« ヘルシーの定義 | トップページ | 我思う、故に我あり »

2015年2月27日 (金)

言葉のセクハラ認定裁判

セクハラ発言をしたとして出勤停止となった管理職2人の処分の是非が問われた昨日の裁判で最高裁が逆転判決を出しました

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG26H4B_W5A220C1CC1000/
大阪市の水族館「海遊館」の男性管理職2人による女性派遣社員へのセクハラ発言をめぐり、会社側が警告せず出勤停止とした懲戒処分が重すぎるかが争われた訴訟の上告審判決が26日、最高裁であった。第1小法廷(金築誠志裁判長)は判決理由で「会社内でセクハラ禁止は周知されており、処分は重すぎない」として、処分を無効とした二審・大阪高裁判決を取り消した。

これって 女性が起こしたセクハラ裁判では無く、(セクハラ発言を)言った男性の方が起こした裁判なんですネ。、
争点はセクハラ発言の是非では無くセクハラ発言による出勤停止と降格人事が妥当か って話の様です。

因みにそのセクハラ発言の内容は
(出勤停止30日の懲戒処分を受けた男性のケース)
女性社員と2人きりのときに自分の浮気相手との性的な関係について一方的に聞かせたほか、「夫婦はもう何年もセックスレスやねん」などと話したとされています。また、職場を訪れた女性客について、「好みの人がいたなあ」と性の対象とするような発言もしたということです。

(出勤停止10日の懲戒処分を受けた男性のケース)
「彼氏おらへんのか?」や、「もうそんな年齢になったの。結婚もせんで何してんの?親泣くで」といったことばや、「夜の仕事とかせえへんのか?時給いいで」と偏見に満ちた発言、それに「男に甘えたりする?女の子は男に甘えるほうがいいで」などと答えられない質問をしたとされています。

(NHKより)

まぁ私は関西出身なので、「大阪のおっちゃんなら言いそう」と思いました。
そんな大阪のおっちゃん二人の主張は「発言は日常的な会話の範囲内で体に触るセクハラをしたわけではない」との事で、
おっちゃん達は言葉の暴力性を理解していないようです。

そんな裁判ですが、
1審は「社会通念上、処分は妥当だ」としたのに対し、
2審は「女性が男性に直接明確な抗議をしていないうえ、男性にも嫌がらせの意図があったとは言えず重すぎる」として処分を取り消していた為に最高裁で白黒つけるという事に成ったと

この報道で天邪鬼な私が気に成ったのは
ワイドショーの司会の小倉某が世界の事例の紹介の時「これじゃ何喋って良いか分かんなくなるよね」と言ったそうですけど、
あなたのテレビ人としての資質を疑いますよ。

まぁ いずれにしても、今度は(言葉の)パワハラ認定もされそうですね。
私の修業時代の事を考えると、今は良い時代に成ったもんだ と思うのは私だけなんでしょうナ^^;

おまけの話
たかが大学、されど大学
娘が第一希望の国立大学に合格しました!
応援頂きありがとうございましたm(_ _)m

えっ、まだ前期試験が終わったばかりで発表まだだろう と疑問に思われたと思いますが、
娘が受験した大学は国立大学でも文科省管轄外の独立行政法人の大学校です。
因みに民主党の蓮舫某に事業仕分けされそうになった大学校なので、民主党政権でなくて良かったですよ^^;

|

« ヘルシーの定義 | トップページ | 我思う、故に我あり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢様、国立大学へ合格おめでとうございます。ご両親さまもこれで一安心ですね。

言葉のセクハラ!私の若いころほ職場では当たり前に言われていたような気がいたします。
今はいい時代?

投稿: マコママ | 2015年2月27日 (金) 14時27分

マコママ様コメントありがとうございました。
お陰様でホッとしています。
しかしながらこれがゴールでは無いので まだまだ親子共々頑張らないといけませんが。

今回の裁判も決して言われた側の女性からのアクションでは無さそうなので、まだまだ泣き寝入りしている人は多そうですね。
しかしながら、こういう判例が与える影響も大きいとも感じます。

投稿: 45net | 2015年2月27日 (金) 22時08分

おはようございます、お嬢さんの大学合格おめでとうございます他人事ながら私も気を揉んでいました
これからは県外での一人暮らしになるのでしょうか?チト寂しくなってしまいますね
しかし1年の浪人生活の努力が報われてナニヨリです、今後一層健康に気を付けて充実した学生生活を過ごして欲しいです、ついでに親孝行も忘れないようにと
私の考える親孝行は元気に楽しく毎日を過ごすことですが、それと困ったコトや嬉しいコトを両親と共有するコト、大した助言は出来ないものの一緒になって泣いたり笑ったりするコトが親孝行と言うものではないでしょうか
兎にも角にも一安心ですね

セクハラ裁判、最高裁の判決は厳しいですねと言うかそう言う時代なのですね
私も今後一層言葉に気をつけねばと自戒しています、ついつい思ったコトを素直に口にしてしまうので、、、
裁判を起こしたオッチャンは会社での役職を解かれ降格されて閑職に廻されたそうで給料も半減されたとか?50代で住宅ローンあり大学生の子供がいたりしたらと考えると、私は自由業者でヨカッタと身震いしました

投稿: JHON | 2015年2月28日 (土) 10時40分

こんにちはJOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
お祝いありがとうございました。
また良いお言葉もありがとうございます。
健康が一番だと最近つくづく感じております。
一安心なのですが、入るだけでは駄目で留年しないで卒業してくれる事を祈っています。
また 県外では無いのですが 端から端で通学は不可能な為(新幹線なら出来そうですが^^;)一人暮らしに成りますので
心配は尽きないものですね。
本当に努力が報われて良かったです。人生努力が必ずしも報われるとは限りませんから。
特に(一発勝負の)受験はそうですからね。

今回の最高裁の判例はこの前話題にした裁判員裁判の死刑判決を覆した、千葉勝美裁判長が過去の判例に倣って取り消した事とは対照的で、二審の過去の判例を重視した判決を覆したのも 良かったと思いました。
ご指摘のように今回の事は他人事ではありません。
接触なら分かり易かったのですが 言葉となると、何気ない言葉も受け取り方ひとつで違いますし。いう人によって違うのかもしれません。例えばAさんに言われれば腹立つけど、Bさんなら何も感じないとか。
まぁ今回のオッチャン達かなりかなりひつこかったそうですけど。

投稿: 45net | 2015年3月 1日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘルシーの定義 | トップページ | 我思う、故に我あり »