« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

中東4カ国訪問の理由は?

イスラム国に拘束されている日本人問題の報道を見ていて 思ったのですが、
昔 55年体制なんて言われていた時、当時の野党第一党の社会党は反対だけして対案は示さない なんて言われていましたが、
最近の野党はその反対すらしなくなったようです。

人命第一が大前提なのは言わずもがなで、安倍さんのやりたい集団的自衛権、海外派兵とイスラム国対策の2億ドル支援表明が、敵国とみなされ、日本もテロの標的に成ったんだ ぐらいの事は言うと思ったのですがネ

エジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ
安倍さんが二人の拘束を知りながら訪問した国です。
田原総一朗さんはこの安倍首相の中東4カ国訪問し イスラム国を名指しして人道支援を行うと発表した事で 最悪の結果に成った場合 批判が起きるだろう と言っていますが、
そんな気配は野党にもマスゴミにも感じないのですが。

おまけの話
大学が決まる3月に住むところを探すのは大変だと、聞いていたので 物件が多いうちに探して来ました。

| | コメント (2)

2015年1月26日 (月)

光は有るのか

子供の頃 日本の国民ひとりひとりから1円集めたら1億円以上のお金になる なんて話をした覚えがある人は多いと思います。
現在とある業界では1円どころかひとりから1万円近くを毎月毎月貰って、しかもそれをたった3社で分け合ってます。
それはキャリア携帯3社なんですが。
そりゃ米国の通信大手を買い取ったり、大赤字の旧電電公社の莫大な借金を返したり出来ますわ^^;

しかもその契約内容も二年縛りでネ
それ以前(2年以内)に解約したら1万円ぐらいの違約金を取るのは、(機種代金分の)借金をしてる訳だから まぁ良いとしても、
自動更新などと言う ほぼ詐欺としか思えないようなシステムはひどいやろ と思いますよ。
総務省は来年5月から SIMロック解除の義務化は正式決定(5月から)しましたが、
この二年縛りを何とかしてして下さいよ。

おまけの話
我が家でも通信問題は論議に成ります。
例えば娘が春から大学でiPhoneとノートPCを使うとしますと、iPhoneの維持に月\8,000と一人暮らしなので専用ネット回線\4,500(学割が適応されたら3,500円)の約1万3千円掛かります。
会社と家にネットを繋いでいますので\11,000に嫁さんのiPhoneも\8,000に私のガラケー¥2,500で 
総額は月に3万5千円也です 年間40万以上…。

2月から始まるドコモ光に期待しています。

因みに学割が適応されるか否かは4月に成らないと分からないそうです。

| | コメント (2)

2015年1月23日 (金)

敵は誰

今回のセンター試験の数ⅡBは鬼畜だった とのTwitterの呟きを良く目にしましたが、
平均点が27点なんて予想している予備校も有り、ここまで酷かったのかと驚きました。
センターは教科書レベルを逸脱しているのか、脱ゆとりは妄想なのか 
おそらく予備校対策の対策したからなんでしょうけど、
お宅らの敵は誰なんだ!

 さて、イスラム国に拘束されていると報道された、後藤さんのお母さんの会見が行われました。
強烈な個性のお母さんですね。
元々湯川さんは軍事産業を起業して行ったのに対して 後藤さんは人道支援で尚且つ湯川さんの居場所特定で(通訳をかって出たとの報道もあった)現地入りしたなんて報道でしたので、同情していましたけどネ
ただ、ちょっと賛否あるんでしょうナ^^;
子供は親の影響を受けるんだと 改めて思いました。
私も気を付けようと思いました。

おまけの話
後藤さんは母親に対して 名前を変え、居場所も教えず、子供はおろか結婚したことも知らせずにいたそうですネ。
どうでしょう、それを聞いたら(母親)を避けていると簡単に想像できるので、
主催したマスゴミは存在するであろうなにかしらの事情を考えなかったんでしょうかネ。
私はこの会見がプラスに働くとは思えないのですが…。

あとセンターネタですが、理科も教科に差が大きく、最大20点を超えそうなので 点数調整が行なわれそうですね。
数学は行われないそうですから今回は旧課程の浪人生に追い風が吹いた形です。

| | コメント (2)

2015年1月19日 (月)

期待されている答え

「正直言って、クソリプって言葉、今日はじめて知りました。」
「なんだか申し訳ないですね。そもそも俺が正解できるのかという、、」
今年のセンター国語の評論問題の著者の佐々木敦さんのTwitterでの呟きです。

センター国語は毎年恒例と言う感じの賛否が沸き起こっていますが。今年はSNS問題(Twitterにおいて使われる 「クソリプ」、「パクツイ」)がテーマになっており、受験生だけでなく日本中に波紋を呼んでいますネ。

センター国語の問題とは著者の意図では無く出題者の意図を問う という事がわかりました。
簡単に言うと、著者の考えや自分の考えを答えるのではなく、
“期待されている答え”を導き出すと…。
因みに素朴な疑問ですが、著者が「この問題は違う」と言えば、正答は覆るんでしょうかネ^^;

それにしても、インターネットを我慢して日々受験勉強に打ちこみツイッターをやらなかった受験生には不利だったようですネ^^;
なんとも 皮肉な問題を出したものです。

まぁ、これからはアカヒの社説とか今回のTwitterとか民間企業の商品を題材にするのは止めましょう。
あと著者がクソリプの本てことになっちゃうと言った『未知との遭遇』はアマゾンで検索一位だそうです。

おまけの話
もしかしたら、著者でさえ点が取れなかったもしれない国語の評論でしたが、他の教科でもリスニングが再試験多数や数ⅡB鬼畜とか、倫理や世界史他 色々批判が出ていますね。
特に世界史では学生の指摘で判明した正答が2つある問題もあったとか(しかも4問中)。

我が家の娘は出来た教科も有ったそうですが、事故が起こった教科^^;も有り、なんとかアベレージ付近だったそうです。
因みに問題となった評論は毎日Twitterをしているので そこそこ出来たそうです。

クソリプ/つまらないリプライ
パクツイ/他人のツイートを拝借する行為

| | コメント (4)

2015年1月16日 (金)

異物混入騒動

「1日に(最低でも)虫の卵を20個は普通に食べてる」
これは米国の科学系ドラマでのセリフなんですが、どんなに衛生面に気を付けても製造過程で避けて通れないそうです。
まぁ、高熱で加熱して死滅させている訳だからタンパク源と割り切るしかないんでしょうかね。

毛、プラスチック片、 歯、ゴム手袋片、差し歯、スポンジ片、針、ビニール片(青)、金属片、ビニール片(透明)、紙片、発泡スチロール、羽虫、カニカン、ゴミムシ
某マクドナルドにに入っていたと報道された異物一覧でした。

私が気に成ったのは歯と差し歯ですネ。
流石にこれは製造過程で入らないでしょう。
まぁ、まさか が最近は起こるんですけど。
Photo
 
これを受けたマクド側の発表は
「生産や流通の過程で混入することはまずありません」

暗にユーザーの自演だと 言いたいんでしょうかネ
絶対とは言い切れませんが、私もそんな印象は受けました
流石に人工歯は(製造過程では)入らないでしょう。わざと入れない限り。

ただ、元社長の原田某さんの晩年の迷走ぶりと外人女社長が就任した事で初動対応のまずさが影響したのかもしれません。

因みに カニ缶は当たりやろ^^;

おまけの話
王貞治 ホークス会長が新聞記者とある日レストランで食事をしていた時 王会長の隣りに座っていた記者の背中にゴキブリがとまった時、その場は凍りついたそうですが、王会長は無言で手刀を振りあげ素手でゴキブリを退治したそうです。
「飲食店では良く有る光景だよ、この話はこれで終わり」
と飲食店を訴えるどころか何事も無かったように記者たちと歓談したそうです。
私には出来ないなぁ^^;

| | コメント (2)

2015年1月13日 (火)

社会をディスる事の限界

今日は娘がセンターの会場を下見に行きました。
家から小一時間掛かる会場までの電車とバスの乗り継ぎの事や降りてから徒歩の時間とかを肌で感じたいからなんです。
それにしても このセンター会場の選考は全受験生が公平になるように約1時間程度の場所と決まっているそうなんですけど、
娘の予備校の戦友達も上手い具合に1時間程度の場所がセンター会場に選ばれているらしく、そんな事だけキッチリするんだなぁ という印象ですよ。
もっと他に…。

 さて、先日浪人生が現役生に比べて不利を感じて不安を抱いている調査について、メディアの記事やTwitterとかでそんな事初めから分かっている事をなぜ不満に思うんだ と不公平が生じるかもしれない制度そのものより順応しない者を批判する書き込みに違和感を覚えたと愚痴りましたけど、それは、そんな制度を作った国や社会を変える なんて気が無いのか と思ったからなんですが、
先日田原総一朗さんがラジオで最近の若者は
「社会をディスることに限界を感じている」と言っていました。
ただ、したたかに社会を変えようとしている とも言っていました。
今の若者は起業し ビジネスを通じて社会を変えようと考えている と。
船が沈もうとしている時に船長をディスっても(批判)どうしようもない。それよりも沈まないように努力すべきだと考えているそうです
それは、昔の世代の人達のように がむしゃらに稼ぐのではなく、社会全体の利益を重視するソーシャルビジネス だそうです。
「儲けは追わない。闘わない。儲けを追ったり、闘うことが目的になると、(ユーザーが)離れていく」

なるほど、考えてみると 私は批判(しかも愚痴)だけで 何もしてこなかったなぁ と(今も)

おまけの話
受験日程を組むのが大変で、社員旅行や家族旅行の日程を組むのとは訳が違いました^^;
安全校からはじめて徐々に難易度上げていくのが理想なんですが、そんな風に行きたい所を順番に受けたら100万円ぐらい掛かりますので お金が無尽蔵にあればよいのですが、なかなかそうはいかないので、娘の持ち点(偏差値)と大蔵大臣(用意した費用)と相談しながらに成ります。
希望する学科系でそこそこ有名大学でも結構穴場って存在するので、滑り止めに成りそうで入学手続き期限が本命校より後だった大学を探したら「しめた!」って感じでした。

| | コメント (2)

2015年1月 9日 (金)

プレッシャー

いよいよセンター試験が来週に迫りました。2020年に廃止が決まったのでもうこれ以上この悪しき制度について愚痴を言うつもりは無かったのですが

2015年センター試験、出題範囲改訂で浪人生7割が「不利」
http://news.mynavi.jp/news/2015/01/09/049/
○センター試験の受験、8割が「プレッシャー感じる」
○浪人生の7割が出題範囲の改定は「不利にはたらく」

浪人生の心情が痛いほどわかる結果です。
脱・ゆとり世代は強気な気質なんでしょうかネ。
この調査を受けて、ゆとり世代VS脱・ゆとり世代 なんて図式で書いている記事を見ましたし、一年余分に勉強している浪人生が現役生が怖いなんて自分が勉強してないって言ってるようなもの なんて書き込みが目立ちましたが、ちょっと違う気がします。
犯罪被害者やいじめ被害者にも悪いところがあると言っているように聞こえ、浪人生に対して辛辣な意見に感じました。
ゆとり教育を受けたものが 進んでゆとり教育をチョイスした訳ではないんですし、大人が決めたこの制度の被害者なんだと正直感じます。また、同じ試験を受ける以上 不利が有ること自体駄目な制度だと感じますがネ。

因みに今年は救済処置として旧課程での受験が受けれますが、理数系は難化予想なのに対して現役生の新課程は初年度の為 おそらく易化予想だけに余計にプレッシャーが掛かりそうです。

おまけの話
予備校の受験ガイダンスでの提案は、
目標校2校、実力校2校、安全校2校で、しかもセンター利用を絡めて連続であまり受けないような日程を との指導を受けました。
親としては本命校の発表以降が学費の支払期限の大学をチョイスしたいのですがネ^^;

我が家の娘の本命は文科省管轄外の国立大学からなのかセンターを利用しない大学です。センター利用の国立大学は安全校を選ぶようになると思います。
結局本命校は1校で後は全て安全校に成りそうですよ^^;

| | コメント (2)

2015年1月 5日 (月)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします

今年の正月休みは30日まで仕事だった事と新年早々雪続きであまり何処にも行けなかったお休みでした。
まぁ受験生もいる事だし 予定なんか無かったんですが、
ただ年始の挨拶回りが 冷や冷やでしたね。
1日は見送ったんですが、2日に回復したと思ったら3時頃から吹雪いてきましたので、あと30分遅れたら帰れないどころか、娘が駅に取り残される所でした^^;
(予備校は正月も絶賛営業中でした)
広島の南部でここまで雪が降るとは思わなかったですよ。
毎年雪は降って積もるのですが、ちょっと時期が早いのと 昼間も交通マヒするのは珍しいですネ

まぁ ともあれ なんとかとか無事に新年を迎えれてよかったですよ

おまけの話
異常気象は温暖化のせいだ なんて報道をよく聞きますが、
なんか釈然としませんね。温暖化で海面が上昇するほど北極の氷が融けているそうだけど、それならどうしてこれほど頻繁に降りてくるほど寒気(寒波)が北極に貯まるんでしょうかネ(*)
寒冷化と言われた方が納得できます。
温暖化論は短いスパンで考え過ぎと思っています。
(50年か長く見ても100年未満)しか気象データなんかないのに。
清盛が2月にマラリアで死んだ事であの頃は温暖化だったんじゃないかと言う説もありますし。
戦国時代は寒冷化で食糧不足が根底にあったから起こった説や一揆も多かった説(本願寺等の一向一揆もそんな事を言う学者もいます)
なんと言っても、二酸化炭素の排出量が売買されている事で、温暖化でないと困る人がいる(金儲けをしている人)と思うのは
都市伝説や陰謀論小説の影響を受け過ぎなのかなぁ…。

*↓専門家の見解です。
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO49854790R21C12A2000000/
早い話が暑い夏の年は寒さの厳しい冬が来ると いう事ですナ
それは暑い夏の時は北極に寒い空気の溜まる渦の勢いが弱まるので流れ出ると

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »