« 解散風 | トップページ | 勝てばいいってものではない世界 »

2014年11月17日 (月)

男が入学できない女子大の存在

昔は大学といえば男性生徒のみ入学が許されていましたが、女性の教育も とということで女子大が作られたそうです。
現在では防衛大学校(防衛医科大学校)が共学されてからは男子大学は無くなりました。
ただ、女子大は現在も沢山存在します。
例えば国立のお茶の水女子大に男性は入りたいと思っても、
細かい話をすると、国立だから出願受験は出来るのですが、女子では無いので資格がないから合格はしない ということになります。

 さて、ある資格を取りたいが、その資格を取れる大学が家庭の事情等で国公立の自宅通学しか出来ない男性が通えるところは 女子大しかなったら…。

「公立女子大行きたい」男性、出願不受理は違憲と提訴へ
http://www.asahi.com/articles/ASGCF51QYGCFPPZB00N.html
福岡市の公立大学法人福岡女子大から入学願書を受理されなかった20代の男性(福岡県在住)が大学側を相手取り、受験生としての地位があることの確認を求めて福岡地裁に提訴する。男性は「男性を受験させないのは法の下の平等をうたう憲法14条に反する」と主張。不受理決定の無効の確認と慰謝料40万円の支払いも求めるという。
訴えによると、男性は今月、栄養士の免許の取得に向けたカリキュラムがある福岡女子大の「食・健康学科」の社会人特別入試に出願したが、不受理とされた。福岡県内の国公立大でこうしたカリキュラムがあるのは福岡女子大だけで、男性は「公立に進めないと経済的な理由で資格取得を断念せざるを得ない」と主張。入学願書の不受理は憲法14条や26条(教育を受ける権利)、教育基本法にも反しているとしている。

この男性は、福岡県内の国公立大で取りたい資格のカリキュラムがあるのは福岡女子大だけ と主張し、
大学は県立女子専門学校としての開校以来、91年にわたって女子教育を進めてきた歴史や理念がある。
といった 絶対相容れ無さそうな分かりやすい対立です。

まぁ、世の中そんな事多いよな とはこの年に成れば、率直に感じますが^^;

どうやら国公立の女子大の違憲性を問う初めての訴訟になるそうです。
国公立にしか行けない事情って経済状態だけでは無いと思うのですが、裁判に掛かる費用や時間は大丈夫なのかと 意地悪な疑問を感じましたが^^;
今まで何度も法曹界ではこの違憲性を指摘されていたそうですけど、初めて立ち上がったこの男性の勇気は称えたいですネ。

ただ、この男性が私立ならともかく って主張されていますが、
少子化が進んで進学率もジワジワ下がっている現状を見れば 私立の方が女子大も存続の死活問題に成るかもわからないのでで受け入れた方が良いと思いますけどネ。
調べてみたら、2007年に中京女子大が日本初となる男子学生の受け入れを行ったそうです。

因みに世界はどうかというと、日本の他では米国や韓国とイスラム圏の数カ国だそうです。
米国ではかなり淘汰され今では五十数校に減ったそうですが、ヒラリー・クリントンは女子大学出身で有名ですね。
(ただ、ウェルズリー大学を卒業した後、アイビーのイェール大学ロースクールに進みましたが)

国公立の場合は公共施設に成ると思うので憲法下の制約を受けるのか、入学者を恣意的に選ぶ自由なのか、
裁判所はどんな判決を出すのでしょうか 楽しみです。

おまけの話
ジェンダー問題として提起されたらどうなるんでしょう
見た目が男性で中身は女性の人は、また逆も然りです。
う~ん、女子専用車両とは違うのだから もう女子大という枠はどうなのか という気がしてきました。

|

« 解散風 | トップページ | 勝てばいいってものではない世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、毎朝寒い日が続いていますが今朝はこの冬一番の寒さに見舞われた横浜です、改めて冬の寒さを思い出しました

男女共学、私が卒業した高校もいつの間にか男子校が男女共学になっています、少子化の性で学生が集まらなくなっての苦肉の策と思われますが、娘たちの卒業した女子高も男女共学となり、娘曰く「女の子ばかりのが気を遣わなくてラクチンなのに」とホザイテいます
どちらがヨイのやら、まあ人それぞれってコトでしょうか

因みに私のお得意先の歯科医の母親は東京女子歯科医学専門学校卒業で貴重な存在だと言っています

投稿: JHON | 2014年11月20日 (木) 09時21分

こんにちは JOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは今朝は暖房フル稼働でした、ただ娘はそこまででは無いと言ってましたけど^^;
最近は筋力が落ちて寒さに弱くなってきました…。

私は共学でしたが、兄が男子校だったので 男子校の賛否は良く聞きました。
因みに未だにその高校は男子校です。
ご指摘のように 人それぞれですね。
高校といえば、わが母校は制服も変わり(ついでに部活のユニフォームのデザインも変わりました)
詰襟学ランを止める傾向にあると思いますが、私の会社の近くの高校学ラン、セーラー服を復活した公立男女共学高校が人気が上がったそうなので、伝統が悪いとは思わないだけに残念です。
因みに兄の母校の男子校は制服は変わってなく 学ラン(しかも蛇腹)です。
伝統を守る高校、復活する高校、簡単にトレンドに乗り学生服を替える高校、これからの少子化で生き残りは大変そうです。

高倉健さんがお亡くなり、高倉健さんを偲ぶ話ばかりですが、
私的には声優の納谷六郎さんが亡くなった事の方が寂しく感じています。
NCIS(Dライフ版)の来シーズンのダッキーは誰が当てるんでしょうか…。

投稿: 45net | 2014年11月20日 (木) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解散風 | トップページ | 勝てばいいってものではない世界 »