« 子煩悩と親バカは違うんです | トップページ | さらばもみじ »

2015年5月11日 (月)

期待と現実

週末は中四国で一番大きい歯科商店さん主催のデンタルショーでした。
CADCAM祭りでした。
昨年の中国デンタルショーではCADCAMって何?おいしいの?状態だっただけに 驚きましたネ。
カボなんか中国デンタルショーには出展すらしなかったのに^^;
それにしても各社煽ってましたよ
CADCAMは避けて通れないから早い者勝ちって論調でした。
ハードを持たないメーカーは二ケイ酸リチウムガラスセラミックスの特許が昨年切れたことを受けて類似品を出して来たり、何でも使える(MBP、e.max、ジルコニア)ステイン(内部ステインも)や陶材とか、(CADCAMを)絡めてきた印象です。
自社製品をそろえる所は格安CADCAMを下に見てた印象で携帯キャリア3社が格安スマホを下に見るのと同じような。
まぁ保険のCADCAMメインなら格安ので良いよなぁ 的な感じですけど。
ただ、カボはオープンシステムを強調していましたけど。
そんなミニセミナーを何社か見てきましたけど、カボが大盛況でシロナは時間帯が早かった事も有りますが、閑散としていたのが可哀想でした。微妙な営業体制ですもんネ。

あと 各社セミナーやブースで説明するのが技工士ばかりだったのには驚きましたネ。
CADCAMだけでは正直力不足だから、技工士の技術を足してください みたいな論調の所もありました。
まぁ だからレイヤリングが人気なんですが、今後はグラデーションブロックとBr対策でしょう。
個人的にはジルコニアとe.max素材のハイブリッドに期待という感じでした。

各社のだいたいの見解では(現在保険適応が小臼歯限定)今後点数は下がるだろうが、大臼歯に広がるのは間違いないとの事でした。
今後はOEMが進んで格安製品が出て来るでしょうが、その時にはもう遅いかも。

おまけの話
隣国との歴史認識の問題や領土問題についての報道に触れた時、隣国の人達の国にはその道の専門家や研究家って存在しないの??って思う時が有ります。あとオランダのハーグの国際司法裁判所の存在知ってる??とも
そんな中 今朝いつも使うブラウザ(niftyですよ)のトレンド一位だった記事を見て驚愕しましたよ。

日本の国家負債が1053兆円に、1人当たり830万円の借金=「日本は韓国経済に学んでは?」「韓国は日本より借金が少ないのに…」―韓国ネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00000005-rcdc-cn
2015年5月8日、韓国・ニュース1によると、日本の財務省は8日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた「国の債務」の残高が3月末現在1053兆3572億円となったことを発表した。この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。「中国の外貨準備高の2倍以上にもなるぞ」「日本の経済がこんなに悪かったら、近いうちにまた韓国は植民地にされるんじゃないか?歴史は繰り返す」「日本は、この債務残高のために国債の信用格付けが下落した。日本は韓国経済に学ばなければならない」

まじで!と思われた人も多いんじゃないでしょうか^^;
日本の借金は自国民からの借金だけど韓国の借金は外国からだし、日本のその借金は1,000兆円だけど 資産も2,000兆円ありますからね。有り体に言うと日本は肉親の間での借金ですからね(債権者)が取り立てに来るようなことはないでしょう。

因みに1965年以降韓国に援助した金額は60兆円の現物支給、資金援助70兆円、さらに13兆円無利子で貸し、日本のODAやIMF援助…やめておきます。

|

« 子煩悩と親バカは違うんです | トップページ | さらばもみじ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、今日は台風の影響で朝から強い風と今にも降り出しそうな曇り空でナントモ鬱陶しい空模様の横浜です、もう45netサンがお住いの地域は台風の影響が出ているのでしょうか

横浜でも昨年デンタルショーが開催されましたが、知らない(聴いたコトの無い)会社のブースが沢山ありましたっけ
今後の歯科技工はどうなるのか?CADCAMは避けて通れないようですが現在出回っている技術や製品の内何が生き残れるのか、暫くはまだまだ新製品が出てくるのでしょうね
私のお得意さんは高齢な歯科医が多く今の所目立った動きはありませんが、一応新製品がどのようなモノか内容だけは知っておくように心がけています

日本が韓国や中国に対して行ったODAってやはり援助国内では知らない人が多いのでしょうね(国策か?)
日本が債務国になったのはもう20年ほど前にバブルがはじけてからなのに、現在でも国家として成り立っている姿をどう見ているのでしょうか、もっともある経済学者はプライマリーバランスが正常化すると急激な円高になり日本経済が混迷するとか言っています、難しいはなしですがどうなんでしょうか
しかしコノODAってのも政治家や大企業の思惑が渦巻いて灰色な部分がケッコーあるようですね

投稿: John | 2015年5月12日 (火) 11時43分

こんにちはJOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは昨日から雨ですが、台風はどうやら今晩には温帯低気圧に変わるとの事でホッとしています。

CADCAMを考えると 適合は確かに飛躍的に良くなったものの、あのルーズさは昔の技工士の私にとっては不快で、早い話が合着では無く接着する補綴物に数百万~千万はキツイと感じてしまいます。
だから私は駄目なんでしょうが^^;
何度セミナーで最近の化学的結合の接着剤は凄く合着セメントと違って溶けるリスクもないと言われても あのルーズな補綴物を送り出すのに抵抗が有ります。
その点プレスは安心です維持力も有りますから。
エゴだよ と言われそうですけど。

まぁK国さん心配してくれるなら 取りあえずIMFとか援助はスルーで良いですか??って言いたいですね^^;
せめてワールドカップのスタジアムの建設資金の300億だけでも返して下さい って…不毛な話は止めておきます。
ご指摘のようにODAは政治家絡みですね。
昭和の時代に言われたのは、日本はお金だけの援助じゃないですからね、インフラとかゼネコン含めた援助ですからあまり感謝されない って話でしたが、最近は論調が変わって来ましたね。

投稿: 45net | 2015年5月12日 (火) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子煩悩と親バカは違うんです | トップページ | さらばもみじ »