« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

安倍さんの靖国参拝で思った事/その2

昨晩友人から「ブログを読んでも解らなかったが、お前は総理の靖国参拝肯定派か反対派かどっちだ?」と詰め寄られました。
う~ん、正直分からないんですよ。

どうも靖国参拝問題は近隣国と首相、官房長官、外務大臣の3人は在任中に参拝しないという紳士協定があるそうですね。
素朴な疑問ですが、逆にそれ以外の人は参拝しても(文句も)言われないし、拡大解釈して該当三閣僚も私人としていけばOKなんでしょうかネ。
そう考えると上手く立ち回っても良い様な気がします。仮りにも紳士協定を結んでいるんならネ。
小泉さんや安倍さんが大好きで隷属している米国さん までも文句を言って来るんだから。

そもそも昔はどこも煩く言わなかったですよね、あの富田メモで昭和天皇も憤っておられたと噂の(「合祀を受け入れた松平永芳宮司は大馬鹿」と仰言ったとされる)A級戦犯合祀問題の後でも。
たしか中曽根さんあたりからですよね、煩く言って来たのは。
何故なんでしょうか。
基本的に靖国神社は一宗教法人ですから、誰を合祀しようか自由と言う主張は理解できますし、A級戦犯を合祀に踏み切ったのは、名誉回復の方針を打ち出したからですからネ。
(東京裁判の有効性や侵略の事実を否定するなど、「A級戦犯は戦争犯罪者ではない」として名誉回復の方針を見解として打ち出している)

靖国参拝の是非より私は強く思うんですよ
「いつまで戦勝国面させておくんだ」と
極東軍事裁判のアンフェアさをそろそろ指摘しても良いんじゃないですか?

おまけの話
東条英機氏は、日本政府としては刑死ではなく公務死の扱いだそうですね。
因みに遺族年金支給などの関係で、当時の厚生省がそのように取り扱ったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

安倍さんの靖国参拝で思った事

日本と言う国は、国を守るために戦場で若き命を散らした人々に対して、後の世に生まれた人間が感謝の気持ちを捧げるというごく当たり前の事がある隣国の干渉で出来ない国です。

ただ 押さえておきたい点もあります。 靖国神社は戊辰戦争の官軍側戦死者を祀るための招魂社が元になっていますので当然 会津や新撰組も祀られていませんし、明治維新の最大の功労者の西郷隆盛は西南戦争で反政府側として戦死したので祀られていません。
(あと東郷平八郎元帥や殉死した乃木希典元帥も祀られていないそうです)
付け加えると、戊辰戦争では賊軍だった 会津の佐川官兵衛は西南戦争で政府軍側として戦死したので祀られているそうで、 また、会津でも禁門の変限定で戦死した会津藩士は(大正時代に)祀られているそうですから なんか時の政府の都合という気もしない訳ではありませんネ。

小沢一郎が主張した「靖国神社は戦争で戦って亡くなった人を祀るところだ。いわゆるA級戦犯と呼ばれる方は戦争そのもので亡くなった人ではない。(合祀は)靖国神社本来の趣旨とは違う」
まぁ 私的には現状ではこれで良いんじゃないでしょうかネ

おまけの話
安倍総理が靖国に公式参拝しましたが、その事で安倍さんが想定外だったのは米国が中韓より先行して不快感を示した事ですかネ
今の日本政府には米国の反応を予測する能力がないことが浮き彫りに成ったという事でしょうか。
それにしても米国の反応は先走りしすぎの様な気がしますナ
Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

クリスマス論

Happy Holidays!
今日はクリスマスで街は華やかでプレゼント交換の準備で忙しいでしょうネ。
因みにキリスト教徒以外の人の事を配慮してMerry Christmas よりHappy Holidaysを使う方が 便利だそうです。
日本人で宗教を信じてる人は39%という説もありますから無難かもしれませんネ。
しかしまぁサンタさんは元々宗教を問わずプレゼントしたそうなので、なんでも大丈夫だと思いますが。

 さて、私はどうもクリスマスになじめないというか、冷めて見ている所があります。
別に宗教論を持ち出そうなんて思っていないのですけどネ。
なんか楽しめないと言うか、ワクワク感が生まれないんですよ。
どうも浮かれている街の人々を見ても 何も感じないですね。
ただ、こんな事を口に出すと僻んでいる等と言われて嫌な思いをするだけなので封印してそれなりにお付き合いしていますが^^;
お正月はこんな良い年に成った今でも
「もういくつ寝ると…」なんですけど^^;
何故なんでしょうネ。
実際海外でも復活祭の方が盛り上がるんでしょう?
チェコのように99%無宗教の国でもクリスマスはお祝いするそうなので、どうも日本で言う祝日に近い感覚なんでしょうかネ

あと、お付き合いでケーキとか頼まれるんですよね。
スイーツ男子なので甘いものはやぶさかではないのですが、
コスパの悪いケーキはもうご勘弁ですよ。
嗜好品は自分の都合の良いタイミングで好きなモノを食べたいですよ。

おいイオン!パートのおばさんなんかにノルマなんか課すなよ 

おまけの話
俗説でサンタさんの装束の白のトリミングのある赤いガウンは米国コカ・コーラの広告にサンタクロースを採用しトラックにラッピングして全米中を走らせたから って説が一般的ですが、どうも違うそうですね。
米国コカ・コーラの広告にサンタさんが登場したのは1931年だそうですが、遠く離れた日本でさえ1914年頃には赤いガウンの画像が雑誌などに掲載されていたそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

下積み原理主義者

明日はメニー苦しみます じゃなかったメリークリスマスですが^^;
最近の女子高生はクリスマスは何の日か知らない子が多いそうですね。
「サンタが来る日」 「ケーキを食べる日」
と言う答えだそうです^^;まぁそうなんですけど。
因みにプレゼントはやっぱり倍返しですか??

 さて、今月都内で行われた「働く」をテーマにしたイベントの中で、人事コンサルタント・城繁幸さんが、司会を務める起業(独立)して成功した元NHKアナウンサー・堀潤さんが仕事が順調なことに触れてこう発言したら
「堀さんが入局半年目で辞めていたらこうはならなかったですよね。やっぱり何年か下積みがあったから今があると思う」
これにホリエモンが噛み付いたそうです

ホリエモン「下積み原理主義」を批判 新人の「コピー取り」は無意味か?
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/cc-20131219-1074/1.htm

「それは下積み原理主義者ですよ」
堀江さんは、寿司屋の例を出す。職人は5~10年やらないと一人前になれない、などと昔は言われていた。しかしいま、東南アジアなどで活躍している寿司職人は、専門学校で半年や1年勉強しただけで海外に行き、いい給料をもらっていると説明。
「下積みを全く否定する訳じゃないが、みんな『会社に何年いないといけない』とか思い込んでいる」と批判している。
企業での「下積み」の必要性は、多くの若手社員の間で議論になるところだ。OJTなど直接仕事につながるものならマシだろうが、花見の場所取りや路上での100枚名刺集めなど、「どうなの」と思うものもある

う~ん、職種にもよるのかもしれませんが。
ただ、我々の時代は石の上にも三年と言われましたし、実際私の修業時代はPL法も無く学生時代からですから7年間
「地べたを這い、砂を噛み、泥水をすする」でしたが^^;
確かに先輩たちに課せられた事を後輩や独立後のスタッフには、明らかに経験上無意味な事は強要しない事もありました。
ただ 辛抱出来る強さってそんな状況でしか培う事が出来ない様な気もしますけどネ。
そんな強さは後々凄い財産になると感じますが。

元官僚でコンサルタントのうさみのりや氏は反論しています
「凡人には下積みが必要。下積み無しでやっていける奴は凄い奴」

徒弟制度のような環境の修行時代で、しかも(今でいう)パワハラって未だに有る程 基本的に技工士は一生修業時代の様なものですが、実際私に辛抱が培ったかどうか??
嫁さんと娘が良く知っています…。

まぁ世の中 「目明き千人盲千人」
苦労が報われる人もいれば、そうでない人もいますし。
辛抱と努力だけではねぇ、運も要りますから。

おまけの話
クリスマスに恋人のいない人の事を「クリぼっち」というそうですネ
レストランの某ネット予約会社が10月に20~30代の独身男女に行った調査では、男性の70.3%、女性の57.5%が「彼氏彼女なし」と回答したそうです。
数字合わないけど、
アンケートで見栄を張るとは思えませんので、女性はかなり年上か、10代と交際しているのかも知れませんネ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

あぶさん

プロ野球のホークスの監督に就任したある監督が選手名簿を見て「景浦はどうした?」と言ったという冗談話がある程のお化け漫画“あぶさん”が来年2月に終了することが発表されたそうです。

始まったのが野村南海時代の73年の優勝した年からですから41年も連載が続いていましたからネ。
“あぶさん”って 実際のプロ野球をリアルタイムで漫画化した特異な作品で、しかも当時マイナーなパリーグの関西が拠点の球団所属という、地味で日の当たらない スターとは程遠い現実的な姿は、多くの共感を呼び人気を博しました。

この作品の主人公の景浦安武はリアルタイムに時代が進行して年齢を重ねています(因みに62歳まで現役を続けていました。同期は藤原満、有藤道世、田淵幸一、山本浩二)
また、実在のプロ野球選手や著名人や財界人なども数多く登場し、特に初期の頃の南海を支えた裏方にもスポットライトを当てており、南海球団史を知る上で貴重な資料となっています。しかもセミドキュメントと銘打っていますから、ほぼ事実の話だったんでしょうね。
ただ、近年はホークスに在籍したウィリー・アップショーの代理人から肖像権を盾に膨大な慰謝料を請求されてからは めっきり減りました。米国人は野暮なことをしますよ。
初期の頃は、パリーグがマイナーだった為、球団側から「自分の球団の選手をドンドン出してほしい」という依頼もあったそうで、パ・リーグの選手はこの作品に登場して初めて一人前の選手だと認められたと言われて。現在でも特に苦情をうけることはなく、むしろ作中に登場できるように励む選手もいるくらいだそうです。有名な話では金村義明氏はどうしても作品に出たくて、ストーリーを持ち込んでいるそうです^^;

まぁ、私もこの漫画に影響されてないと言えば嘘に成りますかね
最近はちょっとご無沙汰でしたが、寂しいとしか言いようが有りません。

もしかしたら、ドカベンにあぶさんが登場するかも

おまけの話
ダイエーの中内功さんがオーナーに成った時、「ホークスのことは誰に聞けばええんや」と訊ねると「水島新司さん」と挙って言われた話は有名です。
また王監督時代に水島新司さんと対談した際、あぶさんがまだ現役の頃 王さんが「あぶさんってまだやってるの?」っと聞いたとき、水島新司が「あんた何度あぶさんに試合で助けられたんだ!」ってマジギレした話もあるそうです。
現実とごっちゃに成ったんですかネ^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

折れて曲がってまた折れる

私は基本的に楽観主義で人生適当に過ごしてきましたが、最近は 楽観人生の揺り戻しか、一杯一杯の受験生の娘から伝染されたのか、ちょっと私まで追い込まれてきました。
人生収支決算ゼロ、明けない朝はない、そんな事を日々親子で唱えています。
まぁそんな時期もありますよ と。

 さて、結局楽観主義な私ですが、仕事ではどうやら 岐路に立たされています。
それは、デジタル化の波ですが。
何度も愚痴ってきたので、セレックについて あれこれ言うのは 止めておきますけど、
セレックの弱点の曲げ強度の極端な弱さと透明感の無さを補う為、emaxも出来るんですが、ただ あんな硬いものは削り出すなんて不可能で削ってから焼成して強度を上げる事に成ります。
おそらく最近では流行っている歯科医院でも歯科技工士が従事している所は皆無でしょうから 高価なファーネスを購入して歯科医師が作業する事に成ると思います。
(衛生士や助手がすれば法規違反になります)
30歳までの離職率が80%の仕事を歯科医師がするのか、またメーカーもそんな愚行を想定してデザインしたのかと驚きます。
(それを販売する○リタは商社の成れの果てだから 売れなければ売った相手にお構いなしに得意技の撤退すれば良いんでしょうけどネ^^;)焼いて冷えるのが10分程度なら理解出来るんですが、夜な夜な歯科医医師がするのか と。
セレックを導入できる程 資金力が潤沢な歯科医院でもこんな戦略ですから。
推して知るべしなんでしょうナ。

セレックはあんなルーズな適合でも麻酔が効いている間にセット出来る為 セメント接着出来るそうなので、結構外れないそうです。どんなに急いでも技工士が作る補綴物だと中3日は開くので、適合の良い(タイト)物を作ってもセメント合着になりますから
まぁ、この意見については都市伝説の様な理論だと唱える研究者もいますが。
データなんてよっぽどの第三者機関が調査しない限り 当てには出来ないですが、これから数年注視すれば分かると思います。

あと、セレックについて私が愚痴りたいのは例えばインレーだと結構ステップが付くんですが、歯科医師はセレックだと文句も言わずにセット後バニッシュ(摺合せ)をするんですよね。これが技工士が作る補綴物だと どれだけ文句を言われるか^^;
(チェアータイムを短縮させろボケ! とか)
一番は色ですね。あんな透明感の無いモノなのに歯科医院のスタッフ、歯科医師に至るまで 絶賛するんですよね。
(患者さんはザラザラすると言うそうですが)
今までレジンやMBで絶賛されていたのも素直に喜んで良いのか、満足して良かったのかと自信喪失です。

あとは値段ですね、折れて曲がってまた折れる歯科医院と違って 歯科技工士の取り分は良くて20%だいたい8%ですから。

おまけの話
最近金床(ゴールドを使った金属床)したんですけど、金相場の高騰中の今金属の在庫で困っています。
例えば30グラム使うとしても30グラム仕入れれば良い訳じゃないですから、理想は補綴物の3倍の金属量で最低でも2倍は無いと鋳造欠陥が出ますからネ。在庫をどうしようかと途方に暮れています。
今時金歯なんて世の中に逆行してますから これからも期待できませんからネ。
分析に出す事に成ると思います。例え今の高値で安定したとしても 購入時より2~3割安い訳ですから 儲けが飛ぶどころか大赤字の仕事に成りました。
友人や知り合いに聞いたら今は(金属)預かりしか(そんな仕事は)受けないそうですね。
「お前 言いなり すぎるわ」と馬鹿にされましたよ。
技工士から指輪職人に転職した先輩が言うには、使用金属代金の2倍が相場だそうです。
15万使ったら技術料込みで30万請求するわけか…。
因みに装飾品なんて技工に比べたら毎日が遊んでいるようなものって言っていましたっけ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

日本がハワイを獲得し損ねてたってご存知ですか

先週の日曜日(8日)のニュースで“北朝鮮の張成沢氏粛清か”なんて報道だったのに、12日に開かれた軍事法廷で死刑判決を下し、即時処刑したことを発表しました。なんともまぁ 乱暴な事です。およそ国家と呼べる国のする事ではありませんナ^^;
その後の報道によると金正恩体制の為であの国では新体制を確立する時に良く有る事だそうです。なんか徳川時代の確立するために3代家光の時代に身内の区別なく粛清した事を彷彿させます。まぁ400年前の話ですが…。

 さて、明治時代にハワイの当時のカメハメハ大王から明治天皇に親書が届いていたのてご存知ですか?
その内容は
・日本・ハワイの連邦化
・日本・ハワイ間のホットライン敷設
・日本主導によるアジア共同体の創設
・カイウラニ王女と山階宮定麿王の縁談
・同じ有色人種である日本人のハワイへの移民(当時のハワイは西欧から齎された疫病により、原住民の人口が激減していた)

なんと、カラカウア国王は明治天皇に謁見した際、ハワイ王国の安泰のため日本とハワイの連邦化を提案したんですナ
今にして思えば ビザなしでハワイに行けるわけですし、勿体無い事をしたものです。
海洋資源も凄いでしょうし、領土も凄い事に成りますし。その後日本連邦としてもっと増えたかも知れませんしね。

当時はどうしたかと言うと、今と同じで米国に遠慮して、これらの提案を「良友 睦仁」の御筆の入った親書をもって丁重にお断りしたそうです。
もっとも、現実的に考えたら 防衛しきれないでしょうネ、先の大戦でも戦線を広げ過ぎたのが敗因ですから。

この事が紛れもない事実だからといって本当は日本の領土だとかおかしなことを言ったりしませんけどネ^^;
あっ、あの国は 勝手に線を引いて私の国だと主張しているのか

おまけの話
当時の東京にはハワイ王国公使が駐在していたそうで、群馬県の伊香保温泉にはその別邸も現存しているらしいです。
連邦は丁重にお断りしましたが、移住は積極的に行ったそうです
(中には悪徳ブローカーに騙された人も少なくなかったそうですが)
そんな経緯が有るからか、ハワイのアロハシャツは日本の着物からの派生だとする説が有力なのも頷けます。
戦前の日本ではアロハシャツとは「派手な和柄の開襟シャツ」を意味していたそうですから

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

季節外れの季節感のあるCM

YouTubeを見る時時々スポットCMが入りますよね、殆どはスキップするんですが、
たまたま見てしまったら

絶対に心臓の悪い人は見ないで下さい!
おしっこちびりそうになりましたよ^^;
福岡の会社だそうですけど、福岡ではTVでも流すんですかね。
絶対やめた方が良いと思いますけど。
因みにネタ元の記事です。

福岡発「恐怖CM」、異例の閲覧460万回
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131209-00010000-qbiz-bus_all
発信は“無名”のタイヤ通販会社
CMのタイトルは「雪道コワイ」雪道用のスタッドレスタイヤをPRするために制作し 11月20日にネット公開した約40秒の動画の冒頭には「CAUTION(警告)」と明示し、「心臓の弱い方などは視聴をご注意ください」とわざわざ断りを入れている
インターネットで公開した低予算CMが世界各国・地域に爆発的に拡散し、話題になっている。動画閲覧回数は公開3週間弱で異例の460万回を突破(8日時点)。制作も福岡市の広告代理店「BBDO J WEST」。

製作サイドの思惑は大成功じゃないでしょうかね。
冬用タイヤを付けずに夏用タイヤで雪道の走行が怖いのは分かりましたが、タイヤをネット通販で買う怖さもあるよ^^;

今日は13日の金曜日で、明日の14日は討ち入りです。
今日明日にかけてが今週の寒さのピークだそうなので御身御自愛ください

おまけの話
お口直しに日本人の静寂の美をどうぞ
最初の羽がミソってのが良かったですナ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

国鉄には良い昭和が詰まっていた

豪華な寝台列車「ななつ星九州」が大人気だとか、なんでも来年夏まで予約で埋まっているそうですネ。
世の中 景気が良い人も多い様です。
そんな寝台列車も今は新幹線が日本中に整備されつつありますから、ブルートレイン“さくら”“あさかぜ”とかは今は無く、2015年までに全面廃止されるそうです。
う~ん、超豪華な寝台特急だけでなく スローで庶民的な寝台列車(ブルートレイン)という選択肢もあってよいと思うんですけど。
乗車率の低下が原因らしいですが、長距離夜行バスが大人気なんだから、やりようによってはニーズは有ると思うんですがネ

 さて、そんなブルートレイン全盛の昭和40年代を舞台にした漫画「カレチ」(モーニング)ってご存知ですか。
懐かしくて読んでいたのですが、今年の夏の終わりに完結してしまいました。

鉄道を(国鉄)を舞台にした物語は珍しく、また名作と思っていたので寂しいですネ
国鉄民営化の時のゴタゴタや親方日の丸の赤字体質とかも有ったので、内部の特に社員のモチベーション等について、
私はこの物語を読むまで“大いなる誤解”をしていた事に気づきましたネ。

題名の「カレチ」って、「客扱専務車掌・旅客列車長(りょっしゃょう)」の(鉄道)業界の呼び名だそうです。有り体に言えば(特急や寝台列車などの長距離列車に乗務する)車掌さんです。
主人公である荻野憲二もその新米“カレチ”として、乗客や乗員・駅員達と関わり、日々成長しながら過ごしています。
物語が進んでいくうちに、 懐かしさだけでなく、何と言うか昭和の良い所がにじみ出ていて 良い時代だったなぁ と
国鉄は色々なポジションで職人芸を持ったプロが多数存在したんだと 再認識しましたネ。
高度成長期の国鉄の現実と夢を持って働く国鉄マンの昭和の情が拮抗し、職人芸を見せながら最善の結果を導き出していく展開です。

なんと言うか、合理化を進めると言う事は プロフェショナルな仕事が出来る人に妥協させる事でもあるんだと。
列車火災、脱線、レール補修の放置、車両破壊、鉄道事故、最近よく耳にする不祥事ですが、昔の国鉄では多数の職人芸に守られていたんだ とも感じました。
無賃乗車の小学生を諭す話なんか、とても味わい深かったです
切符にハサミを入れてもらった事のある人ならハサミの形の違いの事なんかもわかり易く説明されています。
鉄道オタクでは無い人でも楽しみる作品です。

う~ん、ネタバレに成るので控えますが、続編は難しいのでアナザーストーリーかスピンオフとかの外伝で再連載してくれないかなぁ

おまけの話
私の母方の亡き祖父は旧国鉄マンでお召列車の運転をした事が有る事が人生の最大の自慢で、小学生の頃 良く写真と共に話を聞いたものです。
また、なんでも旧東海道の路線区間の時間短縮に貢献が有った事が認められ引退後は勲四等を頂きました。
祖父も物語に出てくるような職人芸が有ったのかなぁ なんて妄想していました。もっと話を聞けばよかった と後悔しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

メダルの色より拘るもの

先日カーオブザイヤーのレーサー目線しかない選考基準についてぼやきましたが、フィギュア女子の審査基準も批判が有りますね。
「フィギュアスケートにおける悲哀」って。まぁある半島の南の方の人以外の世界中は知ってるんですけどネ。依怙贔屓というレベルでは無い事を。因みに日本のマスゴミより中国の方が的を得た解説している悲劇も日本人にはありますが。

 さて、色々な過去を全て知ってる日本国民で浅田真央さんを応援しない人いないと思います。
フリーでのアクセル二本は残念でしたが、それ以外は完璧の演技に酔いしれたと思います。ソチに向かって課題が有った方が良いよ と思った方も多かったんじゃないでしょうかネ。
ただねぇ、GPファイナルを中継したテレ朝の放送方法って酷かったですよね。
生中継がないものだから、演技前に結果(しかも優勝したとかどこで転倒したとか詳しい詳細まで)がネットで出回ってるし。
番組内容もやたらCMが多いし、過去の道程とかしつこいしネ。
あとペアダンスの空気扱いは可哀想なくらいです。
(結構好きなのに)
独占でスポンサーもそれなりに付いたんだろうから、米国が五輪でするような 放送体制組めなかったんでしょうかネ
まぁそれはそれで 腹立つけど。

閑話休題
現在の流れは、比較的難度の低い3回転を組み合わせると基礎点が高く、加点も付きやすいそうで そんなコンビネーションを上手く取り入れる傾向だそうですが。
今回の様に浅田さんはソチでも あえてアクセルを2回入れると言う作戦で、何と言いますか、メダルの色よりもアクセルを跳ぶ事の方が大事なのかも知れませんネ。
そんな所も応援してるんですけど。

おまけの話
フィギュアのジャンプについて簡単に纏めると
フィギュアのジャンプは6種類でこのうちアクセルだけが前向きに踏み切り、他の5種類は後ろ向きの踏み切り(着氷は全て後ろ向き)よって+半回転になるそうです。
4回転が跳べる人でもトリプルアクセルが飛べない人が多い程難しいジャンプだそうです。
他のジャンプも踏み切る姿勢に差が有る為、3回転と言えども実質的には23/4回転に成ると考える事が出来るジャンプも有るそうです。
結果として、その「実質的な回転数」による難易度を考慮すると、
アクセル>>ルッツ>フリップ>ループ>サルコウ≧トゥループ
となるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

表なしな流行語大賞

「この度はお父さんお母さんおめでとうございます」
「また ありがとうございました」
今年のホークスの新入団会見で秋山監督のサプライズな無茶振りによって、それぞれの担当スカウトがスピーチをすることに成った時の あるスカウトの言葉です。
なんかねぇ、胸を打たれましたね。朝早くからお弁当を作ったりとか、練習で不規則に成るだろうから送り迎えも有っただろうし。
本人は入団はゴールでは無くスタートですが、親にすればホッとしたと言うか 義務を果たした安堵感とかもあるでしょうからネ。
プロ野球にドラフト指名されるなんて事は、ある意味 東大に入るより難しいですから。
http://www.softbankhawks.co.jp/expansion/entame/ust_movie.php

 さて 亀ネタですが、火曜日に今年の流行語大賞が発表されましたけど、異例の4“件”でなんか流行語と言うより 今年話題に成った事柄やTVから選ばれた感じがしました。
因みに私の予想は不本意ながらアベノミクスだと思っていましたけどネ。
表なし じゃなかった「おもてなし」なんかみんな使ってますか?滝川雅子さんは 太田某も指摘していましたが あれほどフランスマンセーを隠さなかった人が 東京五輪のプレゼンターに選ばれた途端って感じもしなくはないですし。
能年玲奈さんは可愛らしく あまロスって言葉が出来る程話題に上りましたが、「じぇじぇじぇ」って使ってますかネ。
また「倍返し」も同様でしょうか。この中では一番使われていると思われる「今でしょ」も 林先生はかなり前から使っていますから、今年の流行語には?って感じです。(CMも09年頃からですし)

今回の選考委員会は、姜尚中(作家・聖学院大学全学教授)、俵万智(歌人)、鳥越俊太郎(ジャーナリスト)、  室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、 清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)こんなメンバーです。
私が一番言いたいのは、

一つに選ぶのが、あなた方の仕事ですよ!

おまけの話
秋山監督は失礼ながら滑舌も悪いし、口が重い感じですけど、言っている事がビシッと筋が通っていて、深い言葉を発します。
以前も指摘しましたが、試合前の選手サロンで将棋を指すようなぬるま湯ホークスを今のプロ集団に変えた功労者ですからね。
そんな 秋山監督が新入団選手に送った言葉が

「自分を信じて、自分に期待して、頑張る」
「相手との勝負に負けない気持ちを持って戦う」
「1日1日を大事に練習に練習を積み重ね、技術を身につける」

最初の自分を信じて期待して頑張るは良い言葉だと思いました。
心に残りましたネ もっと早く聞きたかった。
2013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水)

スマートな家事

武田鉄矢さんがコンビニのおにぎりは米どころの米(精米して真っ白ですしネ)で塩も高給な塩を使っているから美味しいんですが、母親の握ってくれたおにぎりには敵わない とシミジミ話されていました。
まぁ、愛情も一緒に握られていると思いたいところですが、噂話ながらコンビニ等ではおにぎりは作る過程で米を洗う時 特殊な合成洗剤で洗うそうですね(サラダもだとか)。その方が早くコストも安いそうです。いくら良い米や高級な塩や自然水を使っても洗剤で洗えばお母さんのおにぎりに負けますわナ^^;

 さて、10年前に当時の小泉純一郎首相は、施政方針演説で食器洗い乾燥機・薄型TV・カメラ付携帯電話を「新三種の神器」と命名しましたが、今では薄型TVは行き渡り、携帯はスマホへと変わりつつあります。
そんな中 食器洗い乾燥機(食洗機)はあまり普及していませんね
ルーツは1860年で、業務用は東京オリンピックの頃には一気に普及したそうなのに。
その理由について生活コラムニストの ももせいづみさんが昨日ラジオで「食洗機はコマーシャルが打てる様に成ったのですら2000年を過ぎてからで、それまでの日本では、家事を機械にやらせるなんて主婦は手抜きをしてはいけない、楽してはいけないと言う風潮が根強かった為」と言っていました。
そんな私の両親世代のレベルまでは花嫁修業をした女性が家事を負うモノで、また、多くの主婦は“後ろめたさ”“罪悪感”が有ったから だと言う事のようです。
ももせさんは「食洗機等の家電に家事をやらせることは、"手抜き"ではない、"合理化"である」と

ただ、いざ食洗機を買おうと思っても選択肢が無いんですよね。
1960年に松下電器によって家庭用の食器洗い機第一号が発売され、現在ではコンパクト、省エネ性、騒音の小ささ他凄まじい進歩を遂げましたが、大手メーカーが次々に撤退して2010年には大手は3社に成り、2012年に東芝と象印が撤退して今ではパナソニックのみが生産を続けています。

今週末は 電気屋さんを覗いてみようか。

おまけの話
なんか最近は独身男性が食洗機を持っているなんて話を聞きましたが。男は機械にも強いし食洗機を使った方が清潔ですから
それに食洗機を買うとお父さんが食器を洗う家庭が増えたとか。う~ん 成るほど^^;
また、ももせいづみさんは男女平等を謳歌し、昔のような家事のしつけも「花嫁修業」もないまま結婚した女性のみに家事を負わせ、母親世代のレベルの家事を要求することは理不尽だと話されていました。
これって 現代の主婦の遠回しな悪口にも聞こえる様な…。

あと冒頭の話で、米や野菜を洗剤で洗う話は嘘であって欲しいと切に願いますが、中国では野菜やお米を洗剤で洗うのは家庭でも結構なされているとの事らしいですね。
お近くのコンビニやスーパーのお弁当や外食産業のお米が安全かどうかはそのお米でおかゆを作れば分かるそうです。重湯のように成れば 注意が必要かもしれないとの事でした。
まぁ、これからは この値段で「ご飯おかわりし放題」には理由があるかもなんて 疑ってしまいますネ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

レーサーが選ぶ日本の自動車大賞

以前 肉じゃがはビーフシチューを模して作ったんだから洋食だと言う私の主張に対して冷ややかな目で見られ日本の材料や調味料で日本人が作ったから日本食との主張に対して、それならばハヤシライスはどうなるのか と言いたい。ルーツが早矢仕有的(ハヤシユウテキ)氏が作った牛肉と野菜のごった煮なんだから日本食とすべきなんですが、現在ではデミグラスソースを使うのが主流の為 絶対洋食に分類されます。
う~ん 不毛な話でした^^;

 さて、今年の日本カーオブザイヤーの大賞が34年目にして初めて外車が受賞しました。

日本カーオブザイヤーにVWの「ゴルフ」初の外国車受賞、日本メーカーに衝撃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131201-00000002-jct-bus_all
今年(2013~2014年)の日本カー・オブ・ザ・イヤーがフォルクスワーゲン(VW)の7代目ゴルフに決定した。34年目になる日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史の中で、外国車が大賞(1位)に輝くのは初めて。今年は大賞候補となったベスト10の中に外国車が5台含まれており、近年は外国車の進出が目立ってはいたが、日本カー・オブ・ザ・イヤーはその年、最も話題を呼んだ日本車が受賞するのが自動車業界では不文律となっており、初の日本車の落選は日本メーカーはじめ関係者に衝撃を与えている。

私が気に成ったのは選考委員のコメントですよ
「燃費でゴルフに勝っても、ハンドリングや乗り心地でゴルフをしのぐものがなかった」
ゴルフって車幅1800㍉以上なんでしょう?そりゃ安定するでしょう。日本車って基本1700㍉以下で設計しますからネ 日本の道路幅を考慮してネ。現在のエコ時代に燃費が重視されないなんてどうよ ですよ。
そもそもどうなんでしょう この賞の選考基準って、選考委員がレーサーやラリースト現役や出身者の自動車評論家でプライベートもほぼそんなモンスターカー乗ってるんでしょう?
もう一つのカー・オブ・ザ・イヤーの“RJCカーオブザイヤー”は自動車メーカーの技術者出身や自動車雑誌編集者出身が多い(レーサーやラリースト出身者が少ないのが特徴)ので大賞はマツダアテンザで、RJCカーオブザイヤー・インポートはボルボV40でしたからネ。
私的には 今までハイブリッドは同車種と比べると50~100万割高だったのに、200万を切った(ゴルフより50万以上も安い)ホンダのフィットハイブリッドか、“いつかはクラウン”のあのクラウンが高級車クラスにダウンサイジングハイブリッドを普及させたし、あのピンククラウンで話題性もあったのでどちらかだと思いますがネ。(アテンザはRJCカーの後リコールが有ったので)

まぁ、輸入車が受賞する事でこの賞も前進したなんて意見も有りましたが、なんかなぁと言う感想しかありません。

私のゴルフのイメージがヤナセ時代が強くて。ファミリアみたいな車に付加価値つけただけで、ベンツを買えない人が買う車ってイメージなんですが、それはちょっと偏見が強すぎる様ですかね。

あと、韓国でも初めて輸入車が大賞を受賞しました。
因みにそれはトヨタ自動車の中型セダン「カムリ」なんですが。
http://japanese.joins.com/article/101/167101.html

他にも色々説が有ります。ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice)が「ハッシ・ライス」あるいは「ハイシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。1908年発行の『海軍割烹術参考書』にドライハヤシとしてハッシュドポテトの調理法が書かれており、当時Hashedがハヤシと書かれていた事から。
また、明治の日清戦争後に開けた大陸航路の港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説も

http://45net.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-2e7b.html
因みにこの日のブログのおまけの話で肉じゃが洋食説を訴えています。

おまけの話
この賞の不正疑惑は よく言われていまして、
有る車には、カーオブザイヤー選考委員を対象に30台の長期無償貸し出しを実施。これは新車を1年間無償で選考委員に貸与し、1年経過時に希望者にはその時点での中古車価格で売却するというもの。
2008年のカー・オブ・ザ・イヤーは、発売前で一般者が実車をまだ目にしない車が受賞する。
あるメーカーが日本の自動車評論家120人を一人あたり120万円の費用をかけてドイツに招待し試乗会を開催。当時選考委員であった福野礼一郎氏は、これに参加した上で該当車に10点を入れた自らの行動を後に回顧し「まったく面目ありません」とコメントしている。
以上Wikiより

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »