« ギブアンドテイク | トップページ | 袴田事件考 »

2014年3月26日 (水)

ついに始まる白い保険の歯

来週から始まる歯科用CAD/CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる保険適用開始について先々週から愚痴っていますが、
どうやら全貌が見えてきました。
今回唯一厚労省の認可が下りたグラディアブロックのGCの関係者は最先端医療からの急転直下のCADCAM認可を寝耳に水と言い、おそらく今回の事で一人勝ちと思われるローランドも同様でしょうか

そんな中、和田精密が福島県にふくしま産業復興企業補助金と復興特区支援利子補給金制度融資の恩恵を受けて(9億)2千ヘクタールのラボを作って 100台のCADCAM体制の工場を作るそうですね。

成るほど働きかけたのは和田だったのか と言う感じです。
しかもそんな手が有ったのか とネ。
あくまで私の妄想ですが、近い将来(団塊技工士の引退後)歯科技工士数が半分に成ると言われるので その後の補綴物作成の確保、歯科補綴材料に貴金属を使うと相場が有るので価格が不安定に成る事、そして福島の振興と。そんなパッケージで厚労省を説得したんですナ
日本でメタルボンド(陶材焼付鋳造冠)を普及させた人が創業者の会社ゆえに政治力も有ったと言う事でしょうか。

ただ、元役員の人もしきりに言ってたのですが、どうも和田の関係者がGCが100台体制のラボを中国に作るなんて噂を流す 抜け作がいるそうだけど、そんな馬鹿の事(ネガキャンか目くらまし)する必要が良く分からないですナ。
そんなのすぐばれるのに。
今回の保険導入は和田の手柄だ ぐらいの事言えばよいのにネ

因みにGCのグラディアブロックですが ローランド製以外のミリングマシーン用も4月1日には間に合うそうです。
もっとも、松風ブロックやシロナのビタブロックも追認の方向へ向かっているようですが。

おまけの話
歯科医師の中にはCADCAMはスイッチを押したら出来てくる魔法の箱と思っているんじゃないですかネ。技工士ならどんな下手な形成でも作ってくれますが、CADCAMは無理なものは無理ですからネ。割れた状態で出て来たり、最悪スキャナーすら出来ないかも知れません。
次の課題は いかに歯科医師をセミナーに連れて行くかですナ。
インプラントのような外科手術が有るものでさえ、「セミナー行かないから安くしろ」って平気で言うような輩な廃車じゃなかった歯医者が多いですからネ。
まぁ和田さん再製宜しくネ

|

« ギブアンドテイク | トップページ | 袴田事件考 »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、小雨交じりの横浜ですが冷たい雨ではなく春雨になっていて、今週末にはどこへ行っても桜見物ができそうです

このブログを拝見して「フ~ンそうだったのか」と感じました
噂では和田精密の社長夫人は中国の方と聞いた覚えがあります、大きな組織の人たちは色々なつながりがあって、復興支援金の借入なども考えたり入れ知恵してくれたりするのでしょうね

私のお得意サンではCADCAMに対応する支台歯形成はチト望めないかも、なので便利なソフトが開発されるまでは首が繋がるかも?
そして以前から45netさんが仰っていた「エンプラ」の開発等、普及するまでにどのくらい時間がかかるのでしょうか、しかし貴金属の値段高騰となれば案外早く普及すのかも知れませんね

投稿: John | 2014年3月27日 (木) 14時10分

こんばんは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
基本的にCADCAMはその地域で誰もやってないなら 早い者勝ちなんですけどね。
ただ、乾式の精度の良いミリングマシーンが出てくると早く入れた人は涙目なんですが、
噂に聞くとローランドのミリングマシーンが150万に近づいてきたそうなので 本当に身近になってきたものです。
あとジルコニアがどうなるか ちょっと分からないですからね。
エンプラですが(スーパーエンプラになるかもしれません)、私の聞いた話だと技術的にはいつでも出来そうとのことですが、
あとは許認可(安全性を含めた)以前に 既存の材料のユーザーとメーカーとの兼ね合いでしょうかね。
今の段階では 私の妄想でしかありません^^;

今までは超ド下手な歯科医でも補綴物を作る技工士の腕でなんとかなりましたが、CADCAMは歯科医の技量を上げないと作れないですからね
有り体に言うと 患者の前にすら補綴物が出せない訳です。
今までどっぷりぬるま湯に浸かっていた歯科医は淘汰されるでしょうね。
CADCAMは諸刃の剣です。
そう言う意味でも今回の保険適応のトレーサビリティーの徹底は技工士には良かったです。
(まぁ今の所ですけど)

投稿: 45net | 2014年3月27日 (木) 18時46分

45netさま 初めまして。
私も歯科技工士です。

小臼歯補綴の愚痴を聞いて下さい。

仕事先の院長がHJK大好きで、最後臼歯で思い切りかみこんでてもHJKを指示して来ます。
支台歯形成もFMCと同じで、角もものすごくシャープです。

20年以上の付き合いの院内ラボなので、院長には何度も説明しているのですが、聞く耳を持ってくれません。

必要な厚みをキープして作成すると、「厚ぼったくてセンスが無い」と非難してきます。

いうなりに作っていれば文句を行ってこないので作っていますが、割れるものも出てます。

超生意気な衛生士が、私の技工物が悪いからだと言います。
(-_-メ)
院長はCADクラウンに期待しているようですが、技工料金との折り合いとか、院長の支台歯で作成可能なのかとか、私も期待しています。

長い愚痴ですみませんでした。

投稿: りすちゃん | 2014年4月13日 (日) 12時38分

りすちゃん様コメントありがとうございました。
いわゆる フェザーエッジで前装冠やメタルボンドを形成する先生ですかネ?
ちょっと前ならバケツ冠の時代の歯科医に多かったですが、最近は珍しいですね
ご苦労お察しします。
私はそんな衛生士や歯科医の人たちに貴方達のような人がいるから 技工士の数が減るんですよ と言いたいですね^^;

今回のCADCAMで現在ハイブリッドブロックの在庫の有る某ラボは、スペース1.5ミリないと出来ないと(パンフ作成して)営業をかけているそうです。
ただ、どこもオープンシステムのCADCAMの為、パターン作成してスキャナーすると思いますから、
ちょっと 院内技工士さんは大変だと思います。

それでは今週水曜日にまた愚痴ろうと思いますので また覗きに来てください。

投稿: 45net | 2014年4月14日 (月) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギブアンドテイク | トップページ | 袴田事件考 »