« 敵であり友である関係 | トップページ | 付き合いを強要する銀行 »

2013年3月13日 (水)

結局好き嫌い

WBCの2次ラウンド全勝突破の原動力は井端選手でしょうが、解説者の江本さんは監督やコーチは黙って座って余計なことをしないというのが最大の采配 と語っていました。まぁ山本監督のしたことは自分の好む選手を使う(読売偏重)采配だけだったですからネ

 さて、NHKの大河も10話が終わりました。今年は作者のくだらない創作が少なく王道な作りに好感がもて毎週楽しみしています。主役が女性だとメロドラマに成りがちですが、女性の幕末とのかかわりもドロドロ感がなく不快感が有りませんしネ。
そして今週は、幕末ドラマで必ず取り上げられる有名な出来事の“池田屋事件”でしたが、会津目線で画いたのは初めてだったんじゃないでしょうかネ。斬新でこんな解釈もアリかな と感じましたし、過去の新撰組はどの映画やドラマでも清潔感溢れる幕府の警察組織的な描写だったと思いますが、新撰組は実は無頼のヤバい集団だと思うので、野性的な暴力組織的な集団性が出た 生々しい表現が際立っていて 個人的には面白いと感じます。
まぁ、新選組のフライング的な描写は創作とも言える訳で、お前の好むストーリーだからだろう と言われればそれまでなんですが^^;

因みに前回までが三条実美、長州ラインから中川宮朝彦親王、薩摩(久光)ラインに代わり対抗する幕府が一会桑ライン(一橋慶喜と高須兄弟(松平容保、松平定敬))です。来週も楽しみです。

おまけの話
読売の長野は調子が悪くても結果が出るまで使い続けられ坂本や阿部も同様でしょうか。井端選手の様に這い上がった選手もいますが、ポンちゃん(本多)にはチャンスすら与えてもらえない。 この違いはなんなのでしょうか。
好き嫌いと言えばそれまでなんですが、使わないなら選ぶなと言いたい。試合勘が鈍ったまま開幕を迎えるのはキツですよ。
前回の同じような扱いのされた川崎宗の(実戦に出てなくぶっつけ開幕でその後のシーズン調子が上がらなかった事)二の舞だけは御免ですぜ

|

« 敵であり友である関係 | トップページ | 付き合いを強要する銀行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、今朝は久しぶりに寒さの戻った横浜でした、小雨交じりの北風が強く咲き始めた桜もビックリしたのではないでしょうか

今日は朝から同業者のお友達のラボに遊びに行ってきました、別に特別な話がある訳でもなかったのですが私が暇コイテいたので、、
今年の花見の日時と場所を決めてきたのですが、今年ほコノ暖かさで例年より早く咲いてしまいそうでう

明日からWBCのアメリカ決戦ですね、しかし放送時間が私の営業時間と重なる為にチト残念です

投稿: JOHN | 2013年3月14日 (木) 19時16分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは昨日までの雨はやみましたが 寒かったです。
しかも今日は三倍返しの日なので 懐も寒くなってきました^^;
明日の昼から回復するそうですけど 今度こそ本格的な春が来そうですね。

決勝ラウンドは現地時間の17日18時からですから日本だと18日の午前中ですね(朝10時)ちょっと観戦は厳しそうです。ただ、決勝は祭日なので見れそうですが。

卒業式シーズンの今の時期は年度末でもありますから、どこも暇ですね。

投稿: 45net | 2013年3月14日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局好き嫌い:

« 敵であり友である関係 | トップページ | 付き合いを強要する銀行 »