« さらばもみじ | トップページ | 土地の有効利用は難しい その1 »

2015年5月18日 (月)

自分らだけが良ければ良いのか

「団塊世代なんてあと20年もすりゃ全部いなくなる」
ラジオで武田鉄矢さんが言っていました。
そんな団塊の世代の人達の反対で大阪都構想が否決されたそうですね。

Photo

「市営地下鉄無料パスが維持できない」
反対派のこのキャッチフレーズが効いたんでしょうかネ。
しかしどうなんでしょうか。
如何にも団塊の世代の決断らしいと言う感じがしましたし、武田鉄矢さんの言ったもうすぐいなくなる人が大阪の未来を決めるって どうなんだと言う気はしなくはないです。
特別区(都構想)になると現在受けている住民サービスが受けられなくなるという反対派の意見を信じたのかどうかは定かではありませんがネ 。
若い世代にとっては自分たち(団塊世代)で作った借金だろう と思う気は分からないでは無いですし
いわゆる既得権を守る力は物凄いと感じました。

ただ、田原総一朗さんはこの結果を受けて(大阪都構想賛成派)「高齢者に反対が強かったのは橋下氏のキャラクターが嫌われたのかもしれない」と言っていました。
結局選挙で勝つには60歳後半以上の人の心を掴むことだと分かりましたよ

おまけの話
4月から新生活を始めた娘が部屋の模様替えをしたいと言う事なので、仕方なく(嘘;)手伝いに行って来ました。
娘は土日は昼からアルバイトなので 片づけを終わらしてから赤間神宮にお参りをしてきました。
ご存知のように最後の源平合戦に敗れた平家一門と共に入水された安徳天皇が祀られています。
パワースポットらしいのですが、安徳天皇の木像を前にして嫁さんの気分が悪く成ったので そう言う感じの人は気を付けて下さい。(残念ながら私は何も感じませんでした)
他にも耳なし芳一の舞台でもあります。
また隣接には日清講和記念館があり館内には会議の様子が再現されていました。
Photo_2
2

|

« さらばもみじ | トップページ | 土地の有効利用は難しい その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ、厚い雲が陽の光を遮り夕方のような薄暗い横浜です、まだ梅雨にはチト早いのでしょうがジメッとした空気が梅雨のようです

大阪都構想選挙は私的には賛成されると思ってましたがやはり橋下氏のキャラクターと構想に対する刺激が強すぎたのでしょうか
今後多くの政令都市で同じような問題をどのように解決していくのでしょうか
確かに民主主義って自分に都合のヨイ政治を望むってのが前提なのでしょうが、国の借金を先送りして取り敢えず自分たちが楽をして後は野となれ山となれって、同じように感じました
しかし我が家の子供たちを鑑みると、とても期待出来ません

そう言えば神奈川県技工士会も70%が横浜市技工士会に所属していて県技と市技でそれぞれ個別の事業やったりしていましたネ、無駄と言うより駆り出される会員がイイ迷惑でした

赤間神社は初めて知りました(ハズカシイ)、さっそく検索して由来をお勉強しましたが「安徳天皇」の悲話に心を痛めますネ、それより「吾妻鑑(東鑑)」に生年月日や亡くなった日まで正確に記載されているのは日本の歴史の深さ?を感じました
私も霊感とか金縛りなんて全くゼンゼンありませんが、奥様はヒョットしたら物凄いパワーをお持ちなのでは?逆らったりしない方が身の安全かも

投稿: John | 2015年5月19日 (火) 10時28分

こんにちはJOHN様 いつもコメントありがとうございますm(_ _)m
こちらは昨日までの雨も上がり、良い天気に成りましたが気温はあまり上がってない感じです。

私は大阪生まれなものの 今は離れましたので外野ですが、どう考えても都構想の方が良いと思います。
該当インタビューで反対票を投じた大阪のオバちゃんの「大阪市の名前が無くなるのが寂しい」にはこけましたよ^^;
ブログでは触れなかったものの、民主、共産、公明は概ね反対票でしたが、自民党員の票が拮抗していたのが印象的でした。
安倍さんと菅さんが都構想賛成だった影響でしょうけど。
二重行政で行政費用の無駄が凄まじいのは誰もが知っているはずで、それで得をしてる人が抵抗している事を何故分からないのかと思いますね。私は基本的に橋下さんは好きには成れませんが、今回は無念だろうと同情します。
散々市営バスの旗振りのおっちゃんや給食のオバちゃんや用務員のおっちゃんが実は高給取りだった とかいろいろ橋下さんは色々問題提起しましたから、引退するのは惜しい気がします。住民投票なんか勝者なきなんだから。

赤間神宮が象徴的なんですが、下関は壇ノ浦で平家が滅亡しましたし、耳なし芳一の伝説もあって霊が集まる場所という噂が有ります(都市伝説ですが)あと他にも8キロ離れた所にある中山神社には愛新覚羅溥傑と妻の嵯峨浩(さがひろ、中山忠光の曾孫)および2人の長女愛新覚羅慧生も祀られています。
嫁さんが夜中に人の気配を感じるなんて言うものですから結構 娘はビビっていますが^^;
私は残念ながら(幸い??)全く感じないので、体感してみたい気がします。(くわばらくわばら)

投稿: 45net | 2015年5月19日 (火) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらばもみじ | トップページ | 土地の有効利用は難しい その1 »