« 人として | トップページ | 夏至 »

2015年6月15日 (月)

たまには講演会にでも

先週金曜日に地元信金さんのご招待で池上彰さんの講演会に出かけてきました。公演会場は原爆ドーム平和記念公園内の広島平和記念資料館横の広島国際会議場でした。
演題 「世界を動かすエネルギー問題」
感想はまぁ、良く言われるストライクゾーンぎりぎりの直球トークで池上さんらしいと言うか自分の意見の押しつけは有りませんが、米国の現在の立場についてそこそこ包み隠さず話していたので、TVでは話せないだろうなぁとは思いました^^;
あと凄いのが終了時間をほぼ時間内に終わらせたことです。
(1分半のオーバー)
公演の内容は石油ショック時代の話から米国のシェール革命以降の現在の石油価格の値下がりの理由なんかを分かり易く解説していました。
ただ、歴史認識で中東(の石油利権)の取り合いしたのは第二次世界大戦後との説でしたが、私の認識(現在の中東民族問題)ではサイクスピコ協定が発端ではないかと思っていますので第一次対戦後だと思うんですが、もっとも米国を主体に見ると第二次大戦後と言えるんでしょうかネ。
私的に触れて欲しかった(教えて欲しかった)のはシェールガス革命で米国が世界最大のエネルギー生産国に成る訳ですが、日本はどうなるかですかネ。
結構日本の企業の特殊な技術力が関わりあえると思うのでネ。日本がどのように米国から輸入するかについての詳しい解説は有りましたが。

何れにしてもTVでは聞けない話は面白かったです。
また行きたいですね。

おまけの話
池上さんと言えばあれですよね
冒頭の信金さんの専務理事の話は要らないから質疑応答の時間が欲しかったですね
何とか質問して
「いい質問ですね」
と言って欲しかった。無理だと思うけど^^;

|

« 人として | トップページ | 夏至 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人として | トップページ | 夏至 »