« 風の影響を受ける室内競技 | トップページ | 真打ち登場 »

2014年9月26日 (金)

何も変わらない現場

「15年のブランクが有る私でも通用して驚いた」
久しぶりに現場復帰された歯科衛生士さんの呟きです。
その人は介護関係の歯科診療には携わっていましたが、慢性的な衛生士不足によりお声が掛かって、恐る恐る一般診療の現場に復帰されました。
決してレベルの低い歯科医院で復帰されたのではないんですが(むしろ以前勤めていた歯科医院とは月とすっぽんの最先端歯科医院です)それほど歯科医療に何の変化も無かったそうです。
まぁ15年前にはすでにインプラントもありましたし一般紙の一面に載る様な画期的な発明は無かったですが、それでも滅菌も変ったし、材料も進化しました。なによりCAD/CAMもこの15年で凄まじい進化をしたと思うのですが。

ちょっと興味が沸いたので 詳しく聞いてみる事にしました。
(一般診療は)何も変わってなくて、削って抜いて人口補綴物を詰める作業だったと。
ただ、材料の進化は凄まじかったとの感想だったようです。
驚くのがセメントだったそうです。
私の世代ではセメントに接着力は無く補綴物の維持力が大切で、小さなアンダーカットのごく微量の隙間を埋めるだけのもので、接着と言うより合着で 所謂嵌合結合ですが。(あまり接着しない接着セメントは存在しましたが)
今では (良いモノを使えばですが)接着します。

一昔には存在したセメントを煉る作業と言うのが、熟練の人との差が出る作業なんですよ。
窩洞の大きさによって、濃度と量と煉るタイミングが変わってくるので難しく、ズレると殆ど歯科医師はイライラしますからネ^^;
今や麻酔も電動で打てますからね、セメントも手で練和することなく練和はチップから同量のセメントが出てスパチュラで混ぜるだけで、温度も量も考える事なくできるそうです。接着性レジンを使えばミキシングチップを使い、後で光で固めますから もっと簡単でしょうかネPhoto
Siurxylruqk

もう誰でも出来る作業で誰がアシスタントについてもそれほど差は出ないでしょうか。
スキルの高い人だと そういう感想に成るのかもしれません。
まぁそれでも多少は有ると思いますけどね^^;

そのうちCAD/CAMで誰でも補綴物が作れるようになりますから
熟練の技なんてこの世から消滅するんじゃないかと思わせる エピソードだと感じました。

おまけの話
一般医療では(一部の外科手術を除いて)人間の治癒能力が有りますので、怪我や病気が治ると言う認識で良いと思います。
ただ歯科医療は神経を取ったり歯を抜いたらもう生えてこないので、人口補綴物を装着する作業に成ります。
まぁ嫌な言い方をすれば、歯科医師は虫歯菌に侵された歯を削るか抜くかの破壊活動しかしないのですよ^^;
抜けた歯が生えてくる技術も発明されてないし、虫歯菌を除去した後 削られたエナメル質が再生する技術も開発されていませんからネ。

ただ、件の衛生士さんはデンタルエステ部門は凄まじい進化で付いていけなかったと言っていました。
美の探求は人間を動かすようですナ^^;

|

« 風の影響を受ける室内競技 | トップページ | 真打ち登場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、爽やかな秋の横浜です
少し強いのですが湿度の低い秋の風が気持ちヨイです、しかしナンカ秋もアッと言う間に過ぎて寒い冬が早く来そうで心配です

私のカミサンも衛生士で、私と結婚して長男が生まれるまで働いていましたが33年経って新たに再就職で現場に復帰しました、もっとも「訪問歯科」で老人相手の診療なのでカミサンは専ら老人の話し相手と若いスタッフの配置及びアポイントの管理などが中心のようですが、それでもナントカ重宝がられているようです

技工の世界もワックスアップして鋳造、研磨と大して変化ナイですね(もっともCADCAMなんかやっていないからでしょうが)
私が一番変わったと思うのは硬質レジンでしょうか、もう熱重合レジンなんて見かけなくなりました、私がこの業界に入った時には義歯用レジンのように炊き上げる硬質レジンもありましたっけ
しかしこの先は劇的に変化するのでしょうか?チト心配になります

投稿: JHON | 2014年9月27日 (土) 10時42分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
朝晩は窓を開けると寒いくらいに成ってきましたので、巷では風邪ひきさんが増えて来たようです。
間も無く冬が来そうな感じですね。

ご指摘のように ロストワックス法で歯科補綴物は作られ続けていますからね。
それは一般工業界や装飾業界も同じだろうと思います。
ただ、根本的に違うのがその蝋型を型から大量生産出来る訳では無く、受注生産で一個一個ハンドメイドで彫刻する事ですね。
CADCAMは今のところメインは自費診療ですが、来月から真打ちのセレックがとうとう適応に成りますから ちょっと脅威ですね。
もしかしたら飛躍的に増えるかもしれません。

件の衛生士さんも言っていましたが、この15年で進化したと感じるのはセメントと並んでレジンもと言っていました。
そのレジンについて以前も愚痴ったと思いますが、私が学生時代から修業時代にかけての間は加熱重合レジンの時代で(光重合レジンは出始めで高価で色も悪かった)苦労して覚えたと思ったら、世の中は光に変化しました(TT)
また、修業が続いたのを思い出します^^;

投稿: 45net | 2014年9月27日 (土) 11時48分

初めまして、G3と申します。

ある人から、こちらのブログを紹介されました。
CAD/CAM冠への視点など、参考になります。

これからも読ませていただきたいと思います。
よろしく。

G3

投稿: G3 | 2014年9月29日 (月) 17時24分

G3様はじめまして、ご訪問ありがとうございました。
日頃の鬱憤を晴らすために愚痴っているだけのブログですが、お暇な時にのぞきに来て下さいませ。
宜しくお願いします m(_ _)m

投稿: 45net | 2014年9月29日 (月) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の影響を受ける室内競技 | トップページ | 真打ち登場 »