« 筆頭株主は外国人 | トップページ | 分人主義 »

2013年6月28日 (金)

特別アドバイザー

昨日ラジオでサザエさんのお母さんのフネさんの年齢設定が48歳だと言う事を聞いて 唖然とし、ショックを隠し切れませんでした^^;う~んいつの間にかフネさんを超えていたのかとネ。因みに フネさんは後妻だそうです。なんでも原作には波平さんと舟さんが前妻の墓参りに行くシーンもあるそうですよ

 さて、プロ野球の統一球隠ぺい問題で日本野球機構(NPB)が決めた第三者委員会のメンバーに3人の弁護士プラス特別アドバイザーとして元巨人の桑田真澄氏が就任しました。巷では核心に迫れないだろうとか桑田に何ができるのかという声が有るそうですけど、私は大いに期待しています。
元々私は彼のTV中継の解説に好感を持っているんですけどネ。理由は ドームランを認めたりして面白いのも有りますが、読売出身なのに中立な解説している事だと思っています。WBCで読売の選手を第一に使う為に選ばれた人とは大違いですナ^^;

彼が早大大学院に進んだ時の発言が彼の人となりを表していると思います
「1つの球団の利益を追求する立場ではなく、日本の球界全体が発展していくための力になりたい。」
このままブレなければコミッショナーの道もあるかもしれませんネ

加藤ゴミッショナーの「知らなかった」は言った言わないなので究明は難しいかもしれませんが、なんとか一部の人間の意向で飛ぶボールと飛ばないボールを勝手に変更出来る点は究明して欲しいですネ

おまけの話
サザエさんの視聴率が上がると株価が下がるそうですが、理由は景気が悪くなると日曜でも外出をせずにサザエさんを見ながら夕食を食べる家が増える為だそうです。そうなると今は視聴率が悪いんですかネ。
株価が上がっているのに視聴率も良かったりして

|

« 筆頭株主は外国人 | トップページ | 分人主義 »

野球」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、少し暑いのですが風があり凌ぎやすい陽気の横浜です、しかしこれから午後のかけて気温が上がってきそうでチト辛くなりそう

サザエさんは随分と長寿番組になりましたね
もっとも私が物心ついた頃には新聞で読んでましたが、、、
何気ない日常のチョットした笑いや家族の揉め事など、どこの家庭でも起こるネタが共感を得るのでしょうか
確か原作者の長谷川町子サンが戦時中九州に疎開されどこかの海岸に海水浴に行った時に考えたとか、それで登場人物に海に因んだ人ばかりになったと記憶しています
設定は多分実際にいた作者の身近な人物ではないでしょうか?波平さんが双子だったり、船さんが再婚だったりサザエさんとカツオ君の年齢が離れていたりチョイト複雑な家系?の設定は昔のマンガにしては凝りすぎな気がします
最近は日本のアニメが外国の人たちに受けているようですが私的にはサザエさんのほうが日本文化や日本人の国民性をヨク表現してると思います

投稿: John | 2013年6月29日 (土) 10時34分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらも過ごし易いですが、流石に今日は気温が上がりそうですね。

ご指摘のようにサザエさんはかなり複雑な家庭設定で、長谷川町子さんも今の様な国民からここまで支持されるアットホームなアニメに定着するとは思わなかったでしょうね。実際途中連載を中断していじわるばあさんを執筆していたらしいですから、社会風刺作品を描きたかったんでしょうか。
私も子供の頃漫画を読むとアニメとキャラの性格も違うなぁと感じていました。
それでも 今でもアニメは放送しているんですから 凄い事です。
因みに山口県はフジの系列局が有りませんので、日曜の6時半の放送ではありませんから、あのサザエさんが終わった時の憂鬱な感じは山口県民は知らないんですよ^^;

投稿: 45net | 2013年6月29日 (土) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別アドバイザー:

« 筆頭株主は外国人 | トップページ | 分人主義 »