特に米国トーリ監督の談話

「あくまでもキャンプ期間。無理をさせることはできない」
「勝つことは重要だが、選手を所属チームに無事に送り返すことも大切」

体の出来ていない今の時期だけに、選手への配慮とも とれるので、これは大人のコメントとも思えますが、この時期にすると決めたのは あなた方ですよ と言いたいし、あなた方にとってWBCとはその程度のものだったと 言われても仕方なく、存在意識すら問われますナ
大会前スポンサーをいっぱい持ってる日本を強烈に誘い、米国にとって所詮WBCは名誉の為では無くお金の為だったんですネ

もっともMLB(米国メジャーリーグ)の優勝決定戦をワールドシリーズという名の通り、MLBの優勝チームこそ世界一との認識が米国民に有るのでしょうが

因みに米国のWBC通算成績は10勝10敗の勝率5割です

おまけの話
私も分かりましたよ、メジャーリーグで真に実力のある選手は中米出身の選手と言う事が
こんな事を誰かが言えば またどこかの国の関係者が「米国はベスメンバーを組んでいないだけだ」と言いそうですけどネ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

付き合いを強要する銀行

昨日はちょっと冷えましたが、今年の桜の開花はかなり早くなりそうですね。
広島県の桜の開花予想は20日頃だそうです。20日と言えばWBCの決勝ですが桜咲くか もみじ散るか

 さて、毎年この時期は運転資金を借りています。まぁ、吹けば飛ぶよな製造業な零細でも資金はそれなりに必要ですから。
ただ信用がある訳でもなく 保証協会頼みで 最近まで同族経営だった第二地方銀行にお願いしますが、ちょっと前に隣県のバブルの被害から逃れた優良地方銀行とホールディングを組んだその銀行はやたらと付き合いの強要をしてきます。具体的に言うと(少額ですが)積立は勿論の事で嫌なのがカードを作らされる事ですネ。それはもう 沢山作らされました。最初は年会費無料のカードだったんですが、カードローンや年会費有料のクレジットカードやゴールドカードまでも。
とうとう今年はアメックスのプラチナカードです。
思わず「おいおい、君は年会費 いくらか知って言ってるのか」と聞き返しましたが 担当渉外くんは下げた頭を上げません。
今回のは大手流通系との提携で通常のアメックスのプラチナと比べると破格の年会費だったですけどネ
まぁ、いくらなんでもプラチナの(しかも一番審査が厳しいアメックスで)審査は通らないだろうと申込用紙には記入しましたが、
そこまで人の弱みに付け込むかと この銀行の底意地を知りましたナ。
各種カード取扱い店か銀行兼各種カード斡旋業とか、いや 顧客にカード契約強要強化銀行って看板付けてあげたい。

将来 引退したらこの銀行とはオサラバです。年金の受け取りも他行にしますよ。
って 年金が貰えないかも知れませんが…。

もみじ饅頭も見たくない

おまけの話
ノムさんのWBCについてのぼやきは核心を衝いていて 面白かったですネ

「イライラします、正直(山本監督は)機動力を使うというわりに、使ってない」
「ひとつ間違えれば負けている。機動力を使うという割には、全然だ。ソフトバンクの本多は敵に回すと嫌な選手なのに」
大島(中日)、聖沢(楽天)のセ、パ両リーグの昨季盗塁王をメンバーから外したことには「言ってることとやってることが違う」と苦言。「(山本監督の)アラばかり見えますよ」
今後の戦いについて「失点を防ぐことを、全力をもってやるべき」

ただ最後に
「『何で俺じゃないの!?』と思っている」と今でも未練たっぷりだったのが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

結局好き嫌い

WBCの2次ラウンド全勝突破の原動力は井端選手でしょうが、解説者の江本さんは監督やコーチは黙って座って余計なことをしないというのが最大の采配 と語っていました。まぁ山本監督のしたことは自分の好む選手を使う(読売偏重)采配だけだったですからネ

 さて、NHKの大河も10話が終わりました。今年は作者のくだらない創作が少なく王道な作りに好感がもて毎週楽しみしています。主役が女性だとメロドラマに成りがちですが、女性の幕末とのかかわりもドロドロ感がなく不快感が有りませんしネ。
そして今週は、幕末ドラマで必ず取り上げられる有名な出来事の“池田屋事件”でしたが、会津目線で画いたのは初めてだったんじゃないでしょうかネ。斬新でこんな解釈もアリかな と感じましたし、過去の新撰組はどの映画やドラマでも清潔感溢れる幕府の警察組織的な描写だったと思いますが、新撰組は実は無頼のヤバい集団だと思うので、野性的な暴力組織的な集団性が出た 生々しい表現が際立っていて 個人的には面白いと感じます。
まぁ、新選組のフライング的な描写は創作とも言える訳で、お前の好むストーリーだからだろう と言われればそれまでなんですが^^;

因みに前回までが三条実美、長州ラインから中川宮朝彦親王、薩摩(久光)ラインに代わり対抗する幕府が一会桑ライン(一橋慶喜と高須兄弟(松平容保、松平定敬))です。来週も楽しみです。

おまけの話
読売の長野は調子が悪くても結果が出るまで使い続けられ坂本や阿部も同様でしょうか。井端選手の様に這い上がった選手もいますが、ポンちゃん(本多)にはチャンスすら与えてもらえない。 この違いはなんなのでしょうか。
好き嫌いと言えばそれまでなんですが、使わないなら選ぶなと言いたい。試合勘が鈍ったまま開幕を迎えるのはキツですよ。
前回の同じような扱いのされた川崎宗の(実戦に出てなくぶっつけ開幕でその後のシーズン調子が上がらなかった事)二の舞だけは御免ですぜ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

敵であり友である関係

日曜の午前中暖かく 今年もズボン下ともお別れかと思っていたら 昼頃からかなり冷えて来まして 結局例年ぐらいの気候に戻りました。三寒四温と言いますが、これなら日替わり天気ですネ。
体調管理が大変ですが、御身ご自愛ください。

 さて、昨日は相性なのか たまたま好投手と当たらなかったからか、韓国,キューバに圧勝したオランダにコールド勝ちしましたが
その前の台湾戦は白熱しました。その日本対台湾戦の海外のメディアの扱いについて興味深い記事を見かけました

WBCで「台湾代表」と呼んでくれる日本の善意=台湾メディア
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0308&f=national_0308_021.shtml
記事は、日本にいる台湾の野球ファンが「日本のテレビ中継のとき、試合日程表に『チャイニーズ・タイペイ』ではなく『台湾』と書かれていた」ことを発見したと伝えた。そして、台湾が現在に至るまで五輪などの国際試合において「台湾」や「中華民国」の名称を使えない状況を紹介した上で、「どこの局かは分からないが、日本がわれわれにくれた善意は台湾ファンの心を温めた」と紹介した。
記事はまた、日本のファンが2011年の東日本大震災の際に、台湾が多額の義援金を贈ったことなどに対する謝意を示す横断幕を用意しているとの情報と、中継では台湾代表と言ってくれることに注目し、台湾のヒップホップグループ・拷秋勤(コウチョウチン)のメンバー、范姜さんが「日本を侮辱するような標語を球場に持ち込まないで」とファンに呼びかけたと紹介した。

良い話ですね。お隣の国には相当な援助をしているにもかかわらず感謝どころか国を挙げて敵視されますけどネ
逆に良識ある日本人は2011年の東日本大震災の際に、台湾が多額の義援金を送ってくれたにもかかわらず、当時の政府は中華の共産党国家に遠慮してお礼すら言わなかった事を恥ずかしく思っているんじゃないでしょうかネ(隣国のどこかの国は義捐金の返金を求めた)
因みに多くの日本人は「チャイニーズ・タイペイ」こそ 何それ?って言うんじゃないでしょうかネ^^;
個人的には、見間違う余地もなく「台湾」という国で、台湾こそが中華だったら と思っているくらいです。

こんな光景、隣国では天地がひっくり返ってもあり得ないですよ
逆に日本国民が見習いたい
2013wbc
おまけの話
東京ドームでは、縦横60cmを越える横断幕、プラカードは禁止で棒付も禁止です。小さいのに良く見つけましたナ2013wbc_2
この人達は日本の誇りですネ

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

WBC偏重な選考で崖っぷち

暖かくなりましたネ。今年は例年のような三寒四温がなく、暖かさが持続するそうです。
何処かに出かけよう なんて気分に成りますが、春は花粉の季節ですしネ。しかも黄砂が間もなく上陸するとの報道でしたが、ましてや黄砂以外にも大陸からはPM2.5なる有害物質も上陸するそうです。今年の春は花粉マスクでは無く防塵マスクが必要かもしれません

 さて、この前のキューバ戦は見ていて勝てる気がしなかったのですけど、TV中継の中で解説の桑田氏が指摘していましたが、「何故セカンド本職の本多君使わないんですかね」とその話の続きで普段守り慣れないセカンドを鳥谷選手が守る事で打撃がおかしくなっていると。あと3番井端も無いやろ とも。選手起用は監督の好き嫌いで起用しても多少は許されると思いますが、読売勢に固執するのはどうなんでしょうかネ。そもそも人選どうだったんでしょうか。投手陣では山口(横浜)や平野、内、益田、吉川、増井の方が今村より良いと思うのですが、山本さんはパリーグ見てないんじゃないでしょうかネ。野手陣では大島、秋山、川端とかどうだったんでしょうか。
なにより メジャー組ですよ。昨日の練習試合で黒田がドミニカ代表相手に好投していましたし、岩隈も調子良さそうです。
上原(と川崎宗)がオファー無かったと暴露していましたけど、メジャー組に本当に断られたんですかネ

今日の台湾戦 王建民対策として左を並べるそうですが、山本の好きな巨人勢と稲葉や鳥谷の調子が上がっている事を祈るばかりです。

おまけの話
先日WBCで韓国が予選敗退した時 まるで自国の敗戦の様な落胆ぶりのマスゴミでしたが、一昨日のキューバ戦のTV中継で使われていた ジャーニーの「セパレート・ウェイズ」について、デーモン閣下が「チームとして団結しなきゃいけないのに、セパレート・ウェイズ(それぞれの道)じゃいかんやろ」と言ってました。
閣下のナイスな突っ込みに吹きましたよ^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

チームワークの大事さ

WBCの(A,Bグループ)予選突破が昨日決まりましたが、マスゴミ報道を聞いていると まるで日本が敗退したかのような錯覚をした人も多かったと思います。
う~ん、ここは何処の国だよ。
それにしても、マスゴミが言うほど日韓戦見たい人多いかなぁ^^;
北朝鮮が休戦協定を破るという噂を耳にしましたが(しかも3.11に)野球の次は戦争なんて成らなきゃいいけど。

 さて、今回タレントを揃えた韓国が敗退した理由について大魔神が驚くほど大雑把な野球をしていた と指摘したそうですけど。
毎回侍ジャパンが掲げていますが、野球はチームワークが大事なスポーツだと感じます。4番バッターを集めたって強く成らなかったのは過去に読売Gが実証してくれましたしネ^^;
ただ、チームワークの向上って難しいんですよね。
私が昔(20数年前)に行ったセミナー(当時は勉強会)では目標設定の大事さを強調していました。
例えば部署部署によって利益や思惑が違うので、目標設定の段階での対立が多いと。つまり皆が納得できる目標設定が出来ていない為、始める前から対立しているんだ と言う事ですね。
しかしまぁ、そんな皆が納得できる目標設定なんか所帯が多くなればなるほど 難しいですよね。
その時の講師(外資系のヘルスケアを扱う会社の日本支社長)は個人の目標達成による評価をしないで、いかにグループやチームに貢献したかをより明確に評価すべき と話されていました。
それは別に報酬や肩書を与えるだけでは無く、それより感情表現や相手を称える事だと
つまり 心からお礼の言葉と感謝の言葉を言う事だそうです。
まぁ、人間 ありがとうや助かりましたと言われて気分が悪く成る人はいませんからね。

ただ、私の様に天邪鬼な者もいますから そう簡単では無いでしょうけど^^;

おまけの話
韓国は今回兵役免除というニンジン作戦しなかったそうですけど、兵役免除って効果絶大なんですナ。
名誉と誇りだけで連覇した我が国をもっと称えて欲しいですよネ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

日本はそんなに弱いのか

日本はそんなに弱いのか と今米国スポーツメディアで話題に成っているそうですネ
WBCで3連覇を狙う日本が、初戦のブラジル戦で大苦戦した事で「イチローやダルビッシュら大リーガーが参加していない日本は、そんなに弱いのか」メジャーリーグを取材する日本人記者があちこちで向こうのメディアに逆取材されているそうです。
まぁ中国やブラジルに良い試合(接戦)するのかと言う印象はあります。今までだったら、コールド勝ちしなければ成らない相手ですからネ。
サッカーも世界の差が縮まった様に野球もそうなったと言う事か

実際相手チームのコメントで、中国・マクラーレン監督「日本は以前ほどのパワーはないし、圧倒的な投手もいないと感じた」
前回前々回のチームと比較しての事だと思うのですが、日本人メジャーリーガーが一人もいないのはかなりマイナスとの指摘は当たっていると思います。戦力的な事以外にも 精神的な事もそうですし、なによりメジャー球に近いと言われるWBCの公式球に苦労する投手が多い事から、メジャー球を熟知しているメジャー現役投手、若しくは元投手はメンバーに入れるべきだったでしょうね。

また、死の組と言われているB組で日本を敵視する韓国がオランダに5−0の完敗しました。
これは まぁ、おも…ゴホッ、、、言わずもがなですが。

う~ん、野球先進国が世界を圧倒する時代は終わったと言う事でしょう。

因みに WBC組が不在のホークスは若手が良いですね。読売の原監督が絶賛したギータこと柳田選手をはじめ 中村、江川とかネ
特に宮国、菅野、ホールトン等の投手から打っているのが良いですナ
投手陣も帆足投手が復活を予感させる投球が続いています。まっちゃん(松中選手)も調子良いみたいだしネ
長谷川選手の怪我(前頭部陥没骨折)は心配しましたけど、なんと手術も行わずに開幕も間に合う事なのでホッとしました。
ホークスは圧倒してほしいですネ

おまけの話
昨日のひな祭りは 手作りのちらし寿司と手まり寿司でお祝いしました。
手まり寿司は初めてでしたが、見た目も良く簡単な印象です。Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

外国勢に反撃

昨日まであれ程暖かかったのに 今朝は冷えました。雨の影響も有るでしょうが、三寒四温が始りましたネ。
桜田門外の変は3月3日(3月24日)に季節外れの大雪だったそうなので 3月に成ってもまだまだ油断できません。

 さて、置いてけぼりだった国産スマホが今年は 外国勢に反撃するんじゃないかと言う記事を見ました。
iPhone 5は思ったほどの売り上げが無いという報道は耳にしましたが、そのiPhone 5に待ったをかけたのはAndroidのサムスンだと思うのですが、その凄い進化を続けたAndroidのプラットフォームですけど、グーグル仲の良かったサムスン等にアドバンテージが有ったものが、ここにきて(OS4.0)落ち着き、Androidの中身が分かってきて日本のメーカーもコツを掴んだそうです。

そうなれば 細かい事は日本勢の出番でしょうネ。以前も愚痴りましたがソニーのセンサーは世界の追随を許さないくらい凄いそうだし、5インチフルHD液晶を作れる企業は世界に3社しか無いそうですが、そのうち2社は日本企業らしいですからネ。
早速シャープが出した春モデルは2日間充電なしで使えるそうなので、今後続々と出る日本製に期待です

おまけの話
外に出た時は嫁さんのiPhoneのデザリングがあるので、先代のiPod touch4Sを使っていますが、LTEが使える場所だと ストレスなく使えます。まるで光回線のようなスムーズさで逆に驚きます。ただ田舎にはまだまだLTEは通っていませんが^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »