« あぶさん | トップページ | クリスマス論 »

2013年12月23日 (月)

下積み原理主義者

明日はメニー苦しみます じゃなかったメリークリスマスですが^^;
最近の女子高生はクリスマスは何の日か知らない子が多いそうですね。
「サンタが来る日」 「ケーキを食べる日」
と言う答えだそうです^^;まぁそうなんですけど。
因みにプレゼントはやっぱり倍返しですか??

 さて、今月都内で行われた「働く」をテーマにしたイベントの中で、人事コンサルタント・城繁幸さんが、司会を務める起業(独立)して成功した元NHKアナウンサー・堀潤さんが仕事が順調なことに触れてこう発言したら
「堀さんが入局半年目で辞めていたらこうはならなかったですよね。やっぱり何年か下積みがあったから今があると思う」
これにホリエモンが噛み付いたそうです

ホリエモン「下積み原理主義」を批判 新人の「コピー取り」は無意味か?
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/cc-20131219-1074/1.htm

「それは下積み原理主義者ですよ」
堀江さんは、寿司屋の例を出す。職人は5~10年やらないと一人前になれない、などと昔は言われていた。しかしいま、東南アジアなどで活躍している寿司職人は、専門学校で半年や1年勉強しただけで海外に行き、いい給料をもらっていると説明。
「下積みを全く否定する訳じゃないが、みんな『会社に何年いないといけない』とか思い込んでいる」と批判している。
企業での「下積み」の必要性は、多くの若手社員の間で議論になるところだ。OJTなど直接仕事につながるものならマシだろうが、花見の場所取りや路上での100枚名刺集めなど、「どうなの」と思うものもある

う~ん、職種にもよるのかもしれませんが。
ただ、我々の時代は石の上にも三年と言われましたし、実際私の修業時代はPL法も無く学生時代からですから7年間
「地べたを這い、砂を噛み、泥水をすする」でしたが^^;
確かに先輩たちに課せられた事を後輩や独立後のスタッフには、明らかに経験上無意味な事は強要しない事もありました。
ただ 辛抱出来る強さってそんな状況でしか培う事が出来ない様な気もしますけどネ。
そんな強さは後々凄い財産になると感じますが。

元官僚でコンサルタントのうさみのりや氏は反論しています
「凡人には下積みが必要。下積み無しでやっていける奴は凄い奴」

徒弟制度のような環境の修行時代で、しかも(今でいう)パワハラって未だに有る程 基本的に技工士は一生修業時代の様なものですが、実際私に辛抱が培ったかどうか??
嫁さんと娘が良く知っています…。

まぁ世の中 「目明き千人盲千人」
苦労が報われる人もいれば、そうでない人もいますし。
辛抱と努力だけではねぇ、運も要りますから。

おまけの話
クリスマスに恋人のいない人の事を「クリぼっち」というそうですネ
レストランの某ネット予約会社が10月に20~30代の独身男女に行った調査では、男性の70.3%、女性の57.5%が「彼氏彼女なし」と回答したそうです。
数字合わないけど、
アンケートで見栄を張るとは思えませんので、女性はかなり年上か、10代と交際しているのかも知れませんネ。

|

« あぶさん | トップページ | クリスマス論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、今日も晴れて冷たい空っ風が吹く横浜でした、スッカリ「西低東高」の気圧配置が落ち着いてしまったのでしょうか

下積みってのはやはり必要だと思います(程度問題ですが)
社会に出ると数多くの理不尽な体験をします、そんな時に下積み時代の理不尽な仕打ちが少しは心の支えになるのではないでしょうか、また怨み、妬みもモチベーションになったりするのかも、あくまでも正しい方向へ向いていることが必要ですが

我が家のクリスマスは仰るクリボッチばかりです、マア私とカミサンは同居しているだけで精神的には互いにクリボッチでしょうし
クリスマスの晩もいつもと同じように欠落者ナシで家族仲良く揃っての晩飯となります

投稿: John | 2013年12月24日 (火) 18時01分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
今日は 西高東低の気圧配置も緩んだ感じで幾分か過ごし易かったですね。

私はどちらかと言うとホリエモンの論調は嫌いじゃありません。
今回のホリエモンの主張はいわゆる釣りってやつかもしれませんが、ちょっと反応してしまいました。
それに今回例に出した「東南アジアなどで活躍している寿司職人」そんな外国人を相手にする寿司職人と日本で舌の肥えた人を相手にする江戸前寿司職人を同列で考えるのもどうかと思いますので、まぁ釣りなんでしょうね^^;

我が一族でキリスト教徒では無いので クリスマスは日本人らしくイベントとして 鶏肉とケーキは毎年恒例ですが。
なんか冷めた所があるのは否定できませんです^^;

投稿: 45net | 2013年12月24日 (火) 23時25分

 下積原理主義を分かる為には、下積みが必要かな、コップの水をあるれさせる為にはその中に水を貯める必要がある、それを下積みという
半年やそこらで、修行した“従業員”さんと
長年経験を積んだ 職人 さんは一緒でしょうか? おかしいですよね。

200年そこらの歴史しかないアメリカの方が進んでいて、時を積み重ねたヨーロッパは遅れているではないか?なんて言葉が聴こえてきそう。 でも、アメリカという国を作ったのは古い国の人々なんですよね、個人の人生だけが下積みではなく、人間は過去から未来につながっていると思うんです。
考え過ぎかなぁ~。

メリークリスマス。

投稿: らすこーりにこふ | 2013年12月25日 (水) 07時17分

らすこーりにこふ様コメントありがとうございました。
なんか 私の言いたいことを言って頂いた感じです。
しかも遥かに分かり易い例えで^^;

米国は大量消費、大量生産に支えられて繁栄した国で、
(牛耳っているのはユダヤって噂もあり)
欧州とは違う社会になってしまいましたからね、
その米国に隷属する日本は…。

投稿: 45net | 2013年12月25日 (水) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下積み原理主義者:

« あぶさん | トップページ | クリスマス論 »