« 緊急地震速報の誤報の報道論 | トップページ | 夏の盛り »

2013年8月12日 (月)

曖昧な審査基準

始りが有れば必ずやって来るのが終わりです。
愛娘の吹奏楽の追っかけも先週の10日が最後に成りました。
小学校の4年生からですから9年間にも及んだものの、あっという間でした。
有終の美を飾って中国大会 という訳にはいかなかったですけど よく頑張ったと思います。親子共に^^;
曜日の感覚が分からなくなるほど土日も関係なく早朝より弁当を作った嫁さんは取り敢えず土日の早朝起床しての弁当作りから解放されたと喜んでいますが、気楽な私は寂しさで押しつぶされそうです。

 さて、そんな吹奏楽部の夏の大イベントはコンクールで吹奏楽の甲子園と言われる普門館を目指します。
県大会の上位4校が中国大会に進出しますが、ただ近年は毎年毎年同じ高校が選ばれるんですよね
実際聴いても、(9年間聞いて来たとはいえ、素人の私は分からないんですよね)流石に銅賞との差はおぼろげながら分かりますが、銀賞の上位から中大に行く4校の差は分からないです。
それで口の悪い人から顧問の先生が力を持っていると評判の岩○商業枠があるなんて言われています。
選考理由は陸上や競泳のように明確な結果(数字)は出ません、選ばれた9名の審査員の評価点で決まります。
技術/音色、音質、ブレンド、バランス、ピッチ、ハーモニー、コントロール、リズム、アインザッツ、フレージング、個々の技能など
表現/テンポ、ダイナミックス、安定感、音量、曲の構成、スタイル、理解度、感銘度など

最後の“など”ってなんですか?
有り体に言えば個人の主観や県の吹奏楽連盟に貢献のある顧問のいる学校にプラス点を入れても良いよ と理解したんですが

いつもそこに座りたいなぁと皆が羨む ど真ん中の一番の特等席を審査員数以上の座席が用意されていて。
私が審査員をチラ見をしたらなんと居眠りをしている人が あなた審査員を辞退しなさい と言いたい。
まぁ、県大会の審査員なんて中央では無名の人なんだろうから、その程度でも仕方がないんでしょうナ

そんな事を愚痴っていたら 嫁さんに
「娘の高校が(中大に)選ばれたら 文句は言わないんでしょう」
う~ん そうなんですが…。

おまけの話
今年の山口県大会は金賞が異常に少なくなりました、理由は毎年僅差の得点差に成るので繰り上げて金賞を授与していたそうですが、今年からキッパリ線を引いたとの事です。
ちょっと待てよと、それなら事前に発表しろと言いたい。今年からルールを変えますって
お前らはNPBか!
しかも明確に何点までとか何位までとかも無いそうです。おいおい やっぱり審査員の気分で決めるのか と
金賞の大盤振る舞いでも良いじゃないか、お金が掛かる訳でもないんだし
権威を示せるような世界的に著名な審査員でも無いんから

|

« 緊急地震速報の誤報の報道論 | トップページ | 夏の盛り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、酷暑の横浜です、朝の8時頃日はもう30度をこす気温で現在はナント39度!このまま40度を超すのでは、、、

今日から私のラボは木曜日まで夏季休暇なのですが、特別にヤルこともナイので仕事場に来てダラダラとしています、掃除とか帳簿付け、在庫の整理とかその気になればヤルことはいくらでもあるのですが(ヤル気になれない)
今日はこのまんまダラダラして夕方になったらカミサンのお供でスーパーに買い物の荷物持ちの予定です

お嬢さんの部活は残念な結果のようですね
しかし頑張った9年間のことは後々色んな形でお嬢さんの未来にヨイ形で現れると思いますヨ
結果だけを求めるプロと違うアマチュアのヨイところで、友情や努力した達成感など貴重な体験をなさったことと思います
マアこれから先音楽のプロを目指すのならいざ知らず、アマチュアとして音楽を楽しむのであれば、一番上に行かなくてもと感じました(他人だからかしら?)
1番になる苦労で身体でも壊したら(どこかの野球選手みたく)それこそ悔いの残る9年間になったかも?

陸上競技のように一目で結果の解るスポーツと違い演技や内容で勝負の種目の順位決定はシロートには解りづらいですね、アイススケートのフィギュアーとか新体操など、私の場合はほとんど容姿と笑顔で決定してしまいます

454netさんもそうムキにならずいよいよ本番の大学入試試験に向けてお嬢さんの応援に気持ちを入れ替えては如何でしょう

投稿: John | 2013年8月12日 (月) 14時56分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
暑いですね クーラーの有る室内にでも水分補給に気を付けないといけません。
明日 盆前最後の荷物が届くので結局工場に行かないといけないので 盆休みはだらだら過ごしそうになりそうです。

ご指摘は肝に銘じたいと思います。
正にその通りで、プロを目指している訳では無く 野球部の時も応援の応援に行きたかっただけですからね^^;
娘も結果は残念でしたが、やった感が満載だったとの事で後悔はないそうです。
まぁ親よりサバサバしています。
野球部も敗戦の明くる日から(厳しい練習から解放され)エンジョイしていたそうなのですから。
若いと切り替えも早いものと羨ましくなりました。

ただ今回の判定は私だけではなく多くの人が疑問に思っていたそうで 巨大掲示板でも盛り上がっていたそうです。
まぁ居眠りは審査以前の問題で 失礼な話だと思いますが
因みに信憑性は分かりませんが、指摘された審査員は「寝てていても解るくらいの差が有るんだ」と開き直っていたとか…。

投稿: 45net | 2013年8月12日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曖昧な審査基準:

« 緊急地震速報の誤報の報道論 | トップページ | 夏の盛り »